都心VS郊外 物件はどっちが多い?

都心VS郊外 物件はどっちが多い?

最後に、「SUUMO」に掲載されている種別ごとの物件数を紹介。実際に情報収集をして、探してみよう。

都心はマンション、郊外は一戸建てが多い

一方、都心と郊外では、選べるマイホームの種類についてどのような違いがあるだろうか?
以下の表は、「SUUMO」で掲載された「新築マンション」「新築一戸建て」「中古マンション」「中古一戸建て」の棟数・戸数を、都心(東京23区)、郊外(首都圏全域から東京23区を除いたもの)で出したデータだ(2015年1月16日時点)。新築マンションのみ、戸数ではなく棟数で算出している(例:総戸数300戸のマンションも30戸のマンションも1棟として計算)。
マンションは、新築も中古も都心と郊外で掲載数に差がない。しかし都心のマンションは大規模の場合が多く1件あたりの住戸数が多いため、住戸数でいうと郊外よりも多そうだ。一方、一戸建ての場合は圧倒的に郊外に多いことが分かる。

都心 郊外
新築マンション 461棟 522棟
新築一戸建て 5615戸 27395戸
中古マンション 12251戸 18820戸
中古一戸建て 2904戸 14049戸

また中古物件のみ、築年数5年ごとに出した数字が以下のとおり。

中古マンション(戸) 中古一戸建て(戸)
都心 郊外 都心 郊外
築45年以上 394 235 135 246
築40年~45年未満 1142 977 101 442
築35年~40年未満 1399 1093 165 978
築30年~35年未満 1730 1946 161 1098
築25年~30年未満 843 2004 288 1677
築20年~25年未満 815 2614 372 2006
築15年~20年未満 1435 3664 490 2341
築10年~15年未満 1615 2638 454 1993
築5年~10年未満 2020 2878 475 2152
築5年未満 858 771 263 1116

中古マンションの場合、全体的には郊外のほうが多いが、築35年以上になると都心のほうが多いことが分かる。また都心も郊外も、築4年~10年未満という、比較的新しい中古マンションが多い。設備や構造上も今の新築とさほど遜色のない物件が多いので、新築しか考えていない人も選択肢の一つにするのもありかもしれない。
また、中古一戸建ても、全体の流通量は決して多くはないが、築10年未満の物件が全体の約24%も占めていることに注目だ。最近では、新築とスペックが変わらないような中古を買って、自分の思いどおりにリフォームする、という動きも増えてきているのだ。

ライフスタイルで街を選ぶ

ライフスタイルで街を選ぶ

都心と郊外では暮らし方も選べる物件もおのずと違うもの。
例えば都心は、通勤時間が短く、商業施設をはじめ生活が便利な施設が整っているなどメリットが大きい。しかしその分、価格が高く、ローン負担が多くなる。価格を抑えたいなら、築年数が古い、狭いなどのデメリットを受けざるを得ないケースも多い。
一方、郊外は、通勤時間が長い、商業施設が都心よりは遠くなるなどのデメリットがあるが、その分価格は安く、ローン負担が軽い利点がある。都心と同価格なら、より広く、眺望がいい住戸を選ぶこともできる。また、都心ではあきらめていた車の所有がかなう人も多いようだ。

立地選びは今後の暮らし方に大きく影響する。都心・郊外の「どんな暮らし方をしたいのか」を家族で話し合ってイメージしてほしい。もちろん同じ23区内であっても利便性は大きく違う。23区立地よりも、ずっと便利な23区外のエリアもある。「ちょうど都心と郊外の中間地点のこのあたりがいい」、「超都心でないと意味がない」、「これくらい郊外のほうが自分たちにはしっくりくる」など、自分たちに最も適したライフスタイルが明確になれば、街選びはぐっとスムーズになるはずだ。

取材・文/長谷井涼子 撮影/難波宏 イラスト/ワタナベモトム
公開日 2015年02月25日
最終更新日 2016年09月23日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る