畳の張替え、費用は?1畳(帖)の寸法や畳(帖)を平米にすると? 畳メンテナンスのための基礎知識

畳の張替え、費用は? 1畳の寸法や平米にすると? 畳メンテナンスのための基礎知識

自宅の畳の色あせや傷が気になってきたけれど、キレイにするにはどんな方法があって、どのくらい費用がかかるのか?プロに畳のメンテナンスをお願いするといった経験がないと、なかなかわかりませんよね。また、畳をm2(平米)に変換するとどのくらいの面積になるのでしょうか。ここでは、畳の張替えやメンテナンスを検討する際に知っておきたい基本的な知識やポイントを、建築資材メーカーのDAIKENに教えてもらいました。

畳1畳のサイズ 1畳は何m2(平米)?

1畳のサイズはどのくらいかというと、実は1つのサイズに決まっているわけではなく、発祥地域等によって次のようにさまざまなサイズが存在します。

京間(西日本エリア) 191.0cm× 横 95.5cm=1.82m2
中京間(東海エリア) 182.0cm× 横 91.0cm=1.65m2
江戸間(東日本エリア) 176.0cm× 横 88.0cm=1.54m2
団地間
(エリアに関係なく多くの団地で採用されている)
170.0cm× 横 85.0cm=1.44m2
※現在は、エリアに関係なく、施工会社やデベロッパーの商品・企画によって上記のいずれかのサイズが採用される場合があります

これらのほかにも、半畳(1畳を長辺で2分割した正方形)サイズで、畳の縁(へり)がない「縁なし畳」などもよく見られます。
縁なし畳には一般的な畳のように部屋に敷き詰めて使う「琉球畳」や、フローリングなどの上に置き敷きして使う「置き畳」などの種類があります。洋室や部屋の一部のみといった場合でも気軽に取り入れられるため、和モダンテイストのインテリアや、部屋の一部に畳コーナーをつくるといった形で多く用いられています。

畳の単価はどうやって決まる? 知っておきたい畳の基礎知識

畳の単価はどうやって決まる?

住宅や土地に関する単位には平米・坪がよく用いられますが、畳の場合は畳(じょう)が単位になります。1畳とは畳1枚分、またはそれ相当の広さのことをいいます。

畳の新品単価はもちろん、張替えなどの部材や工賃といった費用も、この畳(じょう)、つまり畳の枚数を単位とするのが一般的です。
ちなみに「六畳間」「四畳半」というように、和室の広さを畳(じょう)で示すこともあります。
不動産物件でよく使われる広さの単位、「帖」(じょう)のサイズも実は1帖=畳1枚分ですが、こちらは和室だけでなく洋室にも使える表記とされています。他にも、カーペットやラグ、ござなどのサイズを示す際、メートル表記と畳(じょう)や帖(じょう)でのサイズが併記されるといったことがよくあります。

畳表の種類にはどんなものがある?

畳の表面に張られた織物、いわゆる“ござ”の部分を畳表(たたみおもて)と言います。昔ながらの畳はイ草と呼ばれる植物の茎を干したもので織り上げてつくられています。現在の住宅でよく使われている畳表には、国産のイ草で織った畳表、中国産のイ草で織った畳表、さらに機械すき和紙をコヨリ状により、1本1本に樹脂でコーティングした後、イ草織機で織り上げた「和紙表」や、樹脂などを用いた「化学表」といった種類があります。

傷んできた畳をキレイにする方法にはどんなものがあるの?

畳のメンテナンスは「裏返し」「表替え」「新調」の3タイプ

傷んできた畳のメンテナンスには、3つの方法があります。

(1)裏返し
現在張られている畳表を裏返して、傷んでいない側を表にする手法。

施工費 1畳あたり4000~5000円ほど

(2)表替え
畳表を張る芯材である畳床(たたみどこ)は残しておき、畳表だけを新しいものに取り替える手法。

施工費 1畳あたり7000~1万5000円ほど

(3)新調
畳表も畳床も含む畳全体を新しいものと入れ替える。

施工費 1畳あたり畳の価格(6000~2万円ほどが多いものの、素材によってはもっと高額になることも/編集部調べ)+6000円ほど

大まかな目安として、日に焼けて変色するなどしてきたらまず裏返しをし、さらに裏も傷んでしまったら表替えをして、畳床も劣化してきたら新調する、といった順に、畳の傷み具合によって適したメンテナンス方法も変わってきます。

畳張替えのタイミングはどうやって見極める?

畳は使い方によっても傷み方が違ってきます。新調してからさほど経っていなくても酷使されて傷んでしまうケースもあれば、年数が経っていたとしてもきれいなまま保たれているケースもありますから、「〇年経ったら裏返し・表替え・新調をする」という明確な基準は特にありません。
あくまで目安ではありますが、例えば「裏返し」はイ草の畳であれば新調してから数年、化学表なら一般家庭で10年程度経ったころに検討してみるといいでしょう。

裏返しを施した後に行う「表替え」は、裏返した方の畳表にささくれやカビが見られるようになったら検討しましょう。畳をすべて取り替えることになる「新調」は、畳表が波打つ、隣の畳との間に隙間が空いてしまうなど、畳表だけではなく畳床まで傷んでいると考えられる場合が目安になるでしょう。

畳を傷めにくい日ごろのお手入れ方法は?

