総合7位 大阪府吹田市 ~住みたい街ランキング2017~

7位 大阪府吹田市

マンション供給が続き人口増加中、EXPOCITY誕生で注目度もアップ
操車場跡地では「健都」開発が進む

昨年と同じく7位にランクインしたのが大阪府吹田市。2015年に市内を東西に横切る大阪モノレール・万博記念公園駅に大型複合商業施設「EXPOCITY」と、Jリーグ・ガンバ大阪の本拠地「市立吹田サッカースタジアム」がオープンしたことで話題となった。千里丘陵を切り開いて整備された「万博記念公園」や、「千里ニュータウン」、さらには高速道路の「吹田ジャンクション」があるのもこのエリア。大阪府・北摂地域で根強い人気を保っているのが吹田市だ。

市の北部は「千里ニュータウン」が一角を占めており、阪急千里線沿いにはアップダウンを活かした変化のある美しい街並みが広がっている。沿線には一戸建てと団地型の集合住宅が混在しているが、近年は古い団地や社宅などが次々と建て替えられ大規模マンションが誕生し、阪急千里線南千里、山田、北千里といった駅の周辺は大きく変化している。さらに、大阪の別荘地として開発された千里山駅周辺でも団地の建て替えが進み、新築分譲マンションの供給も豊富。

一方、豊中市と接する西部は北大阪急行南北線が南北に通過。沿線には「住みたい街」ランキング8位の江坂駅がある。また、大阪市と接する南部エリアは、JR京都線と阪急京都線が東西に貫いており、古くからの商店や工場、住宅等が広がる市街地となっている。JR岸辺駅の周辺では吹田操車場跡地を利用して、国立循環器病研究センターと市民病院の移転を核とし、住宅・商業施設も含めた複合都市「北大阪健康医療都市~健都(けんと)~」開発計画が進行中。

子育て事情についてみると、待機児童数は一時減少していたが2016年4月入所への認可保育施設申込では、一次選考で1000人以上が落選するという事態が生じた。2016年4月時点の待機児童数は230人となったが、吹田市では、2017度から3年間で保育定員を2150人増加させる計画をたてている。特例市指定を受け、市庁舎敷地や公園敷地を利用した私立保育所の整備、公営住宅を活用した小規模保育事業所の誘致などを進めて行く方針だ。

教育施設の統廃合と新設も含めて、子ども・子育て支援事業の充実は今後も求められることになるだろう。

みんなが選んだ理由
  • 交通機関が発達しており、京都大阪のみならず、奈良兵庫などへのアクセスも充実しているので便利(男性45歳/ファミリー)
  • 街並みがきれいで、駅近に病院やお店が多い。坂道が少なく、自転車での移動がしやすい。
    梅田までも行きやすい(女性37歳/ファミリー)
  • 公園やスーパー、病院や学校などの施設が充実していると聞いたので住んでみたい(女性32歳/シングル))
  • 都会から近く、通勤などにも便利で緑が多く閑静で住みやすい街だから。(男性47歳/DINKS)
  • おしゃれで上品な感じがあり、交通の便も良く、生活しやすそうだから(男性24歳/シングル)
取材・文・撮影:井村幸治
公開日 2017年09月20日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る