リビングをおしゃれにリフォーム・リノベーションしたい!  ~費用とビフォー/アフターが分かる事例も紹介~

リビングをおしゃれにリフォーム・リノベーションしたい! ~費用とビフォー/アフターが分かる事例も紹介~

せっかくリフォーム・リノベーションするなら、おしゃれな家にしたいと考える人は多いでしょう。そこで、リノベーション会社のハコリノベに、リビングを自分好みのおしゃれな空間にするポイント・コツを伺いました。費用とビフォー/アフターの間取りが分かる実例も紹介します。

【POINT1】自分が“おしゃれ”と思うリフォーム・リノベーションのイメージをまとめる

SNS、雑誌やWebを活用してイメージづくりを

“おしゃれなリビング”といっても、人によってイメージする空間は異なるものです。リフォーム・リノベーションすることを決めたら、SNS、雑誌やWebなどを見て“おしゃれ”だと思うリビングの写真や画像を集めておきましょう。

「最初の打ち合わせでお好きなイメージを伺いますが、その際に写真や画像を見せてくださるお客様がとても多いです。写真を見ながら『色使いが好き』『この素材を使ってみたい』『こういう家具が置ける空間が欲しい』など具体的に聞かせていただくと、お好みのイメージを共有しやすくなります」(ハコリノベ リノベーションデザイナー。以下同)

実例 コンクリートとスカンジナビアンのミックススタイル

「近頃は、北欧やブルックリンなど固有のスタイルではなく、さまざまなテイストがミックスされたスタイルを好まれるお客様が増えていると感じます。とはいえ、お好きなテイストを全て取り入れてまとまりのない空間になる場合は、バランスを考慮してご提案しています」

■ミックススタイルのリビングの実例
ミックススタイルのリビングの実例
床や棚には古材の足場板を用い、天井・壁は白く塗装し、梁や柱はコンクリート剥き出しに。素材感のあるスカンジナビアスタイルの空間に、黒のレザーソファでクールモダンな印象をプラス(写真提供/ハコリノベ)
ミックススタイルのリビングの実例の間取り
3LDKから広々とした1LDK+sへと全面リノベーション。寝室は引き戸の開閉でオープンに使うことも可能(間取図提供/ハコリノベ)
リノベーション費用 約1191万円

実例 ホワイト×グレー×木目の組み合わせが人気

インテリアはさまざまな要素を取り入れたミックススタイルが好まれていますが、用いられる色と素材には共通する傾向があるそうです。

「最近人気のスタイルは、色はホワイト×グレー×木目の3色の組み合わせで、シンプルな雰囲気が多いです。ただ、木目は端正な印象を与えるオークやホワイトオークなどが多く選ばれますが、天井や壁の一部をモルタル仕上げにするなど、キレイに整え過ぎず、ラフな素材感もあるコーディネートも好まれています」

■ホワイト×グレー×木目のコーディネートの実例
ホワイト×グレー×木目のコーディネートの実例
壁はホワイト、天井の一部をグレー、床や造作家具が木目のリビング。天井のグレーはモルタル仕上げにして素材感を演出。カーテンの柔らかなパープルが、空間のアクセントカラーに(写真提供/ハコリノベ)
ホワイト×グレー×木目のコーディネートの実例の間取り
和室を取り払い、寝室とリビングをつなぐ大容量のWICを配置。キッチンはダイニングカウンター一体型のペニンシュラとし、空間の広がりを演出(間取図提供/ハコリノベ)
リノベーション費用 約1460万円

【POINT2】空間の雰囲気をつくる素材にこだわる

さまざまな素材を組み合わせてオリジナリティーを演出

内装や造作家具、スイッチやドアノブ、造作収納の取っ手などに使う素材は、空間の雰囲気を決めるアイテムになります。

「黒のアイアン材をポイントに取り入れるコーディネートは、根強い人気があります。むく材やコンクリート仕上げと合わせると、無骨でかっこいいインテリア空間をつくれます」

実例 黒のアイアン材×むく材×コンクリートなど、複数の素材を取り入れた空間

「最近では、ゴールドの真鍮(しんちゅう)、シルバーのステンレスや鉄板をアクセントとして取り入れるご提案もしています。ホワイト×グレー×木目のコーディネートは、ゴールドやシルバーを取り入れるとより上品な印象になります」

■複数の素材を取り入れたリビングの実例
複数の素材を取り入れたリビングの実例
プリミティブオークのむくフローリング、天井と一部壁面をコンクリートの現し、テレビ背面は鉄板張り、ロフトのパーテーションや愛犬のゲージはアイアン。無機質な素材に、温かみのある木の素材でバランスをとっている(写真提供/ハコリノベ)
複数の素材を取り入れたリビングの実例の間取り
4LDKを2LDKに整理し、水まわりも移動することで約45m2のLDKを確保。リビングには愛犬のゲージを兼ねたロフトスペースなども取り入れて(間取図提供/ハコリノベ)
リノベーション費用 約1600万円