裏返し・表替え・新調などプロによる畳のメンテナンスには費用もかかりますから、できれば畳そのものを長持ちさせる使い方をしたいものです。そこで重要なのが、日ごろからの「畳を傷めないお手入れ」の心がけです。

畳をほうきで掃く女性
(画像/PIXTA)

畳のお手入れの基本は、イ草も和紙表も、また掃除機でもほうきでも「畳の目に沿って」掃除することにあります。そうすることで、畳の目の隙間にホコリやゴミが入り込むのを防いだり、摩擦で畳の傷みが進むのを防いだりできます。もし、掃除機にブラシ回転機能がある場合は、畳の目に関係なくブラシが当たってしまいますので、オフにしておくのがオススメです。普段のお掃除は乾拭きで、汚れが気になるときはかたく絞った雑巾で水拭きしますが、このときもまた、畳の目に沿って拭くようにしましょう。

また、普段から湿気をためないよう、天気の良い日には畳がある部屋の窓を開けるなどして、風を通しておくのがオススメです。部屋に余分な湿気を含んだままにしておくと、カビやダニが発生する原因にもなります。

フローリングの床を畳に替えたり、床暖房の上に畳を敷いたりできる?

フローリングの床を畳の床に替えることはできる?

部屋にもよりますが、基本的には可能です。最も簡単な方法は、既存のフローリングの上に、薄畳と呼ばれる種類の畳を敷きつめる手法です。ただし、いくら「薄畳」とはいえ15mm程度の厚みはありますから、扉やクローゼットがある部屋の場合は、畳を敷いてもドアを開閉できるか事前に確認しておきましょう。

置き敷きや敷き込みの畳は普通の畳を剥がした後でも使える?

畳を床の上に置くだけの敷き方を「置き敷き」、部屋の床全体に隙間なく敷き詰める敷き方を「敷き込み」といい、それぞれ専用の畳製品もあります。一般的な住宅用畳の厚みは、15~60mmほどと幅があります。置き敷きタイプや敷き込みタイプの畳はそれよりも薄いことがほとんどです。

例えば、DAIKENの置き敷き、敷き込みタイプ畳「ここち和座」は、製品厚みが12~13mmですから、使う際には、それまで使っていた畳との厚みの差をなくすため、畳の下にポリスチレンフォームを原料とした住宅用床下地材や合板を敷くなど何らかの調整が必要になります。

DAIKEN ここち和座 敷き込みタイプ
フローリングの部屋にも自然になじむ「DAIKEN ここち和座 敷き込みタイプ(希望小売価格7300円~、施工費別)」(画像提供/大建工業株式会社)

畳の部屋にも床暖房は入れられる?

どのような部屋か、どのような畳を使うかにもよりますが、畳の部屋に床暖房を入れることも可能です。

床暖房用の畳は「畳床」と「畳表」それぞれについて考えなければなりません。畳は基本的に断熱材で暖房の熱も通りにくいため、畳下からの熱を通りやすくする専用の畳床などを選ぶ必要があります。

また、畳表は暖房の熱により乾燥が進みやすくなるため、イ草の畳表は若干傷みやすくなります。その点、和紙表は乾燥に強い特徴があるので、一部の製品以外は床暖房にもオススメです。

ちなみに「床暖房つきのフローリング床を畳の床に替えたい」という場合は、現在使っている床暖フローリングがヒーターパネル一体型か、それ以外かでリフォームの内容が大きく違ってきますので、まずはリフォームを行う建築会社に確認してみましょう。

DAIKEN 健やか畳床 座スリムZ
床暖房にも対応可能な「DAIKEN 健やか畳床 座スリムZ(希望小売価格2万7000円~、参考価格)」(画像提供/大建工業株式会社)

畳は歴史が古く、長く愛されてきた日本文化のひとつです。最近は畳縁のついた昔ながらのイ草の畳に加えて、縁なし畳や和紙を用いることによる種類豊富なカラー畳など、さまざまに進化しています。ここで紹介した畳の種類や機能はほんの一例ですので、ぜひプロに相談して、マイホームに合う畳やメンテナンス方法を見つけてみてください。

まとめ

畳の張替え費用は平米単位ではなく畳(じょう)単位、1畳の寸法にも種類がある

メンテナンス方法は「裏返し」「表替え」「新調」の3タイプがあり、傷み具合によって変わる。経過年数はあくまで目安で畳の状態を見て

フローリングの床を畳に替えることも基本的には可能、ただし条件や環境の確認を

新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古マンションを探す
賃貸物件を探す
注文住宅の会社を探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
リフォーム会社を探す
売却査定する
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/丸田カヨコ
公開日 2020年07月02日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る