クラックとは? 外壁のひび割れはなぜできる? クラックを見つけたときの対処法

クラックとは? 外壁のひび割れはなぜできる? クラックを見つけたときの対処法

いつの間にか外壁にできたクラック(ひび割れ)。放っておいていいのか、それとも修繕が必要なのか判断しかねる人も多いのでは。そもそもなぜできたのかも気になるところですよね。外壁などにクラックを見つけたときの対処法を、一級建築士の佐川さんに伺いました。

クラックはなぜ発生するのか?

クラックは乾燥や経年劣化、地震などの揺れで生じる

クラックとは亀裂やひび割れのこと。外壁のほかに内壁や基礎部分に生じるほか、モルタルやコンクリートの床、外壁材のつなぎ目に使う目地(コーキング)にできることがあります。

クラックができる原因は主に(1)乾燥(2)経年劣化(3)揺れ(4)材料の馴染みが悪い、の4つがあります。

■クラックができる原因

(1)乾燥
・モルタルやコンクリートなど水を使う外壁材が、乾燥して生じる
・外壁の表面を覆っている塗膜(塗料が乾燥して固まり、膜状になったもの)が、乾燥が進んでひび割れが生じる

(2)経年劣化
・サイディングボードやタイルなどのつなぎ目をふさぐ目地(コーキング/シーリング)が、紫外線によって劣化することで生じる(サイディング自体の劣化でクラックが生じることはない)
・サイディングボートを止めているくぎの止め方の不具合から生じる
・外壁の塗料が、紫外線によって劣化することで生じる

(3)揺れ
・地震などの揺れによって力が加わり、コンクリートやモルタル、タイルなどの外壁材が耐えきれない場合に生じる
・サイディングボードやタイルなどのつなぎ目をふさぐ目地が、地震などの揺れに耐えきれない場合に生じる

(4)材料の馴染みが悪い
・モルタルを塗る際、一度乾いてしまった部分に再度塗ると、馴染みが悪くて(一体化しなくて)クラックを生じる可能性がある
・塩化ビニール系素材とモルタルのように、馴染みが悪い材料を使った場合に、クラックを生じる可能性がある

地震の揺れによるクラック
納戸やサービスルームのある間取り例
地震の揺れでコンクリートの床に生じたクラック(画像提供/佐川旭建築研究所)

クラックを防ぐには?

(1)乾燥や(2)経年劣化に対しては、それを前提とした10年ごとの再塗装など、定期的な点検・修繕計画が組まれているはずです。こうした定期メンテナンスをきちんと行うことでたいていは防ぐことができます。

「モルタルなど水を使う外壁材などは、雨水による膨張と乾燥による収縮を繰り返すことで劣化が進みやすくなります。かつての日本家屋のように軒が長ければ、それらを防ぐことができるのですが、最近は敷地の有効活用のために建物を目一杯の広さで建てる場合が多く、そうなると軒を長く取れなくなります。そのため劣化が進みやすくなるので、軒の短い家は日ごろからクラックができていないか気に掛けていたほうがいいでしょう」

ちなみにかつての日本家屋は軒が長いからこそ、白い漆喰の壁を使うことができたのだそうです。それだけ軒は外壁の劣化を防ぐ役割を果たしているというわけです。

また、(3)揺れを原因とするクラックに対して、最近はモルタルも強くなっているそうです。「モルタルの下地には、かつては金属製の網が使用されていましたが、最近はさらに目の細かい樹脂製を使うようになったため揺れをうまくいなせるようになったことが一因です。また地震の揺れは建物の角や窓の角などに力が集まり、そこからクラックを生じやすいのですが、その対策として下地の網の張り方を工夫することで、クラックを生じさせない施工技術が普及してきています」

一方、地盤が軟弱で建物の一部が沈み込む(不同沈下)などして建物自体が歪み、クラックを生じるということもありますが「2009年に住宅瑕疵担保履行法が施行されてからは、実質的に地盤調査が義務化されました。そのため現在の家は地盤調査が行われて、それに応じた土地改良が行われるので、ひと昔前と比べたら不同沈下が減り、クラックも生じることが少なくなりました」

(4)の材料の馴染みが悪いことによるクラックは稀なケースですが、もしそれが原因であれば、最初からやり直す必要があります。

クラックを見つけたときの対処法

クラックが怖い理由とは?

