【フラット35】に子育て支援型が登場 子育て世帯は当初5年の金利を優遇

【フラット35】に子育て支援型が登場 子育て世帯は当初5年の金利を優遇

【フラット35】のメニューに子育て支援型と地域活性化型が新たに加わった。子育て支援型は子育て世帯が親世帯と近居・同居などをする場合に、地域活性化型は地方に移住する場合などに、当初5年間の金利を0.25%引き下げる。制度を実施する自治体で補助金などを受けられるケースが対象。千葉県松戸市や大阪府貝塚市などが名乗りを上げている。



【フラット35】と【フラット35】子育て支援型の返済額の比較


【フラット35】と【フラット35】子育て支援型の返済額の比較

(借入額3000万円、融資率9割以下、35年元利均等返済、ボーナス時返済なし、【フラット35】金利1.20%、2017年9月30日以前申し込みの場合)

ジュータコ先生とスマイカ君の住まいのQ&A
  • ジュータコ先生
    ジュータコ先生
    タコなのに、人間の住宅にやたらと詳しい未確認軟体動物
  • スマイカ君
    スマイカ君
    マンションに憧れ、いつかはマイホームをと妄想する。住メルイカ科

Q.利用できる自治体は限られるの?
A.現在は55の自治体が名乗りを上げておる

ジュータコ:「自治体によって扱うメニューや利用条件などが異なるのじゃ。一戸建てやリフォームのみが対象のケースもある」
スマイカ:「新築マンションでも使える制度では、例えばどんな条件があるの?」
ジュータコ:「松戸市では親世帯との同居のほか、2km以内の近居も対象となる。また貝塚市では市外在住で40歳未満の世帯が、市内で親世帯と近居する場合などが対象じゃ」
スマイカ:「細かい条件は自治体に確認が必要だね」


Q.ローンの返済はどのくらいトクなの?
A.【フラット35】Sと併用なら当初0.55%低くなる

ジュータコ:「新制度は【フラット35】Sとの併用も可能じゃ」
スマイカ:「【フラット35】Sって、耐震性や省エネ性などの基準を満たす住宅を対象に、当初金利が0.25%もしくは0.3%引き下げられる制度だよね」
ジュータコ:「うむ。新制度との併用で当初金利が0.55%引き下げられる。3000万円借りたケースでは、35年間で約84万円トクするぞ」
スマイカ:「おトクだね」
ジュータコ:「自治体の補助金などを受けることが前提だからさらにおトクじゃ」

取材・文/大森広司
2017年7月26日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る