和室とは? 和室の基礎知識とおしゃれな和室にするリフォームのコツとインテリアや照明の選び方

和室とは? 和室の基礎知識とおしゃれな和室にするリフォームのコツとインテリアや照明の選び方

生活様式の変化により、和室をどう利用していいか分からないという人が増えているようです。
そこで和室のメリット・デメリットに加え、和室が生きるインテリア、そして和室を洋室ライクに使うためのリフォームまで、新しい価値を生み出すリノベーションを数多く手掛けるスタイル工房・プランナーの阿部高明さんにお話を聞きました。

和室とは? 和室のメリット・デメリットは?

和室の基礎知識

和室とは、日本の伝統的な様式の部屋のこと。
和室=畳の部屋というイメージを持つ人も多いですが、それ以外にも和室を構成する要素には次のようなものがあります。

・床の間
掛け軸や花・置物などを飾るスペース
・長押
柱と柱の間に取り付けた横木
・鴨居/敷居
障子や襖をはめ込むための溝のついた横木。上部にあるのが鴨居、下部にあるのが敷居
・欄間
長押や鴨居の上に設けられた通風や採光を兼ねた装飾

<床の間>
床の間
美しい床の間があると、心が豊かになるような気もします(画像/PIXTA)
<長押、鴨居、欄間>
長押、鴨居、欄間

「つくりとしては、壁の外側に柱が見えている真壁(しんかべ)が大きな特徴です。ただし、最近は柱を見せない洋風の壁に畳を敷いて “和室風”に仕立てた部屋も含め、広く和室という言葉で表現されることが多いようです」(阿部さん、以下同)

また、襖や障子が使われているのも特徴。
「障子は光が拡散して、部屋全体を明るくする効果があります」
襖や障子は引き戸のため、ドア周辺のスペースを有効に使うことができるのも洋室との違いです。

和室

和室のメリット・デメリットは?

和室のメリット

和室には、実はさまざまなメリットがあります。

・リラックスできる
気軽にごろんと横になれるのが魅力。また、イグサには芳香成分があり、香りにはリラックス効果があるといわれています。

・調湿効果がある
畳には調湿機能があります。湿度が高いときには湿気を吸収し、空気が乾燥しているときには湿気を放出するので、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。畳以外でも和紙や漆喰など、和室に使われることの多い素材は調湿機能を持っています。

・防音効果がある
畳にはクッション性があるため、フローリングよりは足音が響きません。転倒した場合にも怪我をしにくいでしょう。

・多目的な空間として使える
何といっても多目的に使えるというのが大きなメリット。小さな子どものいるお宅なら昼寝やオムツ換えの場所としての用途や走り回ったり転んだりしても安心です。布団を並べれば何人でも寝られるので、ゲストルームとしても重宝します。

「日本人は座り込んで何かをするって落ち着くんですよね。アイロンがけや洗濯物を畳むなどの家事をするユーティリティルームとしても使えます」

和室のデメリット

一方、和室のデメリットは以下のようなことがあります。

・手入れに手間・お金がかかる
砂壁は古くなってくるとはがれ落ちてきて掃除が大変。畳は水分に弱く、カビやダニが発生しやすいと言われています。

・収納が使いづらい
押入れは奥行きが深く、死蔵スペースが生まれがち。また、上段と下段に分かれているため、背の高い季節家電などは収納できないこともあります。

・家具のコーディネートが難しい
柱が出ている場合には、家具の大きさや配置などに制限が生まれます。家具の重みは畳を傷める原因にもなります。

和室の使い方を考えたり、模様替えやリフォームをするときには、メリット、デメリットを理解したうえで行うとよいでしょう。

昔ながらの和室をおしゃれでモダンに変えるには

デザイン性の高い畳やカラー畳に新しく変える

和室を手っ取り早くモダンな雰囲気にしたいときに効果的なのが、畳の交換です。

「畳を縁なし畳やカラー畳にするだけでがらりと雰囲気が変わります」

畳を交換する際には、機能にもこだわりたいもの。おすすめは和紙畳。
「カビの発生とダニの増殖を抑えられるほか、撥水性や耐久性も高いので、ワンちゃんやネコちゃんが引っかいたりしても安心。ペットを飼っているお宅には特におすすめです」

和室
ブラウン系の畳なら落ちついた上品な雰囲気(写真提供/大建工業)
和室
二色のカラー畳を市松模様に並べるとポップな印象に(写真提供/大建工業)

襖や壁紙を変えて雰囲気を刷新

襖や壁紙をモダンな色柄のものに変えるのも効果があります。

「壁紙は手触りが感じられるような、素材感、立体感のあるものを選ぶとよいでしょう。例えば和紙製や織物調のものなどは和室との相性がよいです」

和室
縦横に重なる糸の織りがボリューム感を演出する織物製の壁紙(画像提供/シンコール)
和室
糸の染まりが不均一で、自然な味わいが楽しめる紙布の壁紙(画像提供/シンコール)

ブラウンやネイビーなど、リビングに使うにはちょっと重いかな、と感じるような濃い目の色も意外なことに和室にはしっくりきます。少し冒険してみるのもよいでしょう。
「とはいえ壁は面積が大きいので、全部を濃い色のクロスにしてしまうと部屋が暗く感じることも。濃い目の色を使いたいときはアクセントクロスにするのがおすすめです」

和室
ネイビーの壁紙がアクセントになり、モダンな印象に(画像提供/スタイル工房)

和室に合わせるインテリアは?

