はじめての購入464人の家・お金・満足度大調査 第2回・共働き夫婦編3 2010

はじめての購入464人の家・お金・満足度大調査 第2回・共働き夫婦編

住宅購入のお金について教えて!

みんなのコメント

  • ローンを組んで頭金をいれることによって、手元にぎりぎりの貯金しか残らないことや、ボーナス払い有りにしていたので、今後ちゃんとボーナスが会社から出るか、支払いが滞ったりしないか心配だった。(女性・32歳)
  • 夫の年齢が50歳だったので、返済期間が28年と短く、月々返済額が多く…。貯蓄額が少なくなるので、何かあった時の不安が大きい。(女性・39歳)
  • 頭金にかなりの貯金を使ったので、万が一の時が心配になった。(女性・41歳)
  • 頭金なしでローンを組んだので、自分が妊娠などで働けなくなったとき、主人の給料だけでやっていけるか。(女性・28歳)
  • 住宅ローンの審査が通るかどうか心配だった。住宅ローンのことを全く知らなかったので、年齢の高い主人がローンを組めるかどうか不安だった。(女性・45歳)
  • 今は低金利ですが、金利が上がった時の返済に不安を感じました。(女性・29歳)
  • 借金をして物を買うのが初めての経験だったので、ローンを組むこと自体が漠然と不安だった。(男性・35歳)
  • 頭金や家具家電の購入で貯金が少なくなるから、なにか急にお金が必要になる事が起こったらどうしようかとは思った。(女性・30歳)
  • 家賃を払い続けることと同じと分かっていても、2000万円超の借金をかかえることになる不安。(男性・37歳)
  • 自分と配偶者の両方が転職したばかりだったので、ローンを組めるかが不安だった。(男性・38歳)

きっかけはどうだった?

みんなのコメント

  • 二世帯でうまくいかず仕方なく…。(男性・44歳)
  • 大人になったら家を買うものだと思っていたから。結婚もしたし、頭金もできたし、希望の場所に物件が出たので買った。(女性・37歳)
  • 結婚と同時に友人が一戸建てを建てたことと、妹が私の家族と住むために独身にも関わらずマンションを購入したことで、感化されて家を持ちたいと思ったから。(女性・32歳)
  • 結婚することが決まったから一緒に家探しを始めた。長く住むのだから買った方がいいと思った。(女性・28歳)
  • ずっと夫婦共働きであれば、賃貸でもよかったが、妻が出産などで働けなくなる時期を考えると、家賃は高すぎて、購入したほうが月々の支払いが減るだろうと考えたから。(男性・32歳)
  • 両親の年齢などを考えて、いつでも同居できるようにしたかった。(女性・38歳)
  • 子どものころから自分で設計した家を建てるのが夢で、住んでいた家の斜め前にちょうどよい土地があったので。(女性・37歳)
  • 借家が狭く、物であふれていて、インテリアを楽しむことができなかった。お気に入りの家具に囲まれてゆったりとしたスペースで生活したかったから。(女性・45歳)
  • 本当に軽い気持ちでモデルルームを見に行ったところその物件を気に入ってしまった。(男性・38歳)
  • 不動産価格の下落、大型ローン減税、ゼロ金利政策による低金利、探していた地域での築浅中古の売り物の出現。すべてのタイミングがそろっていたので、即決しました。(男性・35歳)

購入前の不安はあった?

みんなのコメント

  • マンションは賃貸だったので町内会がなかったが、一戸建てに住むことによって、町内会に加入しなければならないと思った。(女性・38歳)
  • 買ってしまったら、そこから動けなくなるような気がしたこと。(女性・38歳)
  • この家を買ってしまって、今後収入が減った時に生活が維持できるかどうか。家を建てた後、子どもが生まれなかった場合、私たちの後に住む人がいなくなってしまうかもしれないということ。(女性・36歳)
  • 現在の住居の前に住んでいたところは、職場へのアクセスがかなりよかったので、引越し後に職場へのアクセスが格段に悪くなる点は不安でした。(男性・46歳)
  • ローンを支払って、生活資金が減ること。万一地震などでマンションの資産価値がなくなってしまった時のこと。(女性・42歳)
  • もう少し待ったらもっとよい物件が出るのではないか。(女性・43歳)
  • 退職や子どもができた場合など、環境の変化があっても返済していけるか。(女性・28歳)
  • 結婚と同じ時期だったので、結婚式・新婚旅行・住宅購入と、資金があまりなかった為、手元のお金が少なくなる事に不安を感じていました。(女性・37歳)
  • 地震などで家を失ったらどうすればいいのか。家庭環境が変わったり転勤したり、もっと地方に住みたくなったらどうなるのか。(女性・31歳)
  • 先の収入が安定しているか分からないので、ローンがきちんと払えるか、また、めいっぱい35年で組むのでちゃんと繰り上げして定年後に残さないようにできるか、金銭面が一番不安だった。(女性・34歳)

購入してよかったのはどんなこと?

