スロップシンクって何? メリット・デメリットは? おしゃれなスロップシンクの施工例からヒントを紹介

スロップシンクって何? メリット・デメリットは? おしゃれなスロップシンクの施工例からヒントを紹介

泥んこの子どもの靴を、お気に入りの洗面台やお風呂で洗うのは、少し抵抗がありますよね。最近はおしゃれなスロップシンクがあると聞いたことがあるし、うちにも備えたいな、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そもそもスロップシンクって何でしょう? メリットやデメリットは? 一級建築士の中川由紀子さんに教えてもらいました。

スロップシンクとは?

スロップシンクとは「汚れ物にも対応できる底の深い流し」

スロップシンクとは、マンションのバルコニーなどで見られる、底の深い流しのことを指します。スロップ=slopとは英語で汚水の意味で、一般的に掃除道具や靴など、キッチンや洗面台のシンクで洗うことに抵抗があるものを洗う流しとして使われています。

普通のシンクで洗いづらいものを洗えるスロップシンク

間取図には「SK」と記載されていることもよくあります。これはTOTOのスロップシンクの型番が「SK」であることや、キッチンや洗面台とは別の「シンク(sink)」を意味するものとして「SK」と表記されています。また、マルチシンクと呼んでいるメーカーもあります。ここでは「汚れ物にも対応できる底の深い流し=スロップシンク」として話を進めていきます。

スロップシンクの用途や設置する場所

底が深い流しですから、さまざまなモノを洗うことができますが「何のために備えたいか、つまり用途によって、備える場所が変わります」と中川さん。スロップシンクを設置するには、新築でもリフォームでも、給排水管を配管するための費用や、設置するためのスペースが必要になります。ですから用途を十分に考えて設置することが重要なのです。

では具体的にどんな用途なら、どこに備えると便利でしょうか。ここでは「備える場所」から考えられる用途を列記してみます。自分ならどこに設置するのがいいか考える際の参考にしてみてください。

庭や玄関の近くの屋外に設置する場合

・小さなお子さんが外遊びをよくするので、家に入る前に手足を洗える
・家庭菜園などで収穫した野菜を洗える
・散歩帰りのペットの足を洗える

玄関の中に設置する場合

・家に上がる前に子どもの手洗いができる
・スニーカーや子どもの泥汚れの服などを洗える

洗面所内やその近くに設置する場合

・洗濯物のつけ置きができる

マンションのバルコニーに設置されている場合

・バルコニーの床を水で流したり、植物に水をあげやすい
※マンションのバルコニーは共用部分なので、後から設置することはできません

例えば屋外に設置する場合「屋外~手洗い~家の中へ」という動線が生まれます。このように生活動線を考えて配置位置を検討するようにしましょう。

スロップシンクで暮らしを便利に 施工例を見てみよう

先述の通り、スロップシンクは用途を考え、生活動線を考慮して設置することが大切なのですが、さらに具体的に、スロップシンクを設置したことで暮らしを快適にした施工例を見てみましょう。

【施工例1】野菜を洗ったり子どもの絵の具の道具を洗える

キッチン横に備えられたスロップシンク
底の深いスロップシンクのため、靴なども洗いやすい
(画像提供/一級建築士事務所 みゆう設計室)

キッチンの横にパントリーと勝手口を設置。そこにスロップシンクを備えた事例です。床を土間にしたので、泥のついた野菜を置いておけます。また底の深いスロップシンクのため、子どもが学校で使った絵の具の道具や、靴などを洗うこともできます。

【施工例2】家に入る前に手洗いできる

広い土間にスロップシンクを備えた例
普段は扉で隠すこともできる
(画像提供/一級建築士事務所 みゆう設計室)

3階建ての家で、浴室や洗面所は2階にあるため、子どもが外遊びから帰ってきても、手を洗ってから家に上がれるように玄関に広い土間を設け、そこにスロップシンクを備えた施工例。シンクは普段は扉で隠せるので、汚れた衣類や靴をつけ置きしている間は扉を閉じて隠しておくことも可能です。

【施工例3】家に汚れを持ち込まない

シューズクローゼットの中に設置したスロップシンク
動線を考えて設置した例
(画像提供/一級建築士事務所 みゆう設計室)

玄関~シューズクロゼット~手洗い~パントリーという動線をつくり、シューズクロゼットの中にスロップシンクを設置した例。汚れた靴や手を洗ってから室内に入れるほか、シューズクロゼットにはコート掛けも用意されているので、花粉の時期には室内に花粉を持ち込みにくくなります。