造作収納は素材の選択も大事

本や日用品を収納するために、リビングに造作収納をつくりたいという要望は多いでしょう。

「造作収納をつくるときは、何をしまうかと、しまう物を見せたいか・隠したいかによってプランを考えていきます。見せる収納のときには、中の物がきれいに見えるような高さや量を意識しましょう。

空間に対して造作収納のボリュームが大きいときは、素材の選択にも配慮したいですね。木を使うときには、床やキッチン扉と同系色にすると調和しやすくなります」

実例 おしゃれな造作収納のあるリビング

■おしゃれな造作収納のあるリビングの実例
おしゃれな造作収納のあるリビングの実例
ワークスペースのある造作収納とキッチンはラワン材を、床はオーク材を使用。異素材ながら同系色でまとめることで全体が調和。造作収納は、お気に入りの収納ケースがぴったり収まるように計画した(写真提供/ハコリノベ)
おしゃれな造作収納のあるリビングの実例の間取り
3LDKをゆったりとした1LDK+WICに変更。LDKは、DK、リビング、ワークスペースと床材を張り分け、緩やかに空間を区切っている(間取図提供/ハコリノベ)
リノベーション費用 約1000万円

窓まわりや照明も、部屋の雰囲気に合う素材を

カーテンやブラインドなど窓まわりや照明も、部屋の雰囲気に合う素材のものを選びましょう。

「照明器具や窓まわりについては、リノベーションプランと併せて検討すると良いでしょう。特に、掃き出し窓は面積が大きく目に入りやすいので、こだわって選びたいですね。大きな照明器具やウッドブラインドなど重量のある物を使うなら、工事会社にしっかりと取り付けをしてもらう方が安全です」

実例 ウッドブラインドのあるリビング

■ウッドブラインドのあるリビングの実例
ウッドブラインドのあるリビングの実例
ヘリンボン張りの床は、ウォルナットのむく材のため重厚な雰囲気。ウッドブラインドでナチュラルな印象をプラス。照明はダイニングチェアと同じ黒色を用いて、空間を引き締めて(写真提供/ハコリノベ)
ウッドブラインドのあるリビングの実例の間取り
個室1部屋をLDKと合体させたことで、広々としたリビングを実現(間取図提供/ハコリノベ)
リノベーション費用 約1000万円

【POINT3】トータルコーディネートを意識して“ちぐはぐ”を避ける

LDKなら、色や素材をリンクさせて

リビングだけでなく、キッチンやダイニングも同時にリフォーム・リノベーションするケースは多いでしょう。

「LDK全体をリノベーションする場合、リビングだけでなく、ダイニング・キッチンも考慮して色や素材を選びましょう。内装材に使う色や素材が多すぎると、後から家具やカーテンを入れた際に空間がごちゃごちゃした雰囲気になります。キッチン扉で使った素材をリビングの床でも使うなど、色や素材をトータルコーディネートする意識で選ぶと良いと思います」

実例 トータルコーディネートしたLDK

■LDKをトータルコーディネートした実例
LDK空間をトータルコーディネートした実例1
キッチンはラーチ材とアイアンを組み合わせ、床は薄いグレーのフロアタイルに。コンロ側の壁にベビーピンクのタイルを張り、優しい雰囲気に(写真提供/ハコリノベ)
LDK空間をトータルコーディネートした実例2
リビングの床はミニパーケット、テレビ背面の壁をOSB合板(短冊状に薄く削られた木片をプレスし、接着剤で高温圧縮したもの)にすることで、キッチンの木の素材感をリンク。壁は左官職人によるモルタル塗りで、キッチンの床と色調をそろえている(写真提供/ハコリノベ)
LDK空間をトータルコーディネートした実例の間取り
もとの2LDKの間取りを活かしつつ、キッチンは対面式に変更。壁の上部を空けたフリースペースは、家族の気配を届けて会話もできる(間取図提供/ハコリノベ)
リノベーション費用 約890万円

木の組み合わせは濃淡を上手に活かす

内装材や造作収納、家具などに多く使われる木は、樹種により色や木目が大きく異なります。

「ひとつの空間に全て同じ樹種を使うのは難しいので、2~3種類に抑えられると良いですね。ただ、同じ樹種でも、仕上げにより色や風合いは変わります。微妙に色が違うと落ち着かなく感じるので、複数の樹種を使う場合は、色の濃淡にメリハリをつけるコーディネートがおすすめです。例えば、こだわって選んだダイニングテーブルの樹種が濃色で木目が強いなら、床や造作部分は色も木目も控えめな樹種を選ぶとカラーバランスのよい空間がつくれます」

