おもてなし上手な家 ママ友編

おもてなし上手な家 ママ友編

両親や友人が家に遊びに来る機会は意外に多いもの。しかし、人を家に招くのに抵抗がある人は6割以上に及ぶ(※住宅購入経験のある北海道、宮城県、広島県、福岡県の男女200人に調査/2016年実施、SUUMOマガジン編集部調べ)。今回は、友人が遊びに来たときに楽しめる家のポイントをご紹介。一級建築士の佐川さんにお話をうかがった。

ママ友とわが家でティータイム。マネしたいポイントは?

■迎える側の場合

イラスト

■訪れる側の場合

イラスト

ママ友とティータイムを楽しめる家のポイント

キッチンの位置や広さ、動線などを意識

「通常、シンクから背後までのスペースは90cmくらい。ここを1mにすると、複数人での作業もグッと楽になります」(佐川さん・以下同)また作業台が広く、オープンなカウンターキッチンなら共同作業にも便利。話しながら配膳を手伝ってもらいやすくなる。

壁や床の素材には掃除しやすいものを選択

小さい子どもはどうしても汚してしまうもの。「床には傷のつきにくいコーティングをしたり、積層合板、壁には凹凸の少ないビニールクロスを選んでおけば、汚した後のお掃除もラクです」。ゲストが小さな子ども連れでも、気兼ねなく遊んでもらえる。

来客用駐車スペースが確保できるかをチェック

一戸建ての場合は駐車可能台数に余裕があると◎。「マンションの場合は来客用駐車場がある場合が多いので、利用するにはどんな手続きが必要かを確認しておきましょう」。そうでない場合は駅・バス停
まで迎えに行くなどの配慮も。

「みんなで楽しく作業したい」「子連れのゲストに気を遣わせたくない」など、いざ友人を招くとなると気になることがでてくるもの。家を選ぶときに、家族の住みやすさはもちろん、もてなす際の観点ももっておくと、ゲストが訪れたときにも、より楽しい時間を過ごすことができます。

今回アドバイスしてくれた専門家
佐川 旭さん

マンションから一戸建てまで詳しく、「間取り博士」と呼ばれるベテラン一級建築士。All About「家を建てる」ガイドを務め、公共建築なども手がける

関連記事リンク

2016年12月14日 SUUMOマガジン札幌版より転載

構成・取材・文/小松七恵 イラスト/沼田光太郎 
公開日 2017年05月26日
最終更新日 2017年09月07日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る