縦すべり出し窓とは? どこにつける? メリット・デメリットを理解して適切な場所に配置しよう!

縦すべり出し窓とは? どこにつける? メリット・デメリットを理解して適切な場所に配置しよう!

省スペースだから引き違い窓がつけられない壁にも備えられて、デザインのポイントにもなる縦すべり出し窓。開閉できないFIX窓と違って開けられるから通風や換気もできて便利そうだけど、気をつけるところは? 網戸はつけられる? サイズはどれくらいあるの? そんな縦すべり出し窓についてYKK APの南雲さんに教えてもらいました。

縦すべり出し窓とは?

縦方向を回転軸に、室外側へすべり出しながら開く窓

縦すべり出し窓とは下記のように、縦方向を回転軸に、窓枠の上下に設けられた溝に沿って、室外側へすべり出しながら開く窓を指します。

縦すべり出し窓
縦すべり出し窓
縦すべり出し窓の一例(画像作成/SUUMO編集部)

縦すべり出し窓のメリット

引き違い窓と大きく違うのは、窓が室外側へ90度まで開くので、風を取り込みやすいというメリットがある点です。また、開くと窓の回転軸側にも隙間ができるので、室内から窓の外側も手で拭くことができます。

風を積極的に取り込める
縦すべり出し窓と引き違い窓の風の通り方
家に沿って風が吹いた場合、引き違い窓では風が素通りしてしまいますが、縦すべり出し窓なら図の様に風をうまくキャッチすることができます。(画像作成/SUUMO編集部)

さらに引き違い窓と比べて、省スペースでも取り入れやすい点もメリットです。「当社のAPW 330シリーズの場合、引き違い窓は規格サイズで幅(内法:窓の内側のサイズ)600mmが最も狭いサイズになりますが、縦すべり出し窓は260mmからとなります(南雲さん)」。特に260mmなら「人の頭が入らないので防犯面でも有利です」と南雲さん。そのほか、例えば縦すべり出し窓を2つ、3つと並べることで、デザインのポイントにもなります。

引き違い窓と比べてデザイン性が高い
デザインのポイントにもなる縦すべり出し窓
同じデザインの窓を連続して並べることで、リズム感のある空間をつくることができます。FIX窓だけでなく、縦すべり出し窓も備えることで採光や通風性も確保できます。【画像】「APW 330」(画像提供/YKK AP)
縦すべり出し窓のメリット

・風を取り込みやすい
・窓の外側も掃除しやすい
・引き違い窓と比べて省スペース
・サイズによっては防犯性を高められる
・デザイン性が高い

縦すべり出し窓のデメリット

一方、デメリットとしては風をキャッチする分、開けておくと強風であおられる心配があることが挙げられます。「当社の場合、半開位置でストップするハーフロックがついていますので、風が強い日はこうしたロック機能をうまく活用するといいでしょう」。

また他の窓でも同様ですが、大きく開くため、窓の大きさによっては子どもが乗り出す危険もあるので、子どもがいる家では注意が必要です。この場合も子どもが乗り出せないようハーフロックをうまく使ったり、窓の取り付け位置を高くする(掃き出し窓ではなく腰高の窓にする)とよいでしょう。

さらに「隣の家と近い都心部などでは、外側に大きく開いた際に、隣の家との境界を越境しないように注意が必要です」。

その他、開けている間に雨が降ると、窓の内側も濡れてしまうので、雨が降ってから窓を閉める際に、窓を拭く手間が増えます。

縦すべり出し窓のデメリット

・強風にあおられる
・サイズによっては子どもが乗り出す危険がある
・都心部などで、隣家との距離が近い場合、越境しないように注意
・開けているときに雨が降ると、閉める際に窓を拭く手間が増える

縦すべり出し窓はどんな場所に備えるといい?

