自分にピッタリな書斎を見つける方法 レイアウトやインテリア、広さはどうしたらいい?

自分にピッタリな書斎を見つける方法 レイアウトやインテリア、広さはどうしたらいい?

家でもマンションでも、マイホームを持つとなると自分の書斎が欲しいという人は多いのでは? しかし書斎ってどれだけ広さがあればいいんでしょう? どんなカタチが使いやすい? 自分にピッタリな書斎のサイズやカタチを見つける方法を、リノベーション会社のスタイル工房・プロデューサーの渡辺さんに教えてもらいました。

最近の書斎のレイアウトとは?

現代版の書斎とは?

書斎とは、本来は読書や執筆などをするための部屋を指します。そのため、天井まで届くような本棚に囲まれて、中心に机と椅子を置き、紅茶を飲みながら好きな本を開いて……というようなイメージを思い描く人も多いと思いますが、最近はどうやら少し様子が違うようです。「もちろん従来のような書斎を求める方もいらっしゃいますが、最近は『家で仕事をしたい』というニーズから、書斎を求める方のほうが多いです」と渡辺さん。

理由としてはリモートワーク(在宅勤務)など、働き方が様変わりしたこともあるでしょう。夫だけでなく、妻も仕事をするようになり、家事の合間に仕事をしたいというニーズも増えています。

また、個室としての書斎よりも、仕切り壁やドアのないオープンなレイアウトの書斎が増えています。かつては独立していたキッチンが今ではオープンなリビング・ダイニング・キッチンが増えてきたように、個人の時間よりも家族と触れ合う時間を重視するようになったなど、ライフスタイルの変化もあるでしょう。

一方で、こうしたライフスタイルの変化によって、「書斎をつくるスペースがあるなら、その分リビングを広げたい」という陣地の取り合いが行われ、書斎よりリビングが優先される、ということも想像に難くありません。

その他にも理由はありそうですが、リビングダイニングに接するオープンなスペースや、そのほかの居室の中にレイアウトされた、ワークスペースとしての書斎(もちろん個人的な時間もつくれるスペース)が増えているのは確かです。

現代版の書斎のレイアウトは主に3パターンある

では、具体的にどんな書斎のレイアウトがあるのでしょうか。現在では主に下記の3つのレイアウトパターンがあります。

【書斎のレイアウト】

(1)個室:従来の「書斎」からイメージされるような個室

(2)少し仕切ったスペース:リビングやキッチンなどに接したスペースに、ドアはないけれど、仕切り壁や家具などで周囲と少し区切られたレイアウト

(3)オープンコーナー:リビングやキッチンなどの一部にテーブル等を設けて椅子を置いただけのスペース

「(2)や(3)はリビングやキッチンだけでなく、例えば寝室内や、寝室に通じるスペースに設けるなど、位置はその人の使い方次第です。書斎やワークスペースでどんな過ごし方をしたいのかによってレイアウトはさまざまなパターンがあります」

(1)書斎
イギリスのクラシカルな部屋をイメージした書斎
イギリスのクラシカルな部屋をイメージした書斎(画像提供/スタイル工房)
(2)少し仕切ったスペース
リビングの一部を書斎コーナーに
リビングの一部を書斎コーナーに。収納家具でゆるく仕切り、家族の気配を感じながら仕事ができる(画像提供/スタイル工房)
(3)オープンコーナー
リビング内に家族で使えるカウンターデスクを設置
リビング内に家族で使えるカウンターデスクを設置。将来は子どもの勉強机としても使える(画像提供/スタイル工房)

現代版書斎のつくり方

何をしたいスペースか?を明確にする

「最近多いのは、家族みんなで使うワークスペースです。LDKのリビングの一部に(3)のオープンコーナーを設け、子どもたちはそこで宿題などをしたり、親は家計簿をつけたり、持ち帰った仕事をかたづける、というように多目的に使えるようにします」