壁紙と同様、大切なのは素材感。木や竹、籐、和紙など自然素材をそのまま使った家具や小物がなじみます。

「畳を傷めないよう、できるだけ軽い家具であることも重要です」

阿部さんがおすすめするのは、スウェーデンの家具デザイナー、ブルーノ・マットソンの家具。
「日本の住環境を研究し、畳にキズがつきにくいように脚がソリのような形状になっています。軽くつくられていることもポイントです」

テーブル、チェア、ソファ、ハイバックチェア
家具メーカー、天童木工がブルーノ・マットソンにデザインを依頼。テーブル、チェア、ソファ、ハイバックチェアなどがラインナップされている(画像提供/天童木工)
テーブル、チェア
脚をそり状にしたことで安定感が生まれ、座り心地も抜群(画像提供/天童木工)

「照明ならイサム・ノグチです。岐阜提灯にインスパイアされて誕生した「AKARI」シリーズは、和と洋が見事に融合した照明彫刻。これがひとつあるだけで部屋がぐんとスタイリッシュになり、ワンランク格上げされます。インテリアに迷ったらこれをおすすめしています」

照明
イサム・ノグチのAKARIシリーズにはつり下げ型、置き型など180種類くらいがある。右:55D/1万2000円、左:1N /1万5000円。※税抜価格。ペンダントタイプは器具別売(画像提供/オゼキ)

和室のインテリアとしては、「プリーツスクリーンも人気」とのこと。
ほどよい透け感のある和紙調の生地は、障子のような印象で和室にぴったりです。窓枠の中にすっきりと収まり、和モダンな空間を演出できます。
和と洋、どちらとも相性がよいので、和室と洋室の間の間仕切りとして使うのもよいでしょう。

「特におすすめなのが、ツインスタイル。シースルー生地と不透明生地の2枚を上下に配置し、中間バーの上下で光の量をコントロールできます」

ツインスタイルのプリーツスクリーン
ツインスタイルのプリーツスクリーン。光を取り込みたいときは、シースルー生地の分量を増やし、目隠しとして使いたいときには不透明生地の分量を増やす(画像提供/ニチベイ)

和室リフォームの実例

リビングの隣の和室をつぶして広々LDKに

開放感があり、家具のレイアウトもしやすいことから、最近の住宅はリビングを大きくとる間取りが主流。リフォームの際も、和室を取り込んでリビングを広げる事例が増えているそうです。

「まるっきり和室をなくしてしまうのではなく、シームレスにリビングとつながる空間にしておけば、いろいろな用途に使うことができます。」

【AFTER】
リビング【AFTER】
手を加え過ぎず、和室をそのままリビングの一部として使用できるようにした(画像提供/スタイル工房)

「こちらのお宅は和室の引き戸を取り外して壁の中に収納できるようにリフォームしました。普段は戸を全てはずして広々としたリビングとして使用。必要があるときは、戸を取り付けて個室にできる仕組みです」

【BEFORE】
リビング【BEFORE】
(画像提供/スタイル工房)
【AFTER1】
リビング【AFTER1】
戸をはずすとリビングの一角の畳スペース、という状態に(画像提供/スタイル工房)
【AFTER2】
リビング【AFTER2】
引き戸を取り付けて閉めると独立した和室としても使うことができる(画像提供/スタイル工房)

収納力のある上がり畳に

和室のよさを活かしつつ、リフォームしたいという場合には、「小上がり」として残すのもよいでしょう。

「ソファのように腰かけることもできますし、畳下を収納として活用できます。まさに和と洋のいいとこどりですね」

【BEFORE】
リビング【BEFORE】
(画像提供/スタイル工房)
【AFTER】
リビング【AFTER】
リビングと和室の間仕切りをなくし、和室だった部分を小上がりスペースに(画像提供/スタイル工房)

周囲をフローリングに

こちらは、和室にあった既存の畳を撤去し、フローリングに。そして中央部分にのみ琉球畳を埋め込んだ事例です。

「周囲をフローリングにすることで家具がおきやすくなります。和の要素を残したまま、使い勝手が向上した例といえるでしょう」

【AFTER】
リビング【AFTER】
色調を合わせることで畳の和の雰囲気がリビングの北欧風の空間と違和感なくなじんでいる(画像提供/スタイル工房)

「新築やリフォーム時に、独立した和室はいらないけど、リビングの一角などにちょっとした畳スペースはほしいというお客様はとても多いんですよ」

自分のライフスタイルと好み、そして予算に応じて、おしゃれな和室のコーディネートやリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

注文住宅の会社を探す
新築一戸建てを探す
新築マンションを探す
リフォーム会社を探す
賃貸物件を探す
取材・文/増岡真理(メディアム)
公開日 2020年01月21日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る