「風を取り込みやすい」というメリットを活かして「料理や食材の匂いが籠もりやすいキッチンやLDKなど、積極的に換気をしたい部屋に設けるといいでしょう。換気には風の入口だけでなく、出口も必要です。例えば下記のような窓と窓をつなげる連窓であれば、同じサイズに引き違い窓を1つ備えるよりも、換気がしやすくなっておすすめです」

換気性能と眺望の良さを両立させる連窓
FIX窓と縦すべり出し窓を組み合わせた連窓
FIX窓の左右に縦すべり出し窓を組みあわせた「ウインドキャッチ連窓」。換気性能が高く、また大きなFIX窓によって眺望もよくなるというメリットもあります【画像】「APW 330」(画像提供/YKK AP)

また外からの視線をさえぎることのできるくもりガラスにして湿気の籠もりやすい浴室や、省スペースで換気できる特徴を活かしてトイレに備えるのもおすすめです。さらに「防犯性の高さから、都心部では幅の狭い縦すべり出し窓を並べて、玄関ホールや廊下の一部といった1階部分に取り入れられるケースも多い」そうです。

サイズや断熱窓、網戸といったバリエーションは

断熱・防犯・防火や、サイズのバリエーションは比較的多い

商品のシリーズによってサイズバリエーションは異なりますが「縦すべり出し窓は、引き違い窓同様に人気のある窓ですので、サイズは比較的そろっています」と南雲さん。例えばAPW 330の場合、1枚の幅(内法)は260mm~740mm、高さは700mm~2200mmまであります。

APW330縦すべり出し窓のサイズ例
縦すべり出し窓サイズ表(単窓)
縦すべり出し窓サイズ表(2連窓)
APW 330のカタログより一部抜粋。「サッシW」「サッシH」の数値は外法(フレームを含む窓のサイズ)。単位はmm(画像提供/YKK AP)

またLow-E複層ガラスやトリプルガラスを使った高断熱窓もあります。フレーム部分の外側がアルミ+内側が樹脂の複合タイプや、さらに断熱性能の高い外側・内側とも樹脂製のタイプがあります。その他、防火窓も用意されています。

開閉ハンドルは主に2種類

縦すべり出し窓の開閉ハンドルは主に2つの方式があります。1つは滑り出し窓の縦フレーム側に備えられる、いわゆる取っ手タイプ。もう一つは窓のフレームの下に備えられたハンドルを回すことで窓を開閉するハンドルタイプです。「取っ手タイプの場合、取っ手を押し出して窓を開けるので、窓の手前に家具等があると手が届かなくなることがありますが、その点ハンドルタイプなら手が届きやすくて便利です」

またハンドルタイプはハンドルを止めた位置で窓が止まるため、風であおられる心配も減ります。

ハンドル式は任意の角度で窓を開けやすい
ハンドル式の縦すべり出し窓
ハンドルを回して開閉するハンドル式。開く角度を微調整しやすいほか、一定の角度でロックできる全開・半開モードもあります。【画像】「APW 330」(画像提供/YKK AP)

縦すべり出し窓に網戸はつけられる?

網戸+ハンドルタイプで虫が入らない

縦すべり出し窓は外側に開くため、網戸は窓の内側に備えます。そのため、網戸を閉めたまま開閉できる引き違い窓と違い、取っ手タイプの場合は窓を開けてから網戸を閉める、あるいは網戸を開けてから窓を閉める必要があり、その間に虫が入ってしまう可能性があります。

網戸の種類やサイズはメーカーや商品によって違いがありますが、「当社の取っ手タイプ用の網戸は、上下に上げ下げするタイプと、左右にスライドさせるタイプがあります。いずれも巻き取り式で、カバーを開くと室内から網戸の外側も拭けるので便利です」

上下に開ける網戸や左右にスライドする網戸
縦すべり出し窓の網戸の種類
左が「上げ下げロール網戸」、右が「横引きロール網戸」。どちらもケース内で巻き取られる網戸で、巻き取られる際に室外側が表を向くため、そこに雑巾などを当てて開閉することで網戸の室外側を拭くことができます。(画像提供/YKK AP)

一方で、ハンドルタイプは固定式の網戸が内側にある状態で窓を開閉できます。虫が気になる人はハンドルタイプがオススメです。

通風性や防犯性などでメリットのある縦すべり出し窓。外に窓が出ることで注意すべき点もありますが、うまく活用することで、暮らしの質が高まります。最近は人気も高いようですし、これから家を建てる、あるいはリフォームする場合にぜひ検討してみてください。

まとめ

縦すべり出し窓は外に開くので、風を室内に取り込みやすい窓です。

人気の窓なので、サイズや高断熱といった機能のバリエーションも豊富です。

網戸は内側に備えますが、ハンドル式なら内側に網戸があっても窓を開閉できます。

賃貸物件を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
新築マンションを探す
リフォーム会社を探す
注文住宅の会社を探す
中古マンションを探す
土地を探す
売却査定する
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/籠島康弘 イラスト/長岡伸行
公開日 2020年01月16日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る