総合2位 梅田 ~住みたい街ランキング2017~

梅田

地下鉄「なにわ筋線」の事業化も発表、
駅周辺での再開発が順調に進み、さらに人気上昇の期待

梅田

5年連続で2位となった「梅田」。本調査では、阪神電鉄、阪急電鉄の梅田駅、市営地下鉄の梅田駅を合わせて集計したものを「梅田駅」としている。梅田は多くの路線が集まる巨大ターミナルであると同時に、さまざまな百貨店や専門店が集積する商業の街でもある。さらに、大型最新オフィスが立ち並ぶビジネス拠点としての顔、大阪の2大繁華街「キタ」に隣接するナイトスポットとしての顔ももつなど、多彩な魅力を備えている。

2013年4月に開業した「グランフロント大阪」は新しい梅田のシンボルとして定着、2017年3月1日には、まちびらきから約3年10カ月で来場者が延べ2億人を突破し、関西圏を代表する複合施設として存在感を示している。このエリアはJRの貨物駅跡地の再開発によって誕生した「うめきた」の先行開発区でもあり、隣接する「うめきた2期」の整備計画も動き始めている。また、ヨドバシカメラ横ではホテルを中心とした複合施設の工事がスタートし、周辺エリアを結ぶペデストリアンデッキも一部完成した。

梅田

「うめきた」エリアでは基盤整備事業として、JR東海道線支線の地下化と新駅(仮称「北梅田」駅)設置工事がすでに着手され、2023年春の開業を目指している。さらに、2017年5月には地下鉄「なにわ筋線」の計画が正式に発表された。これは「北梅田」駅からなにわ筋の地下を通り、難波周辺で分離してJR線と南海線との直通運転を行うという計画。「新大阪」と「梅田」、「なんば」、そして「関西空港」が直接結ばれることになり、各エリアからも大きな期待が寄せられている。完成は2031年春を目標としている。この計画には阪急電鉄も「十三」~「北梅田」の連絡線建設を検討している。

梅田駅周辺での再開発計画も進捗を見せている。2022年の完成を目指す阪神百貨店の建て替え工事も順調に進み、その姿を徐々に姿を見せ始めた。梅田3丁目の大阪中央郵便局跡地に40階建ての高層ビルを建設する再開発計画は、着工が遅れて2022年度の完成予定となっている。また、梅田から徒歩圏の中津駅では、駅周辺での再開発計画が具体化しタワーマンションが3棟立ち並ぶ街が誕生する予定だ。

梅田周辺の住宅事情だが、実は「梅田」として捉えられる街の範囲は広く、地下鉄中津駅、阪急中津駅、阪神福島駅など近隣の駅や、バス便利用で最寄駅を「梅田」として分譲されている新築マンションも多い。こうした周辺エリアからは徒歩や自転車による移動もできるうえ、必要に応じてタクシーなどを利用すれば「梅田で暮らしている」という実感は得られるはず。都市での暮らしを満喫できる住宅の選択肢は想像以上に多いのだ。

家賃相場について見ると、賃貸マンションは1K・1DKで平均6万5000円、1LDK・2K・2DKは9.8万円、2LDK・3K・3DKは12.8万円。また、新築分譲マンションの購入価格は、3600万円~、中古マンションは850万円~となっている。(SUUMO掲載情報より抜粋、2017年7月9日時点)

大阪の中心駅として、梅田の存在感はこれからも揺るぎないものであり続けるだろう。

みんなが選んだ理由
  • 会社から近く、通勤の便は最高。また、商業施設が集まっているのも魅力的です(男性36歳/DINKS)
  • 都会でいろんなお店がありおしゃれ。生活するのに必要なことが徒歩圏内で完結できる(女性24歳/ファミリー)
  • どこへ行くにも便利で生活しやすいので、とても興味がある。街全体が都会的で老後も住みやすい(男性49歳/ファミリー)
  • いろいろな施設や飲食店などがあり便利そうだから。また交通の便も良く、移動や旅行がしやすい(男性29歳/シングル)
  • 便利で、発展し続けているので、わくわく感がある。都会的なところも魅力的(女性42歳/ファミリー)
  • 都会で、何をするにも便利。商業の中心で最近ではマンションも建ってきており、いつかは住みたい(男性30歳/DINKS)

■他のランキングを見る

取材・文・撮影:井村幸治
公開日 2017年09月20日
最終更新日 2017年10月18日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る