建売VS注文 戸建住宅を「買う派」or「建てる派」 あなたはどっち?

建売VS注文 戸建住宅を「買う派」or「建てる派」 あなたはどっち?

「マイホームを手に入れるなら戸建てがいい!」といっても、実は選択肢はいろいろ。プランと価格が決まっている建売住宅を「買う」方法もあれば、こだわりを形にする注文住宅を「建てる」という選択もある。自分にはどちらが向いているのかをチェックリストで診断したら、建売住宅と注文住宅それぞれの特徴を知っておこう。

「買う」か「建てる」か、自分にはどっちが向いているかをチェック!

まずはチェックリストで診断。あてはまる項目を数えて、自分は「買う派」なのか「建てる派」なのかを確認してみよう。自分がどっちに向いているのかが分かれば、マイホーム取得までの道のりや入居してからの住み心地は満足度の高いものになるかも!?

買うor建てる あなたはどっち派?

建売住宅と注文住宅、それぞれの特徴を知っておこう

「買う」建売住宅と「建てる」注文住宅。同じ一戸建てでもそれぞれのメリットや、家探しのスタートから新居に入居するまでのプロセスは違ってくる。それぞれの特徴を知ったうえで、どちらにするかを決めよう。

土地と住宅がセットで買える建売住宅

建売住宅とは、土地と住宅がセットで販売される新築一戸建てのこと。建物が出来上がってから販売されるケースのほか、建築確認申請後の着工前や工事中の段階から販売されるケースもある。
建売住宅の最大の特徴は、間取りや設備の仕様などのプランが決まっていること。そのため価格が明確で、購入者は予算の範囲内で家探しをすることができる。また、完成済物件の場合は、出来上がっている家を実際に自分の目で見て確認できる。未完成で販売されている建売住宅の場合、完成後の建物は間取図や完成予想図などから想像することになる。

大規模開発なら街並みもきれい

建売住宅は同じ仕様、または近い仕様の住宅が複数戸まとめて販売されることが多い。数戸程度の小規模な開発もあれば、広い敷地を区画分けして、数年かけて数十を超える住宅を建築・販売する大規模な宅地開発もある。小規模な開発は、既存の住宅地で行われるケースが多く、成熟した住宅地内で交通の利便性が比較的よい場合も。
ニュータウンと呼ばれる大規模な宅地開発は郊外の立地になるが、住宅の外観が統一されていたり、公園や植栽なども計画的に配置されて美しい街並みが期待できる。開発に合わせて大型スーパーや病院など生活に必要な施設がオープンするなど、日常生活が送りやすい環境が整っていることが多い。

買うor建てる あなたはどっち派?

また、子どもが小学校入学前に家を買う世帯も多く、子育て世帯にとっては同じ年ごろの子どもがいる環境を手に入れられる可能性が高い。
最近では、敷地内に共用の集会施設などを設けることで、住民同士が交流できるイベントを開催し、コミュニティ性の向上を図れるようにするタウンもある。集会施設は防災トイレの設置や備蓄倉庫を兼ねることで、防災面でも安心。
そのほか、敷地内の通路や公園、集会施設といった共用部に太陽光発電や蓄電池、雨水利用システムなどを導入した、省エネを意識した取り組みも見られる。

早く新居で暮らしたい!という人にオススメ

大規模開発なら街並みもきれい

間取りや仕様が決まっていたり、すでに完成していたりする建売住宅の場合、予算内で希望に合った家が見つかれば、入居までの期間が短いのが特徴。着工前の物件でも、プランや仕様を決めるところからスタートする注文住宅に比べれば早い時期に入居可能だ。子どもの入学が近い、今住んでいる賃貸住宅の更新時期が近いなど、新居への入居を急ぐ人には建売住宅がぴったり。

また、「戸建ては欲しいけれど、すべてをゼロから決めたり選んでいくのは大変そう」「実物を見て決めたい」という人にも建売住宅が向いている。

好みの家を実現しやすい注文住宅

注文住宅とは、決められたプランから選ぶのではなく、設計から依頼し、施工会社に建ててもらう住宅のこと。ハウスメーカーや工務店に設計と施工をまとめて依頼する場合もあれば、建築家に設計と施工監理を依頼し、工務店に建築してもらう場合もある。

好みの家を実現しやすい注文住宅

注文住宅の大きな特徴は、建築基準法などの法律が守られていれば、工法や外観デザイン、間取り、住宅設備、内装などを自由に選べることだ。「家を建てるならこんなプランがいい」という、マイホームへの夢やこだわりを実現できるのが注文住宅の醍醐味。設計者と相談して、一つひとつ選んでいく過程を楽しむことができる。

ただし、すべての希望を実現できるかどうかは予算次第。予算オーバーにならないよう、自分にとって最優先で実現させたいことは何か、将来のリフォームで実現したり、妥協できる点は何かなど、優先順位を考えておくことが大切だ。

土地を手に入れることが第一歩

注文住宅を建てる場合、すでに土地を持っていたり、親の家を建て替えたりするなら土地探しは不要だが、土地がない場合は土地探しから始めなければならない。
土地は大きさや形、エリアによって、建てられる家の規模や形に制限が出る。エリアを優先するなら見つけた土地にどんな家が建てられるのか、建てたい家のプランを優先するなら、その家を実現できるのはどんな土地なのか、ハウスメーカーや建築士に相談にのってもらうといいだろう。なお、希望の広さや立地で更地が見つからない場合、建築条件付き土地や、古家付きで売られている土地から探す方法もある。

プランにこだわりたい!という人にオススメ

プランにこだわりたい!という人にオススメ

注文住宅は、自分の理想の家をゼロからつくりあげていくもの。ハウスメーカーや工務店によっては参考となる設計プランを用意している場合もあるが、基本的には自分の希望を設計担当に伝えて形にしていく。土地の購入から始める場合は、土地の購入と住宅の建築それぞれの契約や支払いがあるなど手間も時間もかかるが、世界でひとつだけのわが家を形にできる喜びは大きい。

土地探しをしている人は、建築条件付き土地も見てみよう

条件や希望に合う土地が見つからない人は、建築条件付き土地からも探すと選択肢が増えることも。どんな土地なのか特徴を見てみよう。

建築条件付き土地に建てるのも注文住宅

建築条件付き土地とは、指定された施工会社で住宅を建築することを条件に売られる土地。設計は注文住宅と同様に自由だが、指定の施工会社によって選べる工法に制限がある場合も。また、施工会社によって得意なデザインテイストがあるので、自分の好みと合うかどうかも確認しておく必要がある。
なお、土地の売買契約の後、一定期間内に建設工事請負契約を結ばなかった場合は、土地の契約そのものが白紙になるので注意。

大規模開発は建築条件付きが多い

エリアを限定しての土地探しの場合、希望に合う土地がいつ供給されるかは分からない。チャンスを逃さないよう、不動産会社に希望エリアや広さ、予算などを伝えておくことがオススメ。エリアを限定しないなら、複数の区画が売り出されるタウンがないかをチェック。まとまった区画の土地が売り出されれば、広さや方角などを選ぶことも可能だ。ただし、建築条件付きのケースが多いので、希望のハウスメーカーでは建てられないことも。

文/田方みき、イラスト/アサミナオ
公開日 2014年11月26日
最終更新日 2016年09月23日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る