総合9位 天王寺 ~住みたい街ランキング2017~

天王寺

外国人観光客も急増する大阪南部エリアの玄関口、
あべのハルカスのお膝元に広がる活気あふれる街

天王寺

昨年の10位から一つランクアップしたのが「天王寺」(大阪市天王寺区)。市営地下鉄天王寺駅は御堂筋線と谷町線が接続するほか、JRの巨大ターミナルでもある。また近鉄南大阪線の大阪阿部野橋駅との接続駅でもあり、大阪南部の玄関口ともいえるターミナルだ。関西空港とのアクセスも良いため、近年は外国人観光客も急増している。

天王寺エリアの象徴とも言えるのが2014年にオープンした「あべのハルカス」だ。地上60階建て・300mと日本一の高さを誇り、近鉄百貨店や高級ホテルも入居する超高層ビルは大阪中から目にすることができるランドマークとなっている。隣接するショッピングモール「あべのキューズタウン」は2011年の開業以来、若い女性層を中心とした支持を集める人気のスポットだ。「あべのキューズモール」では2016年に大規模リニューアルも実施し、大型電気店なども新たにオープンしている。また、隣接する場所には2017年4月にホテル一体型のドン・キホーテもオープンした。

天王寺

その一方で、道路を一本へだてると広大な天王寺公園にも面しており、2015年11月には公園のエントランスエリアが「てんしば」としてリニューアルオープン。レストランのほか、キッズやペットも一緒に楽しめる施設、さらには外国人向けゲストハウスも整備されている。季節ごとにさまざまなイベントも催され、外国人観光客を含めた多くの来場者で賑わっている。

一方、周辺には私立中高校や大学校なども多く、学びの街でもある。若い女性から子育てファミリー層まで、多くの世代がさまざまな楽しみ方ができるエリアでもあるのだ。隣接する阿倍野区金塚地区では1976年から進められてきた「阿倍野再開発事業」が、道路整備の一部を残してほとんどの建物が完成を迎えている。総事業費4810億円をかけ、住宅や店舗、事務所など29棟の建築物が誕生し、約3100戸の住宅も供給されている。

家賃相場について見ると、賃貸マンションでは1K・1DKで平均5万7000円、1LDK・2K・2DKは8.3万円、2LDK・3K・3DKは10.7万円。また、新築分譲マンションの購入価格は、3260万円~、中古マンションは1080万円~となっている。(SUUMO掲載情報より抜粋、2017年7月9日時点)

生活利便性と自然環境の良さを兼ね備え住宅の選択肢も多い天王寺は、今後も大阪南部エリアで注目の街となるだろう。

みんなが選んだ理由
  • ショッピングセンターがたくさんあり、活気があるので住んでみたい(女性35歳/シングル)
  • 複数の沿線があって、商業施設が多い。大きい病院もある(女性48歳/DINKS)
  • いろいろな種類のお店がたくさんあり、日々刺激を受けられそう。夜遅くても遊べるところもあり、飲食店も開いているので、楽しく幅広く遊べそう。街並みも好きだから(女性28歳/DINKS)
  • 何をするにしても便利。環状線は電車運賃も比較的安いから(女性37歳/シングル)
  • 都会で設備が充実しており、年を重ねてもとても住みやすい街だと思うから(男性44歳/ファミリー)
  • 幼稚園が多く、子育てしやすそうで、買い物も便利そう。憧れのハルカスにも近い(女性27歳/ファミリー)

■他のランキングを見る

取材・文・撮影:井村幸治
公開日 2017年09月20日
最終更新日 2017年10月18日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る