クローゼット収納術。これなら片付けられる!ウォークインクローゼットの整理方法とアイデアをプロに聞いた

クローゼット収納術。これなら片付けられる!整理方法とアイデアをプロに聞いた

気を抜くと、洋服やバッグ、小物でぎゅうぎゅうになってしまうクローゼット。どこに何を収納したか分からなくなったり、買ったまま忘れていた洋服が季節はずれに出てきたり。多くの人が悩んでいるクローゼットの整理方法。片付けやすく取り出しやすい収納術を、おうちスタイリスト(R)の米村大子さんに聞きました。

ウォークインクローゼットと壁面クローゼット。収納量はどう違う?

収納効率で選ぶなら壁面クローゼット

洋服などをまとめて収納しておけるクローゼット。衣類を収納する場所が決まっていると部屋の中に脱いだものが散乱せず、すっきり片付くメリットがあります。ところが、そのクローゼットの中が片付かずに困っている、という声は多いもの。そこで、整理や収納アイデアを学ぶために、まずはクローゼットのタイプ別に使い勝手のメリットやデメリットを知っておきましょう。

壁の一部を凹ませて設ける幅約170cm、奥行き約60cmの壁面クローゼットと、2畳程度の小部屋をクローゼットとして使用するウォークインクローゼット。収納量が多いのはウォークインクローゼットですが、床面積当たりにしまえる洋服の量は壁面クローゼットのほうが多いのです。

「壁面クローゼットは内部のすべてが収納スペースですが、ウォークインクローゼットの場合は、中に人が歩けるスペースが必要で、そこにはモノを置くことができません。つまり、家の中で同じ床面積を収納に充てるとすれば、ウォークインクローゼットを多くするより、壁面クローゼットを増やすほうが収納効率は高くなるのです」(米村さん、以下同)

壁面クローゼット
内部のすべてを収納スペースにできる壁面クローゼット。ただし、折り畳みタイプの扉は内側のモノが取り出しにくい難点がある(画像/PIXTA)
ウォークインクローゼット
たくさんモノを収納できそうなウォークインクローゼットだが、斜線の部分はモノを置かないのが鉄則(画像/PIXTA)

収納効率は壁面クローゼットのほうがいいのに、ウォークインクローゼットにニーズがあるのはなぜなのでしょう。

「和室が減ってきていることに要因があります。和室がないと押入れもなく、お客様用の布団や季節外の布団をしまう場所に困ります。そこで、奥行きのあるモノもしまいやすいウォークインクローゼットに人気があるのでしょう。ウォークインクローゼットは洋服以外にも、季節外の家電などかさばるものをしまうのに便利です」

家のタイプ別に考えたいクローゼットのポイント

注文住宅は場所や用途でクローゼットのタイプを使い分け

洋服や下着類など奥行きが必要ないものなら壁面クローゼットを、かさばる布団などもしまいたい部屋にはウォークインクローゼットをと、収納するモノと場所を考えるのが床面積を無駄無く使うためのポイント。そのほか、注文住宅なら、2つの子ども部屋の間にどちらからも出入りできるウォークスルークローゼットを設けると、きょうだいで共有するモノが多い場合にぴったりです。

「オススメなのは洗面室に家族共用のクローゼットをつくること。帰宅して手を洗ってから部屋着に着替えたり、入浴時に下着を洗濯機に入れてお風呂あがりにパジャマになったりするときに便利。洗濯、乾燥、畳んでしまうのも1カ所ですむので家事効率がアップします」

イラスト
下着やパジャマ類は洗面室に収納すると便利。クローゼットの中を、家族それぞれの引き出しケースやカゴで分けておくと使いやすい

賃貸住宅でクローゼットがない場合は押入れを活用

クローゼットのない賃貸住宅の場合、押入れに余裕があれば突っ張り棒やカラーボックス、引き出し収納ケースなどを活用して、クローゼット代わりにする方法もあります。
「押入れは奥行きがありますから、手前と奥で分けてよく使うものは手前に。縦半分で分けて片側をクローゼットに、もう片側は布団などの収納にして、戸を一度開けるだけで身支度がすむようにすれば、慌ただしい朝にバタバタしません」

イラスト
押入れをクローゼットとして活用した例。普段使わないモノは上や奥に収納。よく使うものは手前に(画像提供/おうちスタイル札幌)

子どもの独立後などは部屋をまるごとクローゼットに

使わなくなった子ども部屋など、活用していない部屋がある場合は、その部屋をウォークインクローゼットとして使うのもいいでしょう。
「わが家も、玄関を入ってすぐの部屋に、各自の部屋にあったタンス類を移動して、共用のウォークインクローゼットにしています。届いた荷物を仮置きしたりするにも便利です。部屋のドアを取り外しておけば、風通しもいいですし、出入りもラクなんですよ」

整理しやすく取り出しやすいクローゼットのアイデアや便利グッズ

「人別」「季節別」「目的別」に収納場所を分ける

どこに何が収納されているかがひと目でわかり、取り出しやすく片付けやすいクローゼットにするには、収納しているモノに最短でアプローチできるように区分けをすることがポイントです。