実は、【施工例2】や【施工例3】は、人気のTOTOの「病院用流し」を利用しています。幅760mm×奥行き470mm×深さ140mmあり、同社の一般的な洗面化粧台のボウルよりも大きなサイズです。

【施工例4】愛犬の足やグッズを洗う

屋外にスロップシンクを設置した例
流しがタイルで作られたスロップシンク
(画像提供/一級建築士事務所 みゆう設計室)

リビングの隣に、庭に面したサンルームがあり、サンルームの外にスロップシンクを設けた施工例。シンクの流しはタイルでつくられています。庭仕事の後での手洗いや、愛犬の足やグッズを洗えます。

【施工例5】帰宅時もトイレの後も手を洗える

帰宅時もトイレの後も便利なスロップシンク
シンクが大きくて深いため水跳ねしにくい
(画像提供/一級建築士事務所 みゆう設計室)

シューズクロゼットとパントリーとトイレの間に設けられた施工例。トイレ内に設ける手洗いはほとんどが小さいボウルですが、これなら大きくて深いため水跳ねしにくく、しっかり洗えます。また帰宅時にも手を洗えるほか、シューズクロゼットとパントリーの扉をしめれば来客時にも使ってもらいやすくなります。

スロップシンクのメリット

先述の通り、スロップシンクは「汚れ物にも対応できる底の深い流し」のこと。そのため靴や野菜を洗ったり、大きくて深さの必要なものを洗えることがまずメリットです。また大きければ、洗濯物をつけ置きするためのたらいも置けます。こうしたキッチンや洗面所でなかなか洗いにくいものを扱うことができます。

・深さの必要なものが洗える
・キッチンや洗面所で洗いにくいものを洗える

スロップシンクのデメリット

キッチンや洗面所とは別にシンクを設けるので、その分の広さが必要です。屋内に設置する場合、間取りによっては他のスペースを少し削ることにもなります。

また洗面所のボウルと比べて種類が少ないので、選びにくいということもあります。どうしてもこだわりのカタチやサイズにしたい場合は、タイルなどを使って造作するという方法もあります。

排水口や給水管の配管工事費用も必要になります。特にリフォームの場合、配管工事のために廊下の床を剥がすなどの作業が必要になることもあります。つまり、スロップシンクを備えるには、その分の広さと費用が必要だということです。

・設置スペースが必要になる
・種類が少なく、選びにくい
・配管工事費用が必要

スロップシンクを備える際の注意点

設置場所を決めるのはもちろんですが、スロップシンクのカタチも「何のために備えたいか」をハッキリさせてから選ぶようにしましょう。洗濯機に入れる前の付け置け洗いがしたい場合は、タライ等が置けるサイズが必要ですし、靴を洗う場合は深さがあるほうが便利です。

また、水跳ねによる床や壁の汚れにも注意が必要です。例えば「【施工例1】では、土のついた野菜や絵の具の道具を洗った際に水が跳ねて壁が汚れないように、スロップシンクの周りの壁をステンレスで仕上げました。また、床は野菜の泥が落ちても水が跳ねても気にならないように土間にしています」。

床や壁の水跳ね対策用の素材は、水や汚れに強いステンレスやホーローなどがありますし、タイルを貼ってもよいでしょう。シンクとのコーディネートを楽しみながら選んではいかがでしょうか。

また、コストを下げたいからと、給湯の配管を省く方もいるようですが「寒い冬場はお湯で手を洗ったほうが快適ですし、汚れ物を洗うにもお湯のほうが汚れは落ちるので、後悔しないためにも備えることをオススメします」

そのほか冬に氷点下まで下がる地域では、凍結による排水管の破裂を心配する方もいるかもしれませんが、他の水道管同様、施工会社に凍結対策を施してもらうようにしましょう。

・目的を明確にしてから選ぶ
・水跳ねによる汚れも考えて壁の素材を選ぶ
・給湯の配管はつけたほうが良い
・排水管の凍結対策も必要

まとめ

スロップシンクとは汚れ物にも対応できる底の深い流しのこと

設置スペースや費用が必要になるので、用途をきちんと考えて設置するように

生活動線を考えて備えると、暮らしが快適になる

注文住宅の会社を探す
工務店を探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
リフォーム会社を探す
賃貸物件を探す
中古マンションを探す
中古一戸建てを探す
取材・文/籠島康弘
公開日 2020年03月11日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る