ハザードマップとは? 安心な住まいを買う、建てるために知っておきたい見方や使い方

ハザードマップとは? 安心な住まいを買う、建てるために知っておきたい見方や使い方

近年、台風や豪雨などの災害が頻発し、広範囲に大きな被害を受けることが増え、地域の災害リスクを記載したハザードマップへの注目が集まっています。

しかし、ハザードマップの存在は知っていても、ハザードマップの見方まではよくわからないという人も多いのではないでしょうか。
そこで、ハザードマップについて、防災に詳しい市川啓一さんに伺いました。

ハザードマップの種類から入手のしかた、見方など、安心な住まいを実現するためにぜひお役立てください。

ハザードマップとは?

ハザードマップで何がわかる?

ハザードマップとは、その地域にどのような災害の危険があるのかを地図に示したもの。
対象となっている災害の種類は、洪水、津波、高潮、土砂災害、地震などです。
地域によっては火山の噴火も含まれます。

2020年の宅建業法の改正で、物件購入時などの重要事項説明の際に、購入希望者に対して水害に関するハザードマップを見せ、その物件の所在地について説明する義務が不動産会社に課されました。

しかし、重要事項説明は売買や賃貸契約の直前に行われることが多いものです。
直前にリスクがわかっても適切な判断を下すには十分な時間がありません。
それ以前の物件探しの段階でハザードマップを見て、あらかじめ災害リスクの有無を確認しておくのが賢明でしょう。

ハザードマップはどこで入手できる?

「ハザードマップを作成している自治体は多く、作成時や引越したタイミングで住民に配布されます。各地域のハザードマップを入手したい場合は、自治体のwebサイトを活用するとよいでしょう」(災害・危機対応を専門とするレスキューナウの市川啓一さん。以下同)

「市区町村のハザードマップには、その地域がどうして危険なのかが、わかりやすく示されています。例えば付近に複数の川がある場合、どの川がどういう状況で氾濫するのか、どのような被害が想定できるのか、など詳細なところまで説明されているので、リスクを理解するのに非常に役立ちます」

webサイトのハザードマップはPDFで表示できるので、プリントアウトして家族で一緒に見たり、書き込みを行ったりできます。
閲覧したい場合は『〇〇市〇〇区ハザードマップ』で検索しましょう。

何種類かのハザードマップを並べて夫婦が会話しているイラスト
該当する災害のハザードマップは全てに目を通しておきましょう(イラスト/杉崎アチャ)

ハザードマップの見方

●洪水・内水氾濫

水害の中でも川の氾濫による洪水は、比較的広い地域に関係する災害です。

一般に大きな川に近い地域のほうが危険度は高くなります。
危険度は、「浸水深(浸水域の地面から水面までの高さ)」であらわされ、ハザードマップ上では浸水深の段階ごとに色分けされています。

最大雨量時にその地域がどれくらい浸水する可能性があるのかが、洪水ハザードマップを見れば、ひと目でわかります。

洪水ハザードマップのチェックポイントは浸水深。色が濃くなるにつれ、浸水の可能性が高まります。

検討している地域が、川からどれくらいの距離にあり、浸水深がどれくらいかを確認しておきましょう。

洪水ハザードマップの内容がわかるイラスト
浸水深は色分けされているのでわかりやすい。避難場所が近いかどうかも要チェック(イラスト/杉崎アチャ)
浸水深と浸水程度の目安
浸水深 浸水程度の目安
0~0.5m 床下浸水(大人の膝までつかる)
0.5~1.0m 床上浸水(大人の腰までつかる)
1.0~2.0m 1階の軒下まで浸水する
2.0~5.0m 2階の軒下まで浸水する
5.0m~ 2階の屋根以上が浸水する
出典:国土交通省 川の防災情報

「川が溢れるのも心配ですが、内水氾濫にも注意が必要です」
「内水」とは聞き慣れない言葉ですが、川から堤防で守られた内側にある水のこと。

「家屋の被害の半分近くは、実は内水氾濫によるものなのです。例えば2019年の豪雨で、ある地域のマンション群が被害を受けたことが報道されましたが、付近の大きな川の水位が上がり、川に流す排水管から水が住宅地側に逆流した内水氾濫によるものでした。マンションの地下にある電源設備などに被害を与えました」

川の近くの地域でも、被害の程度に違いがあるのは地形などによるものです。
「内水氾濫は、低地・窪地に被害が多く、そういう地域では1時間に雨量が50mm(一般的な目安。地域によって異なる)を超えると排水しきれなくなるおそれがあります」

内水氾濫についても洪水ハザードマップに反映されているので、川との距離だけではなく、浸水深の色分けをよく見ておきましょう。

床上浸水となると一戸建てでは家そのものが大きな被害を受けます。また、自動車の走行もできず、避難行動にも影響が出ます。

ハザードマップには付近の学校や体育館など災害時の避難先、消防署や警察署、医療機関など緊急時に必要になると思われる機関も図示されています。
こうした情報もよく確認しておきましょう。

