【省スペース編】狭い空間をフル活用して暮らす 4つのポイント

【省スペース編】狭い空間をフル活用して暮らす 4つのポイント

コンパクトな部屋でも、工夫次第で広く暮らすことは可能。基本のセオリーを押さえたら、間取りや好みに合ったアイテムをプラスすればOKだ。今回は建築家の松下希和さんに、部屋のスペースを効率的につかう、インテリアの基本を教わった。

ポイント1 コンパクトなものを選んで省スペース化

コンパクトなものを選んで省スペース化

家具が小さければ、当然ながら使える空間は広くなる。ただし、むやみに小さいものを選んで持ち物を収納しきれず、部屋が乱雑になっては本末転倒。どの家具を小さくすべきか、ライフスタイルに応じて考えたい。「盲点なのがベッド。日本製のベッドは意外と大きめのものが多いので、大きさにこだわらない人はヨーロッパ製を選ぶのもいいでしょう」

ポイント2 高さを利用した見せる収納

高さを利用した見せる収納

限られたスペースで十分な収納を確保するには、高い場所を活用するのが手。「ただし高い位置の収納は出し入れしにくいため、使用頻度の低いコレクション物などを置くといいでしょう」。物件選びの際は、天井高にも注目を。高いほど空間に余裕ができ、すっきりと見える。

ポイント3 ひとつの家具を複数用途に兼用する

ひとつの家具を複数用途に兼用する

ひとつの家具を複数の用途で使えば、そのぶん省スペースに。「『リビングにはローテーブルとソファ、ダイニングにはダイニングテーブルがあるべき』という固定観念を捨てること。大きなダイニングテーブルとソファを組み合わせて、食事空間とくつろぎ空間を兼ねるのもいいでしょう」。こういった食卓とくつろぎの場を兼ねるラウンジスタイルは有効だ。

ポイント4 バルコニーを居住空間の延長として活用する

バルコニーを居住空間の延長として活用する

バルコニーは意外と見過ごされがちな空きスペース。タイルやウッドデッキを敷けば、リビングの延長として活用できる。「バルコニーは収納スペースとしても重宝します。スポーツ用品やアウトドアグッズなど、外に置いてもいいものはバルコニーへ収納を」。マンションの場合は管理規約を確認した上で、柱や室外機の裏に置いたり、屋外用の収納ボックスを活用すれば、見た目もうるさくない。

関連記事リンク

・家をすっきり見せる工夫を紹介する、視覚効果編はこちら

SUUMO新築マンション首都圏版 2016年11月1日号から抜粋

※SUUMO新築マンションのラック設置エリアはコチラ

取材・文/工藤花衣 イラスト/小幡彩貴 デザイン/taraco design
公開日 2016年12月22日
最終更新日 2017年01月04日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る