例えば、家族で共用するクローゼットなら、左半分を夫の衣類、右半分を妻の衣類、というようにスペースを「人別」に分ける。秋冬物と春夏物など「季節別」に分ける。左半分にスーツ、右半分に普段着など、「目的別」で分ける、などの工夫で整理も出し入れもしやすいクローゼットになります。

「人別」に分けたクローゼット
「人別」に分けたクローゼット
左を夫のもの、右を妻のものに分けた「人別」の収納方法。片側の扉を開ければ、自分のものをすべて見渡せる
「季節別」に分けたクローゼット
「季節別」に分けたクローゼット
季節別に分けた「季節別」の収納方法(左:秋冬物 右:春夏物)。引き出しケースは季節外のモノを奥へ。衣替えの時期に手前と奥を入れ替える。キャスター付きにすると便利
「目的別」に分けたクローゼット
「目的別」に分けたクローゼット
休日と仕事など場面によって服装が違う人に便利な「目的別」の収納方法(左:休日用 右:仕事用)。「普段用とお出かけ用」「通学用と休日のスポーツ用」など、自分の使いやすいように分けるのがオススメ

下の写真はなんとなく雑然としていたクローゼット内を、「人別」で分けたケース。もともと収納スペースとしては余裕がありましたが、夫と妻の衣類が区別されることなく収納されていました。そこで、左側に夫のもの、右側に妻の物を収納。オレンジ色のケースにはバッグなどの小物を入れてあります。夫は左の扉だけを、妻は右の扉だけを開けて、その位置から動かずに身支度を完了させられます。

Before
Before
After
After
左に夫の衣類、右側に妻の衣類を。「人別」に分けて収納したケース(画像提供/おうちスタイル札幌)

可変性のある棚やポール、グッズを活用

「新築マンションや新築建売では、クローゼットにポールや棚がついていない場合があります。引き渡し前に設置してもらったり、入居後に自分で収納家具を入れたりなど、使いやすいようにアレンジできるのはメリットです。家族構成やライフスタイルの変化で収納するモノや量も変わってきますから、自分でアレンジする場合は、棚板の位置を変更できる可動棚にしたり、長さを調整できるポールなど可変性のある収納グッズを活用したりすることで、片付けやすいクローゼットをキープしやすくなります」

下の写真の収納棚は、棚板位置が細かく変えられるもの。
「棚には、ニトリや無印良品、100円ショップなどで売られている収納ケースを。棚の奥行きが深い場合は、それに合わせたケースにすると、引き出しの奥のモノが取り出しにくくなります。奥行きの半分以下のケースを使い、奥には季節外や普段使わないモノを入れたケース、手前には今使うモノを入れたケースに分けておくと使いやすいですね」

また、1度着たけれど、まだ洗濯するほど汚れていない衣類を収納ケースに戻すのは抵抗がある、という場合は、カゴを用意して、洗濯するまでの仮置き場にしておくのがオススメ。

家族共用クロゼット
ウォークインクローゼット内に棚を造作。収納したいモノに合わせて棚板の枚数や位置を変えられる。左下のカゴは一度着た洋服が入っている(画像提供/おうちスタイル札幌)

そのほか、収納用品以外のグッズも、クローゼット内で活躍します。
「使っていないエコバッグをポールからS字フックで吊り下げてタイツやストッキングを入れたり、A4の書類を入れるためのファイルボックスにバッグや帽子を入れたりもオススメです」

仕事着クロゼット
ファイルボックスに普段使わないバッグや帽子を入れてクローゼットの奥へ。型くずれも防げる(画像提供/おうちスタイル札幌)

また、ポールが足りなければ100均で買えるS字フックと突っ張り棒を使った簡単なDIYで増やすことも可能。
「子どもが上のポールに手が届かないうちは、こんなふうに、低い位置に子ども専用のコーナーをつくってあげるといいでしょう。突っ張り棒は長さを変えられる点も便利ですね」

S字フック
S字フック2本で突っ張り棒を吊るしただけで、丈の短い洋服がたくさん収納できるように(画像提供/おうちスタイル札幌)

クローゼットは、収納するモノの奥行きや長さをそろえることで、空間に空きをつくることができます。
「空いた空間で何ができるかを考えてみるといいでしょう。引き出しケースやファイルボックスを置いて収納量を増やしてもいいですし、わざと空けておいてアクセサリーと鏡を置く場所をつくってもいいでしょう。片付けるときや取り出すときに、どうすれば自分がラクかを考えると、よいアイデアがみつかるかもしれません」

まとめ

収納効率が高いのは壁面クローゼットだが、奥行きのあるモノをしまうためにウォークインクローゼットがあると便利

「人別」「季節別」「目的別」に収納場所を分けると使いやすい

棚やポールは家族構成の変化に合わせて移動できるものがオススメ

●取材協力
米村大子(よねむらひろこ)さん

おうちスタイリスト(R)。整理収納アドバイザー1級、住宅収納スペシャリスト・整理収納アドバイザー2級認定講師のほかに風水インテリアアドバイザー・宅地建物取引士などの資格をもち、自身の主婦経験と子育て経験を活かした段取り良く丁寧に暮らすシステムづくりを提案している
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
新築マンションを探す
中古マンションを探す
注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
取材・文/田方みき イラスト/梶谷聡美
公開日 2019年05月30日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る