●土砂崩れ

土砂崩れの危険が高いところは、自治体が特別警戒区域や警戒区域に指定しています。それらはハザードマップに反映されているので、急傾斜の崖が近くにある土地の場合は、土砂崩れのハザードマップを確認しましょう。
崖から離れ、土砂崩れの影響を受けない地域なら安心です。

●津波・高潮

海岸近くの土地の場合は、津波や高潮の危険度をハザードマップで確認しておきましょう。
「高齢者や障がい者、赤ちゃんが同居する家族は、避難に時間がかかります。家族構成や心身の事情も考慮しましょう」

●地震

安心して住める家の条件として地震に強いことは欠かせませんが、地盤などの危険度については何種類かのハザードマップがあります。

「地震時の揺れやすさマップや液状化マップ、地震による火災延焼の危険性や避難のしやすさまで考慮した危険度マップなど、いくつかの観点から地震関連のハザードマップを各自治体が作成して公表しています」

地盤が弱い地域では揺れが大きくなるため、大きな地震が起きると、家が傾いたり、倒壊したりといった被害が発生しやすくなります。

液状化現象とは、砂が堆積してできた土地などが大きな地震の揺れで砂の粒子がばらばらになり、水が出て地面が液状になること。
地面が液状化すると建物だけでなく、水道やガス配管などインフラにも影響します。

どのような地盤に家が建っているかで、地震時に受ける被害が違ってきます。ハザードマップで、揺れやすさや液状化の可能性の有無を確認して、地盤の強い地域を選べば安心です。

「地震に対しては、建物の強度も大きく影響します。またリスクに対して地盤改良やくい打ちなどの対策が適切に施されているかどうかでも被害が大きく違ってきます。自治体でも一定の地域に対して、くい打ちなどの対策を義務付けている場合もあります」

地盤が弱い地域の家を買う場合は、地盤改良やくい打ち、免震工法の採用など、地盤の状態に応じた対策をきちんとやっているかどうかを不動産会社や建築会社に確認するのがよいでしょう。

国交省のハザードマップポータルサイトを使ってみる

全国各地のハザードマップを閲覧するのに便利なのが、国交省のハザードマップポータルサイトです。「重ねるハザードマップ」と「わがまちハザードマップ」の2種類があります。

重ねるハザードマップ

「重ねるハザードマップ」は、洪水・土砂災害・高潮・津波・道路防災情報などのリスク情報を1つの地図上に重ねて表示できる便利な機能です。

調べたい地域の地図を表示して、そこに例えば「洪水」の危険度情報を加味します。
さらに「土砂災害」や「道路防災情報」といった具合に、知りたい情報を選択して重ねて表示すると、1枚の地図上にその地域の危険度を複合的にあらわすことができます。

また地図上には、災害の可能性がある箇所が色分けされます。水害(洪水、津波、高潮)の場合は、色が濃くなるにつれ、浸水の可能性が高まります。また、土砂災害は特別警戒区域は赤色、警戒区域は黄色で色付けされています。

また、年代ごとの航空写真を見ることもでき、かつては海だった、川だった、水田地帯だったなど宅地開発前の状態がわかります。

重ねるハザードマップの使い方

(1)調べたい場所を入力し、検索する
まず物件の所在地を入力し、検索マークをクリックもしくは、所在地を入力後に確認したい災害のアイコンをクリックします。

重ねるハザードマップより。画像から各種災害情報のアイコン
(画像/国交省:重ねるハザードマップより)

(2)表示したい情報を選択する
知りたい場所の地図が表示されたら洪水、津波など知りたい災害情報のアイコンをクリックします(複数チェックできる)。

重ねるハザードマップより。地図と災害情報のアイコン
(画像/国交省:重ねるハザードマップより)

(3)選択したリスク情報が表示される
選択した災害情報が重ねて表示されます(下図は洪水と津波と土砂災害を重ねたもの)。
また、災害リスクのある場所は色付けされ、色が濃くなるにつれ災害の可能性が高くなり、土砂災害は黄色が警戒地域、赤は特別警戒地域となっています。

重ねてハザードマップより。地図に災害情報を反映した画像
(画像/国交省:重ねるハザードマップより)

わがまちハザードマップ

一方「わがまちハザードマップ」は、各自治体のハザードマップを検索できます。
都道府県名と市区町村名を選択、その地域で作成している各種のハザードマップを閲覧することができます。

わがまちハザードマップキャプチャー画像より。住所選択画面
都道府県名と市区町村名を選択し、検索(画像/国交省:わがまちハザードマップより)
わが街ハザードマップ。都道府県、市区町村選択後の画面
選択した市区町村によって、作成・公開されているハザードマップは異なる(画像/国交省:わがまちハザードマップより)

「重ねるハザードマップ」で総合的に情報を閲覧し、「わがまちハザードマップ」で知りたい地域の詳細な情報を得る、という使い方ができます。

ハザードマップポータルサイトを活用して、知りたい情報をキャッチしましょう。

家・土地選びは総合的な観点で判断

このようにハザードマップで、さまざまな災害リスクを知ることができますが、家や土地選びは、リスクを重視しすぎると選べなくなってしまうことがあります。

「川のそばは危険といっても開放的な環境や土手を犬と散歩するのが好き、といった理由で、川のそばの土地を選ぶ人もいます。また、利便性や価格も家選びには大切な要素でしょう。家や土地は、さまざまなことを考慮して選ぶのが一般的。その際に、あらかじめリスクを知っておくことが大事なのではないでしょうか」

