ハウスソムリエ直伝 現地見学のツボ

ハウスソムリエ直伝 現地見学のツボ

先輩たちの重視項目をプロの目線からチェック!

現地見学をする時には、おそらくリビングの広さや日当たりのよさ、収納などを重点的に見る人が多いはず。ただし、ぼんやりと見るだけじゃダメ。ポイントを絞って見学したい。
そこで3人のプロがハウスソムリエとして、アドバイスしてくれた。例えば、快適な空間にこだわるならどこを見たらいいのか。子育て中、または子育て予定ならどんな点を重視したらいいのか。そして共働きなどで家事ラクラクの家が希望ならどこを見るか。そこにはプロならではの目線がある。それぞれのアドバイスを参考にして、早速現地見学へ出かけてはどうだろうか。

家づくりのプロが指南 居住空間の快適さ

家族の変化に対応する可変性があるかをチェック
快適なリビングかどうかを見分けるポイントは、「レイアウトを2、3パターン変えられるかどうか、可変性と言い換えてもいいでしょう」と佐川旭さんは強調する。一体、どういうことなのか。「家族は成長するし、好みの変化もある。そうした変化に対応できるのが、ゆとりある空間です。そこに明るい光が差し込み、気持ちのよい風が通ればベストです」(佐川さん)。現地では広さはもちろん、レイアウトしやすい形か、また天井高も圧迫感がないか確認したいとアドバイスする。

レイアウトは変えられる?

写真

具体的にはダイニングテーブルとソファのレイアウトを2、3パターン考えられるといい。そのためには少し長方形のリビングのほうが使いやすく、家具等を付けられる壁も一定量欲しいという。「新居での生活スタイルをきちんと思い浮かべてリビングを考えましょう」

日差しはリビング内に届く?

写真

比較的簡単に日当たりをチェックする方法がある。日頃から床面に対して約35度の角度を感覚的に身に付けておくことだ。「真冬の日差しは床に対して35度が目安。一戸建てなら庇(ひさし)から、マンションなら上階バルコニーの先端から35度をイメージ、その辺りまで日差しが届きます」

風の通り道はある?

写真

複数の窓があれば風の出入り口ができ、湿気を防ぐので快適で健康的な空間になる。しかし、一戸建てはともかく、マンションでは角部屋でない限り、なかなか難しい。「玄関ドアや外廊下側の窓や雨戸にスリットなどで風が抜けるよう工夫されているかがポイントです」

必要な収納はある?

写真

「リビングに限らず、快適な空間には適切な収納が不可欠です」。ここで重要なポイントは”適切な”という部分。リビングの収納には、新聞や雑誌、子どものおもちゃをしまうことが多い。したがって大型の収納ではなく、ちょっとした収納で十分というわけだ。

マンションはココも!

写真

構造上の出っ張りを確認する
マンションに付きものなのは柱や梁など、構造上の出っ張りだ。これが結構やっかいで、下の階ほど太く、大きいのが基本。「思ったよりも圧迫感を感じる大きさだったり、背の高い家具が置きにくかったりするので、実際に確かめてください」。収納や洗面室、トイレにも出ているケースも。

一戸建てはココも!

写真

多彩な窓で快適度アップ
「リビングに限らず、快適な空間には適切な収納が不可欠です」。ここで重要なポイントは”適切な”という部分。リビングの収納には、新聞や雑誌、子どものおもちゃをしまうことが多い。したがって大型の収納ではなく、ちょっとした収納で十分というわけだ。

構成・取材・文/BREEZE 撮影/糸井康友
公開日 2010年05月12日
最終更新日 2016年12月15日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る