都心VS郊外 どんな人がどんな家を買っている?

都心VS郊外 どんな人がどんな家を買っている?<br /><br />

都心と郊外ではそれぞれ、どんな家族構成、世帯年収の人が、どのくらいの広さや価格の家を購入しているのか。購入者の情報から見ていこう。

都心、郊外ともにボリュームゾーンは世帯年収800万~1000万円未満

都心=東京23区、郊外=東京市部・神奈川・埼玉・千葉・茨城南と定義し、それぞれ購入者の世帯年収と、物件価格と専有面積について調べてみた(「新築マンション購入者調査」リクルート住まいカンパニー調べ。2014年11月14日時点)。
新築マンション購入者の世帯年収のボリュームゾーンは、都心も郊外も800万円~1000万円。ちなみに1000万円以上の世帯は、都心は31%と郊外の購入者の2倍近くにおよび、平均年収は、都心は875万円、郊外は729万円と、その差は約150万円だ。
確かに都心のほうが物件価格も高く、エリアによっては億ションが当たり前といった立地もあるが、単純に都心=高所得、郊外=庶民的といったわけではなさそうだ。

購入者の世帯年収

郊外に比べ都心は物件価格の幅が広い

次に購入した新築マンションの物件価格を見ていこう。
物件価格の平均は、都心で4710万円、郊外で3776万円と、その差は1000万円近くもある。詳しく見ると、郊外の場合は3000万円台がボリュームゾーンで全体のほぼ半数を占めているのに対し、都心の場合は3000万円台後半~6000万円以上と幅広い。一口に「東京23区」といっても物件相場はさまざまで、渋谷区や港区といった超都心では、1億超えの物件も少なくなく、都心の物件価格の平均を引き上げているのかもしれない。

物件価格

物件の広さは、都心は60m2未満、郊外は80m2以上が多い

ではどんな広さの物件を購入しているのだろうか。
都心、郊外とともに70m2台前半のファミリータイプがボリュームゾーンで、平均専有面積も、都心65.9m2、郊外73.3m2とあまり差はない。しかし60m2未満は都心は23%(郊外は4%)、逆に80m2以上は郊外が18%(都心は6%)と違いがある。

物件の広さ

これまでのデータを総合的に見てみると、都心購入者と郊外購入者の世帯年収に大きく差はないが、ボリュームゾーンで比較すると、都心は郊外より「やや狭くて、やや高い物件」を購入しているといえそうだ。

あなたの予算で買える家はいくら?

あなたの予算で買える家はいくら?

年収別に予算の上限額を示したのが以下の表で、縦列が頭金、横列が世帯年収だ(「安心して払える」目安として、ローンの年間返済額が世帯年収の20%として算出)。
頭金としてまわせる額は、貯蓄から、半年分の生活費(※1)と諸費用分の概算160万円(※2)を引いた額。親からの贈与があればその額を足して計算しよう。
簡単に計算すると、頭金予定額を400万円、年収800万円のAさんなら買える額の上限は5303万円になる。「ただし、子どもが2人いて教育費の負担が大きくなる世帯は、これでも厳しい場合も。あくまでも目安として自分たちに合った上限額を算出しましょう」(ファイナンシャル・プランナー 竹下さくらさん)。

※1 2人なら154万円、3人なら177万円、4人なら196万円(総務省統計局家計調査報告による)
※2 新築マンションであれば物件価格の3%~5%
買える「早見表」
取材・文/長谷井涼子 撮影/難波宏 イラスト/ワタナベモトム
公開日 2015年02月25日
最終更新日 2016年09月23日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る