キレイが続く洗面所収納にしたい! 片付けのプロに聞いた散らからない収納のコツとは? 

タオルや洗面道具など、こまごまとしたものが多い洗面所。今ある棚をどう使えば片付くのでしょう。また、これから家を建てたり、リフォームする場合の洗面所収納のプランニングのポイントは? おしゃれで、ラクに片付けられる洗面所づくりを、おうちスタイリスト(R)の米村大子さんに聞きました。

洗面所はどうすれば片付くの? タオルや小物の収納アイデアは?

洗面台や洗面所の収納、どこに何をしまえばいい?

洗面台の上は、歯ブラシやコップ、化粧品やヘアケア用品など、細かなモノがズラリ。掃除もしにくく、見た目もごちゃごちゃになりがちです。
「最近は、使う歯磨き粉が一人ひとり違ったり、男性でも化粧水を使ったりで、モノが多くなりがちです。洗面台の引き出しや造り付けの棚、100均で売られているアイテムを工夫して、すっきり片付いた洗面所にしたいですね」(米村さん、以下同)

では、どこに何をしまえばいいのか、見ていきましょう。

(1)洗面カウンター下
洗剤やシャンプーなどのストックを。引き出しタイプなら、タオルやコットン、綿棒など頻繁に使うこまごましたものを。
(2)鏡の裏
化粧品や歯磨き道具が収納できるようになっている洗面台が多い。開ける扉が1カ所で済むよう、「夫は右の鏡の裏、妻は左の鏡の裏」、「男性は右、女性は左」など、もの別ではなく、人別で分けると効率的。
(3)洗面台の正面パネルや壁面
通風の良いところに置きたい歯ブラシは、壁面などにつるしておくのがオススメ。「吸着盤の付いたフックなどが100均で売られています」
(4)造り付け収納
タオルや下着、パジャマなど、入浴時、入浴後に使うものを収納。洗濯、乾燥、収納が洗面所1カ所で完結すれば家事の時短になる。造り付け収納がない場合は、隙間収納用の家具などを利用すればOK。

【洗面所収納の鉄則その1】頻繁に使うものは出し入れしやすい場所に

水はねやメイク用品の粉などで、意外に汚れがちな洗面台や洗面所。掃除をするときに、ものを移動する手間がないよう、洗面台の上に置かずにできるだけ収納してしまうとスッキリ。
「手が届きやすい引き出しや棚にはよく使うモノを、出し入れの際にかがんだり、しゃがんだりする場所にはストックを収納すると効率的です」

洗面台の引き出し。上の段にはタオルや綿棒、コットンなど細かなもの、頻繁に使うものを収納。使ったタオルは洗面所内の洗濯ものカゴへ。下の引き出しには掃除用具のほか、ボディソープやシャンプー、ティッシュのストックを収納(撮影協力/LIXILショールーム札幌)

【洗面所収納の鉄則その2】色や質感をそろえる

「洗面所は色が氾濫しがちな場所です。歯ブラシの色や、歯磨き粉のパッケージ、いただきものの華やかな色柄のタオルなど、質感や色がバラバラのものが目に入ると落ち着きません。小物類は同色や同系色でそろえる、ステンレスやアクリルなどの素材感をそろえるだけで、おしゃれな空間になります。気になるなら、簡単な方法としては歯磨き粉のラベルは剥がしてしまう、ハンドソープはシンプルなボトルに詰め替えるなどのひと手間で、スッキリした空間を楽しめます」

白いタイルに合わせて、歯ブラシやコップなどを白で統一

最近のシステム洗面化粧台の収納プランはどうなっている?

収納量や収納アイデアが進化中

最近のシステム洗面台には、収納量や使い勝手を考えたアイデアが盛り込まれています。どんな商品があるのか、各社のホームページやショールームでチェックしてみるといいでしょう。ここでは、アイデアの一部をご紹介します。

・排水管の工夫で洗面台下の収納量が進化
(写真左)鏡の裏や配管、けこみ部分などのスペースが工夫によって収納スペースになっている洗面台。TOTO「洗面化粧台オクターブ」。(写真右)排水管の形状をシンプルにして奥へ配置することで、引き出しの奥行きが広がった。奥ひろ収納「奥ひろし」(画像提供/TOTO)
・スッキリ収納できるもののバリエーションが進化
洗面台の「けこみ」部分に、体重計を収納できる。引き出しには車輪が付いているので出し入れがスムーズ。TOTO「洗面化粧台オクターブ」(画像提供/TOTO)

隠す収納or見せる収納。収納の楽しみ方が進化

鏡や中の見えない扉で隠す収納スペースがあり、パタンと閉めるだけでスッキリした空間になる「隠す収納」。オープンな棚で、収納するもののデザインや色をそろえたり、小物を飾ったりと楽しむ「見せる収納」。住宅設備メーカーから発売されているシステム洗面台では、さまざまなデザインプランやオプションで「隠す収納」「見せる収納」のどちらも楽しめるようになってきています。

・「隠す」or「見せる」。選べる収納に進化
3面~6面の種類がある多面鏡タイプの洗面化粧台。INAX(LIXIL)「洗面化粧台 ルミシス」(画像提供/LIXIL)
(写真上)鏡の裏は収納スペース。60mm刻みで棚板の位置を変えられる。(写真下)鏡が左右にスライドタイプも選択可能。「隠す収納」と「見せる収納」の両方を楽しめる。INAX(LIXIL)「洗面化粧台 ルミシス」(画像提供/LIXIL)

家事効率もUPする、洗面所の間取りプランは?

ランドリールームやクローゼットとつなげれば洗濯や片付けが時短に

洗面所に洗濯機を置いてランドリールームと兼ねてしまえば、朝の洗面で使ったタオル、夜の入浴時に脱いだ下着は、そのまま洗濯物かごの中へ。物干しスペースやクローゼットなどの収納スペースもあれば、洗濯、乾燥、衣類やタオルの収納まで、同じ空間ですることができます。洗濯ものを干しに移動したり、タオルや下着、衣類をそれぞれの部屋や収納場所に運んだりといった手間がなくなります。

新築やリフォームで、洗面所の広さを大きめにとれそうなら、洗面所、ランドリールーム、クローゼットが一体になったスペースを考えてみるのもよさそうです。

洗面所に洗濯機置き場、物干スペースを確保したプラン。洗面ボウルの横に幅広のカウンターをつくり、アイロンがけもできるようにした(写真撮影/長澤力)
タオルや衣類を収納するクローゼットにもつながっている。乾いた洗濯ものは、その場でアイロンがけをし、畳んだりハンガーにかけたりして収納(写真撮影/長澤力)

こまごまとしたモノで散らかりがちな洗面所は、片付けやすい収納方法や洗面台選び、間取りでスッキリ片付け。掃除もしやすくキレイをキープできます。一日中気持ちよく使え、お客様が使うときもあわてなくてすむように、収納の工夫をしてみましょう。

注文住宅の会社を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
新築マンションを探す
中古マンションを探す
リフォーム会社を探す
賃貸物件を探す
取材・文/田方みき  イラスト/梶谷聡美
公開日 2018年12月26日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る