先述の通り、外壁材の乾燥や目地の経年劣化などでもクラックは生じますが、そもそもクラックが生じると何が困るのでしょうか。

「クラックから雨水などが浸入すると、例えばモルタルの外壁なら内部の金属網が錆びてモルタルが剥がれてしまいます。サイディングやタイルの場合、目地の部分のヒビ割れから浸入した雨水が、下地の胴縁(ボードを取り付けるための木材)の腐食や石膏ボードの劣化を招きます。これらがさらに進むと、断熱材まで水が及んでカビが発生すれば室内にもカビの影響が及びます。また壁の内側の木材が腐ればシロアリ被害も考えられます」

このようにクラックから水が浸入することで、目に見えない部分の錆や腐食などが建物に悪影響を及ぼすことが、クラックが怖い理由なのです。

一方、建物が歪んでクラックが生じた場合、建物の強化や地盤改良などの対応が必要になります。とはいえ先述したように、最近では地盤調査&改良がきちんと行われるようになったことや、耐震性能の高い建物になっていることもあり、建物の歪みが原因で生じることは随分と減りました。

クラックが生じる理由は先述のようにいくつかあるので、まずはなぜクラックが生じたのかを施工会社などプロに見てもらうようにしましょう。

クラックの幅が0.3mmがひとつの目安

クラックは大きく分けて2種類あり、クラックの幅(太さ)が0.3mm以下なら「ヘアクラック(髪の毛ほどの細さのひび」と呼び、他のクラックと区別されます。「0.3mm以下であれば、まだ内部に水が浸入しておらず、また水も入りにくいので早急な対応はしなくても大丈夫ですが、なるべく早めの対処が必要です」

またクラックの幅が0.3mm~1mmの場合は、水が浸入しやすいので早急に対処する必要があります。「施工会社などに対処を依頼するのが簡単ですが、最近は自分でできる道具をホームセンターやインターネット通販などで手に入れることができます。スプレータイプもあるので、素人でも簡単にクラックの補修ができます」ただし高い場所の補修は危険ですからオススメしません。足場を組まずに作業できるような高さに、0.3mm~1mm以下のクラックを見つけたら、試してみるのもいいでしょう。

一方1mm以上のクラックが見つかった場合は、既に内部に水が浸透している可能性があります。早急に施工会社などプロに見てもらい、対応してもらったほうがいいでしょう。

このように、クラックの幅が0.3mm以上であれば早めの対処が必要になります。

クラックは0.3mm以下かどうかが目安
クラックは0.3mm以下かどうかが目安
写真の程度であれば0.3mm以下の「ヘアクラック」と呼ばれるもの

対処はどこに依頼すれば良い?

0.3mm以上のクラックならなるべく早めに、1mm以上であれば早急に施工会社などプロに見てもらう必要がありますが、その場合どこに依頼すればいいのでしょうか。「基本はその家を建てた施工会社に連絡するのが一番いいでしょう」。先述の通り、乾燥や経年劣化によるクラックは定期的なメンテナンスを行うことである程度防ぐことができますが、そのメンテナンスを行う施工会社(たいていは家を建てた施工会社)に連絡するといいでしょう。

最近は突然訪問してきた別の施工会社が「クラックがありますよ。修理しませんか?」と言ってくる場合もあるようですが、そんなときも「この人はわざわざウチのクラックを見つけてくれたんだ。ご親切にどうも」と思いながら「では建てた施工会社に連絡してみます」と対応したほうがいいでしょう。

「特に地元の施工会社で建てた場合、会社としてはその地域での評判を大事にしますから、クラックがあることを伝えれば早急に対応してくれると思います」

このようにクラックを見つけただけで慌てることはありませんが、まずはクラックの幅を測ってみて、0.3mm以上であれば家を建てた施工会社に早めに相談しましょう。逆にそのまま放っておくと、クラックが大きくなり、そこから雨水が浸入して断熱材や内装にまで腐食等が及びかねません。そうなれば外壁だけでなく、内装や下手をすると構造体まで手を加えなければならない大規模な工事が必要になります。早めに対応するほど、大きなトラブルを未然に防ぐことができるのですから。

新築マンションを探す
中古マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
取材・文/籠島康弘
公開日 2019年09月30日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る