総合1位 恵比寿 ~住みたい街ランキング2016 関東~

恵比寿

30代以上の大人が憧れる、最先端の食と文化の発信地 季節ごとの多彩な催しが、暮らしをより楽しくする

恵比寿

初の総合1位に輝いた恵比寿。男女別ランキングでは男性1位、女性2位となっている。男性からの人気がダントツなのは昨年と変わらないが、今年は女性からの支持も急上昇。女性部門1位の吉祥寺との差はほんのわずかだった。特に30代以上からの好感度が高く、外食やショッピングなど大人が満足できる店の豊富さ、さらにはJR山手線・東京メトロ日比谷線、東急東横線が利用できる抜群の交通事情も根強い人気につながっているようだ。

もともと恵比寿駅周辺は飲食店の数、質ともに充実しているが、毎年のように海外から話題の飲食店が上陸するエリアでもある。昨年も”世界一の肉屋”と評される肉職人「ユーゴ・デノワイエ」の海外初進出店舗をはじめ、世界の凄腕シェフ・名店が恵比寿に新店を構えた。そうした最先端の食のトレンドに加え、2016年春は駅ビルの大幅リニューアルでも話題に。新設されるアトレ恵比寿西館には25のショップが集まるほか、緑と風を感じる屋上「ガーデンテラス」を造成。近隣住民が気軽に立ち寄れる都心の庭が誕生する。

恵比寿

このように、日々新しいニュースには事欠かない一方で、古くからの商店同士の結びつきも強い。毎年秋には商店会主催のビール祭りや神輿、盆踊りなどの催しがあり、地域交流の機会は充実している。ほかにも、「恵比寿ガーデンプレイス」では毎週日曜日にマルシェが開かれ、季節のイベントも多い。例えば昨年は夜の野外映画会(7・8月)、ハロウィン・文化祭(ともに10月)、クリスマス(12月)など、毎月のように何かしらが行われていて、とりあえず足を運べば楽しいことが待っている。これも恵比寿に暮らす大きなメリットといえそうだ。

ネックはやはり生活コスト。特に家賃相場は都心でもトップクラスに高く、マンションの場合、ワンルームで平均11万8000円、1K・1DKで平均13万3000円(SUUMO賃貸/家賃相場より抜粋、2016年3月7日時点)。一方、持ち家も恵比寿駅徒歩10分圏内のエリアだと、50m2以下のファミリーで住むには手狭な中古(一戸建て)でも1億円前後の相場となる。

なお、恵比寿を選んだ人からは、「住むだけでステータスになる」といった声も目立った。ステータスを得るにはそれなりの出費も伴うが、プレミアムな価格に見合う価値を十分に感じられるエリアといえるだろう。

みんなが選んだ理由
  • 高級感とオシャレなイメージに加え、ステータスと資産価値が高い。遊ぶところも充実していて、楽しく生活できそうだから。(男性39歳/DINKS)
  • 交通アクセスの便がいいこと。また、駅前がオシャレで、飲食店も多いこと。住宅街は閑静で落ち着いた一戸建て住宅があり、便利でありながら、住み心地がいい街だから。(男性41歳/シングル)
  • 洗練されていながら昔ながらの景観や趣を保持している場所というイメージがあり、かつ都心から遠くもなくゴミゴミしすぎていないところ。(女性24歳/DINKS)
  • きれいな景観、女性に人気のある場所なので一人暮らしでも心配なさそう。(女性48歳/シングル)
  • 派手さはないものの街全体が上品さを感じて女性の一人暮らしに向いていそう。古くからある老舗の商店が魅力的。(女性48歳/シングル)

■他のランキングを見る

取材・文:やじろべえ 撮影:藤原葉子
公開日 2016年04月27日
最終更新日 2016年09月23日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る