もやもや→スッキリ現地見学術 2011

もやもや→スッキリ現地見学術 2011
まんが

物件もやもや

まんが

【見学術1】物件価格の妥当性を比較検討、相場情報はプロに聞こう

まず、立地や築年、広さなどが近い物件と坪(3.3m2)単価を出して比較してみよう。営業担当者に頼めば、調べてくれる。買おうとしている物件が割高だと思う場合、立地や設備、グレードの違いなどの理由があるか確認を。担当者の意見も参考に、妥当な価格か検討しよう。

まんが
まんが

【見学術2】新築住宅の構造には10年保証、「住宅性能評価書」付きも目安

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」では、新築住宅の基本構造部に売主の10年保証を義務付けているほか、住宅の性能表示制度を設けている。この制度に基づく「住宅性能評価書」が交付された住宅であれば、国の指定機関の検査を受けているので安心だ。

まんが
※有料でプロが住宅診断・建物調査・住宅検査を行うホームインスペクションを依頼することもできる。

【見学術3】選び抜いた物件なら需要あり、資産価値ばかりを気にしない

資産価値は、交通利便や人気エリアなど需要の高い物件なら下がりにくい。自分が吟味して選んだ物件なら、似たような家族の需要があるはずなので、それほど心配しなくてよいだろう。資産価値だけでなく、住み心地や暮らしやすさを優先して選ぶことが、後悔しないコツ。

物件のもやもやが解消したらさっそく探してみよう

土地もやもや

まんが

【見学術4】現地周辺を歩いてチェック、マンションは共用部分の確認も

住民の雰囲気、生活感などを体感するには、最寄駅から物件まで歩いて、営業担当者に案内してもらうのがおススメ。物件の周囲も歩いて確認し、マンションの場合は廊下などの共用部分も確認しよう。ゴミが落ちていたり、各人の私物などが廊下に放置されていなければOK。

まんが

【見学術5】子どもの目線で安全性をチェック、低い目線で、小さな隙間にも注意

子育て中のファミリーなら、現地周辺を回る際に、子どもと同じ低い目線で危険な場所がないか注意しよう。外から見えない空地なども要注意。小さな隙間があれば、子どもなら通り抜けできる場合も。また、子どもが進学した場合の通学路も、しっかりチェックすれば安心。

まんが

【見学術6】隣地の建設予定は事前に説明される、空地、老朽化ビルは要注意

物件の隣接地に建築物の予定があれば、契約前に不動産会社から重要事項として説明される。ただし、契約以降に建築計画が立てられることもある。周辺に大きな空地や老朽化したビルがある場合は、新しい建物が建てられる可能性もあるので、注意して見ておこう。

まんが
まんが
※用途地域とは、都市計画法の地域地区のひとつ。住居・商業・工業など大枠の土地利用を定めるもの。
用途地域から、ある程度周辺環境が分かる
取材・文/山本久美子 イラスト/もりいくすお
公開日 2011年05月18日
最終更新日 2016年10月13日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る