マイホーム購入と「親」との関係

マイホーム購入と「親」との関係

マイホーム購入で親に相談する人は3割

住まい探しの情報を得るのに誰と相談しましたか?

■住まい探しの情報を得るのに誰と相談しましたか?(複数回答)
※2011年7月リクルート調べ(回答数2197名)

データでみると、3人に1人は親に相談している。この割合は、夫(妻)についで二番目に多く、友人・知人やプロである不動産会社より多い。

「私よりもむしろ母のほうが乗り気でモデルルームに一緒に行ってました」(39歳女性)のように、最初から相談した人もいれば、「最後迷ったときに、親ぐらいの年齢になっても住みやすいマンションはどっちか相談しました」(32歳女性)など、最後の最後で相談するなど段階はいろいろ。

「相談はしていない」という人のなかでも、最終的に決める前に「こんな物件にした」と報告する人は多いよう。
ただし、相談しない人も7割近くいる。「実家は遠方で、援助も考えていなかったから、まったく相談しなかった」(36歳男性)、「妻も僕も地方出身で、すでに生活の拠点が東京に移って長いので、相談しても仕方ない」(38歳男性)、「私の親はもう年金生活で援助は期待できないし、遠方なので特に相談する必要がなかった」(40歳女性)など、家が遠方の場合や、資金援助を最初から期待しない場合は、相談しないことが多いようだ。

親に相談したほうが援助をしてもらいやすい?

新居と実家の距離について「相談した人」と「相談しなかった人」資金援助に差はある

■新居と実家の距離について「相談した人」と「相談しなかった人」資金援助に差はある
※2011年6月リクルート調べ
(全国,入居して1年未満の住宅購入者300人にアンケ-ト)

親に相談する内容は「エリア選び」と「資金援助」が重要なキーワードになっている。
例えば「帰省時に親から”近くに住んだら、援助してあげるよ”と言われたことが住宅購入のきっかけに」(27歳女性)など、実家近くに住むなら資金援助してもらいやすくなるようだ。ちなみに「実家との距離について親と相談した人」と「相談しなかった人」で分けると、相談した人のほうが援助を受けられたケースが多い。

親からしてみれば「相談してくれれば何かしら援助をする準備はできている」といったところかもしれない。新築マンション購入の無料相談会を開催するスーモカウンターでも、親と一緒に相談を受けるケースもあるようで、「特に親御さんが資金援助をされる場合ですね。スタッフがいることで、お互いの希望も言いやすく、その場で相場や物件価格の詳細も分かるので、援助の金額の目安が分かりやすいようです」とスーモカウンターのスタッフは証言する。

一方、「夫の親はすぐ近くに住んでほしかったようだが、私は避けたかった。夫を通して、通勤時間や保育園の空き事情から無理と説得した」(35歳女性)、「お互いの実家の中間地点で検討していたが、夫の親は近くに住んでもらえると思っていたようで、”いずれ同居するつもりもある”と納得してもらった」(38歳女性)など、親の期待通りの立地を選ばない場合も、何かしら説明をし、説得しているケースもあるようだ。

Case study ~親に相談・親のリアクションは?
母が家を見るのが大好きで、私のほうがモデルハウスに連れて行かれました。だからノリノリ。「駅から近いマンションか、広い一戸建てか」私たち以上に悩んでました(笑)(31歳女性)
契約直前、本当に買っていいのか不安になって相談したら、親も物件を気に入ってくれて一安心。でもローンは大丈夫か心配して、少しだけ援助してくれました(32歳女性)
独身で家を買うからか、父親はちょっと渋い顔をしたけれど、母親はいいじゃないと喜んでくれたのが私もうれしかった(36歳女性)
東京で暮らして20年。さすがに地元に戻ってくるとは思っていなかったようだけど、家を買うことで決定的になったようで、オヤジは少しさみしい様子だったなぁ(38歳男性)
最初は「ふ~んあらそう。まあ好きにしたら」というリアクションだったけれど、買った後は、やっぱり気になるようで夏休みに上京し、見にきました。充実した共用施設に感動し、「ちゃんとしたところに住んでいるのね」と安心して帰っていきました(28歳女性)
取材・文/長谷井 涼子 イラスト/末続 あけみ
公開日 2011年08月31日
最終更新日 2016年10月06日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る