みんなのコメント

  • 以前は親と同居だったのでプライベートな時間が増えたこと。(男性・34歳)
  • やはり自分の家を持っているという達成感がある。あと、マンションならではの騒音などがほとんどなく、前の賃貸マンションに比べると部屋数も多いので、とても快適に暮らすことができるようになった。(男性・33歳)
  • 購入時より価格が上がっているので資産形成ができた。(女性・44歳)
  • マンションで間取りなどは自由がきかなかったが、自分たちの生活に見合った住宅で、自分たちの好きなものに囲まれて、生活をつくり上げている感じがして毎日楽しく過ごせていること。庭があるので小さな自然にも触れられるし、気持ちにゆとりができた気がすること。(女性・32歳)
  • 夫婦ふたりとも早く家に帰るようになり、家族で一緒にいられる時間が増えた。インテリアなど一緒に考えたり、将来について考えたり、一緒に時間を過ごすのが楽しい。(女性・28歳)
  • 広い庭で安全安心な野菜づくりを主人が楽しんでやっていること。家族で過ごすことが断然多くなったこと。環境がいい。(女性・29歳)
  • お互いに腰を据えて、家族として付き合えるようになった。家計もこれまで適当にしていたが、きちんと家計簿をつけたり、節約したりするようになった。(女性・31歳)
  • ペットとの生活を気兼ねなく楽しむことができている。注文住宅だったので、細かい間取りや色使いなど自分好みの空間に仕上がっているため家が落ち着く。リビングから富士山を眺められる!これが一番のご褒美。(女性・33歳)
  • 将来的に住む場所の心配はなくなると思います。また家で過ごすことが増え、自宅がリラックスの疲れを癒してくれる安心できる場所に。また、家をきれいに住みやすく保つことで、仕事を頑張ったり、自分を高めたり、という意識も一層増したと思います。料理にもこだわるようになりました。(女性・27歳)
  • 自分たちの所定の居場所が出来たことと、好きなように部屋の模様替えをできること。お年寄りになると、新しく賃貸で暮らすにしても入居拒否のところが多いらしいので、年をとったとしても住む場所の心配がなくなった。(女性・37歳)

購入して悪かったのはどんなこと?

みんなのコメント

  • 妊娠して仕事を辞めたので、夫の給料だけでこの先ローンをかかえながらやっていけるか不安が拭いきれない。(女性・28歳)
  • 持ち家になり、気軽に引越しできないので、生活上のマナー(防音など)に気をつけなくてはならなくなった。(男性・41歳)
  • 住宅を購入後、半年でリストラされた。その時初めて住宅購入したばっかりに自由に動けない身になったと思い知った。(女性・27歳)
  • マンションの駐車場のキャンセル待ちの長さ。(女性・35歳)
  • 住宅購入にかかる諸費用と、エアコンやカーテンなどの装備に思ったよりお金がかかった。結婚前はお互い一人暮らしだったから家電や家具類を全てそろえたわけでもないのに、想定以上だった。生活を圧迫することはないが、一時的に貯金が激減した。(女性・33歳)
  • 通勤時間が長くなり、思っていたより疲れる。睡眠時間も短くなった。(男性・32歳)
  • 「自分の働いた分は自分のお金」という意識でいられなくなったので、服を買ったり、思い切り飲んだり、なかなかできなくなった。(女性・31歳)
  • 周りの賃貸生活の友人と比べると、自由に使えるお金が少なく感じる。(女性・30歳)
  • 転勤になった時、単身赴任か引越しか迷う。(女性・28歳)
  • 年金暮らし貯蓄なしの親への援助があまり出来なくなったので、親の生活が不安。(女性・48歳)

買ってよかった!私の住宅購入体験記

みんなのコメント

  • カーテンや家電など、お金が思っていた以上にかかるので、手元にある程度のお金は置いておいたほうがいいと思います。(女性・34歳)
  • きっちりと計画を立てて購入するのをお勧めしたいが、やはりこれだと思う物件が見つかったときは、積極的に前へ出た方がいいと思います。あと、ローンについてはとことん不動産会社の人などと相談し納得いくまで話をしたほうがいいと思います。(男性・33歳)
  • 住宅税制を勉強すること。お金を借りる人は銀行によって金利が大分違うので、ローンを組む方は勉強しておくといいと思います。(女性・40歳)
  • 自分の意見をはっきり言うこと。(女性・37歳)
  • 予想外の出費があったりすることが多いので、余裕をもって計画を立てること。後で泣く事のないように念入りに計画を立てたほうがいいです。モデルルームはあくまでも見本なので、住宅の周りの環境や、日照、間取り、価格等、実際に行ってよく確かめたほうがいいと思います。(女性・37歳)
  • 資金計画はファイナンシャルアドバイザーに無料で相談できるので、利用することで家計の全体像が把握でき、購入後の資金計画も立てられるので参考になると思います。(女性・27歳)
  • 立地や方角は生活に大きく影響するので、できるだけ妥協しないほうがいい。年収にみあったある程度余裕をもってローンを組んだほうがいい。ローンは値切れる場合があるので、何カ所かの金融機関の話を聞いたほうがいい。(女性・33歳)
  • 頭金はなるべくあるにこしたことはないけれど、繰り上げ返済をすれば、結構着々とローンが減ります。我が家では、共働きできるうちになるべく頑張って繰り上げ返済したのでよかったです。(女性・31歳)
  • 家族と徹底的に話し合うといいと思います。家族のこれからみたいなものが見えてきて、より具体的な絵が描けると思います。(女性・39歳)
  • マンションを購入する場合は業者の選定をしっかりすること。アフターサービスや管理組合等の対応が悪いと後々後悔する。(男性・32歳)
公開日 2010年10月21日
最終更新日 2017年08月03日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る