総合4位 自由が丘 ~住みたい街ランキング2016 関東~

自由が丘

華やかな毎日を予感させる、沿線屈指のオシャレタウン その美しい街並みは、住民の高い環境意識により保たれる

自由が丘

過去最高の4位にランクインした自由が丘。上品で落ち着いた街並みは女性を中心に支持され、もともと好感度の高い街だったが、今年は前回の12位から一気に順位を上げた。ナチュラルテイストからポップ、アンティークまで個性豊かな雑貨ショップが軒を連ね、日本初上陸のカフェも多いことから雑誌などで特集が組まれることが多く、さらには渋谷まで急行で約10分、六本木や銀座へのアクセスも良好で、都心への通勤・通学も便利なことも人気を後押ししている。

また、2009年には、自由が丘商店街を中心に街に緑を増やす「自由が丘森林化計画」がスタート。自由が丘オリジナルの「ルーフ緑化自動販売機」をはじめ、駅周辺の緑化活動やベランダに緑を増やそうと花の種を配布してきた。さらに、排気ガスを減らす狙いで、天ぷら油のリサイクル燃料で走る無料のコミュニティバス「サンクスネイチャーバス」を運行。街全体で環境への配慮を徹底している。自ら快適な住空間をつくりだそうとする、住民たちの環境意識の高さがうかがえる取り組みだ。

自由が丘

駅周辺に目を向けると、自由が丘駅の南側には、ヨーロッパの石畳をほうふつとさせる九品仏川緑道が続いており、寛ぎとゆとりを感じるロケーションが広がっている。ここで毎年4月に行われる「自由が丘さくら祭り」では、300mの緑道沿いにソメイヨシノが咲き乱れるなか、音楽ライブやジャグリングなどのイベントを実施。また、街の北部に広がる「駒沢オリンピック公園総合運動場」でも、「肉フェス」や「世界のグルメ名酒博」などの大型イベントが開催され、住民同士の交流促進という点でも貴重な機会となっている。

住環境を見てみると、賃貸物件はワンルームマンションの家賃相場が8万3000円、1LDK・2K・2DKでは14万5000円。一戸建てのうち、2LDK・3K・3DKのファミリータイプだと、東急東横線沿いのなかでも中目黒に次いで4位の21万7000円となっていて、人気のエリアだけにやや割高だ。持ち家は新築、中古ともにマンション物件は駅近での供給は少ないものの、徒歩20分ほどには中古で3000万円台ほどの物件も散見される。(SUUMO掲載情報より抜粋、2016年3月7日時点)

街を愛する住民自身によって保たれる美しい街並みと、センスあふれるショップを擁する自由が丘。そこでの暮らしは、華やかな毎日を予感させる。

みんなが選んだ理由
  • オシャレなカフェや雑貨店がたくさんあり、楽しく暮らせそう。「小さな街」という印象で、街としての規模も気に入っているから。(女性26歳/DINKS)
  • 渋谷駅まで急行で10分程度しかかからない。駅前には東急プラザほか商業施設も多く発展している。街主催のイベントが多く、この街独自のカルチャーがあると感じられる。(女性30歳/ファミリー)
  • 街並みがきれいでカフェがたくさんあるところ。(女性26歳/シングル)
  • 場所も買い物も便利。外食もカフェも雑貨も何でもすてきな店が多い。(女性41歳/ファミリー)
  • 治安が良さそう。自由が丘は駅の規模が大きすぎず、小さいお店が駅を離れてもあるので、散歩をするだけでも楽しめそう。変わったお店が多くて楽しそうだから。(女性40歳/ファミリー)

■他のランキングを見る

取材・文:やじろべえ 撮影:藤原葉子
公開日 2016年04月27日
最終更新日 2016年09月23日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る