一方で「子育てを終えた夫婦2人の場合は、夫婦共有の書斎が欲しいという要望もあれば、夫婦それぞれの時間を楽しみたいという理由で、別々に書斎を持ちたいという要望もあります。また妻が家で仕事と家事を両立できるようにと、キッチンと洗面所の間、つまり家事動線上に(2)の少し仕切ったスペースを設けた例もあります」

このように書斎(ワークスペース)のレイアウトは「いつ・誰が・どれくらい(時間)・どのように使いたいのか」によって変わります。「例えば家族みんなで使うなら、日中から使うでしょうから日当たりの良さを考慮した位置がいいでしょうし、帰宅して寝る前にしか使わないのであれば、日当たりではなく就寝前の動線を考えたほうがいいでしょう。またじっくり仕事や読書をしたい人と、家事の合間や就寝前に少しだけしたいという人では、必然的に広さや位置などが変わってきます」

つまり「いつ・誰が・どれくらい(時間)・どのように使いたいのか」を施工会社に伝えることで、理想的な書斎のレイアウトを提案してもらいやすくなります。この辺は、他のリビングや寝室といった他の部屋のつくり方と変わりがありません。

収納スペースをリフォームした書斎
リフォームで夫婦それぞれの書斎を用意した例
リフォームで夫婦それぞれの書斎を用意した例。写真は和室の出窓と収納だった部分を活用した妻の書斎(画像提供/スタイル工房)
家事室を兼ねた書斎
洗面室の隣に妻用の家事室兼書斎を用意
洗面室の隣に妻用の家事室兼書斎を用意。洗濯機も置かれている(画像提供/スタイル工房)
寝室に設けた書斎
寝室内に書斎を配置
夫の要望で寝室内に書斎を配置。横一杯に広がる収納棚とカウンターデスクは造作(画像提供/スタイル工房)

書斎は自分の好みをインテリアに反映させやすい

(1)個室の場合は、そのスペースを主に使う人は限られるわけですから、使う人の個性を思い切り表現しやすい空間になります。「それこそ『私の好きにさせて!』で構いません」。どんな空間にしたいのか、雑誌やインターネットなどで好みの書斎を見つけて、その写真をもとに施工会社にお願いしてみましょう。

一方で(2)少し仕切ったスペースや(3)オープンコーナーの場合は、リビングなど隣接するスペースとのインテリアとコーディネートしたほうがいいでしょう。

また何を置くかも重要です。例えば蔵書が多いのであれば既成品ではなく天井まであるような造作本棚を設けたほうが空間をスッキリさせることができます。「本など書斎に置きたいものが決まっているなら施工会社に伝えたほうがいいでしょう。私たちの場合、なるべくプランニングの段階で所有されている本や置きたいものの大きさや量をすべて教えてもらうようにしています」

家具職人と作った書斎
ウォールナット材で家具職人が造作したオリジナルの机と本棚
ウォールナット材で家具職人が造作したオリジナルの机と本棚(画像提供/スタイル工房)
壁一面の本棚を造作
机や壁一面の本棚を設置
机や壁一面の本棚を設置
リビングを家具やアイアンなどで書斎をつくり、机や壁一面の本棚を設置。造作の本棚は所有している蔵書の量をあらかじめ調べて作成(画像提供/スタイル工房)

本だけでなく、飾りたいミニカーや模型といった趣味のものなど、書斎に飾りたい・置きたいものをできる限りすべて施工会社に見せたほうがいいでしょう。

なお、キャスター付きのイスを使いたい場合、フローリングを傷めてしまうので「基本的にはコルクタイルや絨毯をオススメしています。しかし中には、むく材でも節のあるタイプならあまり傷がついても気にならないという方もいらっしゃいます」

このように現代の書斎のレイアウトは、使う人それぞれの位置やカタチ、インテリアがあります。個室にこだわらなければ、敷地や専有面積の制限があっても、自分だけの城=書斎を持つことも可能です。もしも「書斎が欲しいけれど、家族に言いにくい」のであれば、(2)少し仕切ったスペースや(3)オープンコーナーならどうか、家族に話してみてはいかがでしょうか。

新築マンションを探す
中古マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
取材・文/籠島康弘
公開日 2019年10月07日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る