総合1位 兵庫県西宮市 ~住みたい街ランキング2017~

1位 兵庫県西宮市

2位以下を大きく引き離し、5年連続のトップ
「文教住宅都市」掲げる西宮市は、幅広い層からの支持を集める

5年連続でランキング1位に輝いたのは西宮市。2位の大阪市北区との得点差を広げて、男女やライフステージの違いを問わず、すべての層からトップの支持を得ている。西宮北口、夙川といった「住みたい街」ランキングでも上位に入る人気のエリアがあり、市が「文教住宅都市」を目指すことを宣言していること、そして新築マンションなどの住宅供給も数多くあることから、住みたい行政区として根強い人気を集めている。

西宮市は、阪神間の憧れの住宅地として大正時代から開発が行われてきた。なかでも西宮七園と呼ばれる「甲東園」「甲子園」「甲陽園」「苦楽園」「香櫨園」「甲風園」「昭和園」のエリアは特に人気が高い。市内には阪神甲子園球場や西宮戎神社、門戸厄神、夙川沿いの桜並木、ららぽーと甲子園、阪急西宮ガーデンズといったさまざまなスポットがあり、市外から訪れる人も多い。

市街地は南北に長く、東西に阪急、JR、阪神の各路線が貫くかたちとなっている。阪神甲子園駅では立体交差化を伴うリニューアル工事が進んでおり完成も近い。六甲山の麓に沿うように邸宅街が広がり、海側に向かうにつれて下町情緒が残る街並みに。一方、山を越えた「名塩地区」での住宅開発も行われ、居住エリアが拡大している。また、海岸部では「西宮浜」の埋め立てが行われ、大規模なニュータウンや業務施設に加え、ヨットハーバーの整備もされている。

阪神・淡路大震災が、西宮市が大きく変貌する契機となり、西宮北口駅周辺を中心として復興と再開発が進められた。近年ではアサヒビール西宮工場跡地の再開発計画の検討が進められており、さらなる発展が期待される。

なお、近年は人口増加が続き、市が発表している2017年6月時点の西宮市の推計人口は48万8597人。この人口の増加は「保育施設や公立学校の不足」という新たな課題も生みだすことになり、2016年4月には高木北学校を開校したほか、校舎の増改築といった対策を進めている。それでも追いつかないと想定されるエリアでは「住宅開発抑制」の条例を設けて、開発の延期や変更を求めている。

待機児童対策は早くから進めており、2010年度から「待機児童ゼロ」を目指した取り組みをスタートさせている。結果、2013年度から2年連続でゼロの目標を達成。しかしながら、保育需要の増加によって2015年は76名、2016年は183名、2017年4月時点は323名と待機児童数は増加している。市は子育て環境の一層の充実が政策課題と認識しており、2019年4月までに1500人の定員を増やす方針で、特区制度を利用した公園内保育所も設置する予定だ。

人を惹きつける魅力を備えているから都市だからこそ、こうした課題も生まれる。これからも市がしっかりと問題に向き合うことで、「文教住宅都市」の名はより強固なものになっていくだろう。

みんなが選んだ理由
  • 施設が充実しており、買い物や外食に便利だから。大阪に出るのも便利だから(女性40歳/DINKS)
  • 緑が多い街の印象があり、利便性もいい(女性45歳/シングル)
  • おしゃれなイメージがあり、都心にも近く便利でデパートなども総合施設も充実している(女性31歳/ファミリー)
  • 街の雰囲気が良い。住んでみて不満はほとんどないので(男性42歳/ファミリー)
  • 空気がきれいで、環境整備も自然環境も良さそうだから住んでてストレスがなさそう。おしゃれも程よい(男性38歳/シングル)
取材・文・撮影:井村幸治
公開日 2017年09月20日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る