実例 濃淡のある木材でコーディネート

■濃淡のある木で美しくコーディネートした実例
LDK空間をトータルコーディネートした実例の間取り
やさしい雰囲気が印象的なスカンジナビアスタイルのリビング。無垢フローリングはホワイトオイルで塗装したオーク、造作収納はゴム材にオスモ塗装を施した(写真提供/ハコリノベ)
濃淡のある木で美しくコーディネートした実例2
ダイニングテーブルは濃い色合いだが、空間全体をやさしい色合いでまとめたことで調和がとれた空間に(写真提供/ハコリノベ)
LDK空間をトータルコーディネートした実例の間取り
キッチンとの間仕切り壁と和室を取り払い、広々としたLDKに。フリースペースはリビングと40cm段差をつけて腰かけられるようにしている(間取図提供/ハコリノベ)
リノベーション費用 約1140万円

予算や工期に無理のない計画を立て、満足できるリフォーム・リノベーションを

予算は見積もり時に伝えよう

リフォーム・リノベーションをすると決めたら、希望の間取りやデザインを実現するために、どのぐらい費用がかかるのか気になります。

「リノベーション会社に希望を伝えて見積もりを依頼すれば、およその費用は分かります。見積もり依頼時に予算を伝えて、予算内でできることの優先順位をつけて提案してもらうと、後から予算内に収めるためのコスト調整がしやすくなります。

コスト調整の方法は、面積の広い床材や壁材の変更や、造作収納を見直す方法などが一般的です。例えば、むくフローリングを合板フローリングにする、壁の塗装仕上げをクロスにする、造作収納を半分のサイズにしたり扉を無くしてオープンタイプにしたりするなどでしょうか」

ちなみに、リフォーム・リノベーション予算の立て方は、手持ち資金のみで行う、リフォームローンを借りる、物件購入時にリフォーム・リノベーション費用の分も合わせてローンを借りるなどの方法があります。住宅ローンの残債や家計を考慮し、無理のない計画を立てましょう。

工期が2週間以上なら、仮住まいの検討を

リフォーム・リノベーションの工期は、その内容によって大きく変わります。

「住まい全体のリノベーションで、水まわりの位置や間取りを変更するなら、工期は平均2~2.5カ月が目安です。キッチンやトイレが使えないとストレスがたまるので、工期が2週間以上かかる場合は、住みながらのリノベーションは避けた方が良いでしょう。ご実家が近い場合は仮住まいさせてもらったり、リノベーション会社に相談して賃貸住宅やトランクルームを紹介してもらったりすると良いと思います。

リビングだけの内装交換や造作家具を設置する場合は、1カ月程度が目安です。ただ、リビングに置いてある家具は、全て他の部屋へ移動していただいています。これは、職人さんの作業スペースを2~3畳程度確保する必要があるのと、家具がない方が木工事や内装工事、電気工事などの工事を一度に進められ工期を短縮しやすいためです。他の部屋に家具が入りきらない場合は、トランクルームを活用すると良いでしょう」

リフォーム・リノベーション箇所 工期
住まい全体(水まわりの位置や間取りを変更) 平均2~2.5カ月(目安)
リビングだけの内装交換や造作家具を設置 平均1カ月程度(目安)
リフォーム・リノベーション工事のイメージ
床材や壁紙の交換の場合も、家具を全て他の部屋に移動した方が工事はスムーズに進みます(画像/PIXTA)

リフォーム・リノベーション会社と上手にコミュニケーションを取ることが大切

満足できるリフォーム・リノベーションのためには、自分がおしゃれだと思う雰囲気を明確にして、依頼する会社に的確に伝えることが重要です。また、予算や工期についても、打ち合わせのときにしっかり確認しておくとトラブルを防ぎやすくなります。記事で紹介した情報を参考にして、自分好みのリビングをつくりましょう。

まとめ

“おしゃれなリビング”といっても人によってイメージする空間は異なるため、SNS、雑誌やWebなどで好みの空間の写真や画像を集めておく

内装材やスイッチ、ドアノブなどのパーツに使われる素材は、空間の雰囲気をつくるためこだわって選ぶ

LDK全体をリフォーム・リノベーションするなら、色や素材のトータルコーディネートを意識し、ちぐはぐな雰囲気になるのを避けよう

リフォーム会社を探す
中古一戸建てを探す
中古マンションを探す
賃貸物件を探す
新築一戸建てを探す
注文住宅の会社を探す
新築マンションを探す
土地を探す
売却査定する
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/山南アオ 
公開日 2021年10月29日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る