リスクを知ることで、家の建て方にどんな工夫が必要なのか、ふだんの暮らしの中で何に気をつければよいのかがわかる、と市川さんは言います。

「例えば洪水リスクのある地域では、家を建てるときに盛り土をして基礎を高くする。その上でふだんから浸水に備えて土のうやそれに代わるものを用意しておくなどの心がけが必要。

マンションで1階の住戸の場合は、いざというときに避難させてもらえるよう上階の人と良好な関係を築いておくのもいいでしょうね」

「ハザードマップでリスクが表示されているからといって、必ずしもそこに住んではいけないということではありません。また、そもそもハザードマップを作成していない地域もあります。その場合は、役所の防災対策課などにリスクの有無を確認し、リスクを知らずに住むことがないようにしましょう。知った上で対策を講じてリスクとうまく付き合っていくことが大切です」

利便性や環境、リスクをバランス良く検討して慎重に検討する夫婦のイラスト
利便性や価格など求めている要素に、災害リスクを加えて慎重に検討しましょう(イラスト/杉崎アチャ)

知っておきたい災害知識

雨量

・10mm以上~20mm未満
予報用語 やや強い雨
人の受けるイメージ ザーザーと降る
人への影響 地面からの跳ね返りで足元がぬれる
屋外の様子 地面一面に水たまりができる
車に乗っていて
・20mm以上~30mm未満
予報用語 強い雨
人の受けるイメージ どしゃ降り
人への影響 傘をさしていてもぬれる
屋外の様子 地面一面に水たまりができる
車に乗っていて ワイパーを速くしても見づらい
・30mm以上~50mm未満
予報用語 激しい雨
人の受けるイメージ バケツをひっくり返したように降る
人への影響 傘をさしていてもぬれる
屋外の様子 道路が川のようになる
車に乗っていて 高速走行時、車輪と路面の間に水膜が生じブレーキが効かなくなる(ハイドロプレーニング現象)
・50mm以上~80mm未満
予報用語 非常に激しい雨
人の受けるイメージ 滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)
人への影響 傘は全く役に立たなくなる
屋外の様子 水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる
車に乗っていて 車の運転は危険
・80mm以上
予報用語 猛烈な雨
人の受けるイメージ 息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる
人への影響 傘は全く役に立たなくなる
屋外の様子 水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる
車に乗っていて 車の運転は危険
(出典:気象庁 雨の強さと降り方)

「大雨が降っているときには、ニュースで自分が住んでいる地域の注意報を確認すると思いますが、近くにある川の上流地域の雨量チェックをすることが大切です。当たり前ですが、川の水は上流から流れてきますからね」

地震

震度 揺れの状況
震度4 ・ほとんどの人が驚く
・電灯などのつり下げ物は大きく揺れる
・すわりの悪い置物が倒れることがある
震度5弱 ・大半の人が恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる
・棚にある食器類や本が落ちることがある
・固定していない家具が移動することがあり、不安定なものは倒れることがある
震度5強 ・物につかまらないと歩くことが難しい
・棚にある食器類や本で落ちるものが多くなる
・固定していない家具が倒れることがある
・補強されていないブロック塀が崩れることがある
震度6弱 ・立っていることが困難になる
・固定していない家具の大半が移動し、倒れるものもある。ドアが開かなくなることがある
・壁のタイルや窓ガラスが破損、落下することがある
・耐震性の低い木造建物は、瓦が落下したり、建物が傾いたりすることがある。倒れるものもある
震度6強 ・這わないと動くことができない、飛ばされることもある
・固定していない家具のほとんどが移動し、倒れるものが多くなる
・耐震性の低い木造建物は傾くものや、倒れるものが多くなる
・大きな地割れが生じたり、大規模な地滑りや山体の崩壊が発生することがある
震度7 ・耐震性の低い木造家屋は、傾くものや、倒れるものがさらに多くなる
・耐震性の高い木造建物でも、まれに傾くことがある
・耐震性の低い鉄筋コンクリート造の建物では、倒れるものが多くなる
(出典:気象庁 震度について)

家や土地を選ぶときには、災害の危険性を十分に知っておくことが大切ですが、利便性や環境などそのほかのメリットも十分考慮して、バランスの取れたベストな選択をしましょう。

まとめ

各地域のハザードマップを見れば、その地域にどのような災害の危険性があるかがわかる

土地・家の購入前にはハザードマップ閲覧が必須

災害リスクを知った上で利便性などほかの要素も加味して総合的に判断をすることが大切

新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古マンションを探す
賃貸物件を探す
注文住宅の会社を探す
土地を探す
リフォーム会社を探す
売却査定する
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
構成・取材・文/林直樹 イラスト/杉崎アチャ
公開日 2021年03月30日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る