キッチンのリフォーム、どれくらい費用がかかるの?

キッチンのリフォーム、どれくらい費用がかかるの?

新しいキッチンに入れ替えるリフォームには、いくらかかるのか。ネットやチラシで調べてみても金額はバラバラで、しかもよく見ると「工事費込み」と書かれていることが多い。キッチンをリフォームする場合の「工事費」とは、どんな費用が含まれているのか? 結局、いくらあればリフォームできるのか? 施工事例とともにキッチンリフォームの気になる費用について、リフォーム会社のリビテックスの稲葉さんと木村さんにお話を伺った。

ケース別 キッチンのリフォーム工事にかかる費用の目安

最近のキッチンは、リビングとキッチンが一体化したLDKの普及に併せてデザイン性が大きく向上している。また「ゴミが集まりやすいシンク形状など、掃除がラクになるキッチンが増えています」と木村さん。さらに調理機器の進化や調理スペースの工夫によって効率的に料理ができるため、最新式のキッチンに変えるだけで、家事の時短につながるだろう。

キッチンのリフォーム費用の内訳は主に以下の3つ。

キッチン本体の価格

扉材やワークトップのデザインや高級感、ガスコンロをはじめとした調理器具等の機能にこだわるほど価格は高くなる。例えば扉材の選び方だけで数十万変わることもあるので、事前にカタログなどで価格帯を調べておくといい。

同じ位置・同じサイズでの交換であればキッチン本体価格以外に必要になる費用はあまりかからない。「むしろキッチンのグレードや、扉材の選び方でリフォーム費用が左右されます」(木村さん)

設置するための工事費

従来のキッチンからどれだけ変えるかによって、必要となる工事内容や費用が変わってくる。同じ位置・サイズなら給排水管や排気ダクトを移設しなくていいので費用を抑えやすい。

床材やキッチンパネルなどの周辺工事の材料費

床材やキッチンパネルも同時に新しくする場合、それらの材料費が必要になる。

これを踏まえて、リフォーム費用の安い順から見ていこう。

ケース1:ビルトインシステムキッチンをリフォーム

同じ位置・同じサイズの最新式キッチンへリフォーム

【施工費用例1】工事費込み 55万3000円
設備・建材費:32万5000円 工事費:22万8000円
設備・建材費/システムキッチン(間口2100mm)
工事費/解体撤去、電気・給排水工事、設置費など
種別/マンション 設計・施工/リビテックス (以下の事例も同様)

【施工費用例2】工事費込み 84万円
設備・建材費:61万2000円 工事費:22万8000円
設備・建材費/システムキッチン(間口2400mm)、背面食器棚
工事費/解体撤去、電気・給排水工事、設置費など
種別/マンション 

同じサイズのシステムキッチンを同じ位置に入れ替える場合、床や壁など内装をほとんどいじる必要がない。また「給排水管やガス管の配管、電気の配線も簡単なので、費用のほとんどを占めるのはキッチン本体価格となります」(木村さん)

ケース2:ブロックキッチンからビルトインシステムキッチンへリフォーム

同じ位置・同じサイズのシステムキッチンへリフォーム

イラスト
イラスト

【施工費用例1】工事費込み 55万3000円
設備・建材費:32万5000円 工事費:22万8000円
設備・建材費/システムキッチン(間口2100mm) 
工事費/解体撤去、電気・給排水工事、設置費など 
種別/マンション 

【施工費用例2】工事費込み 84万円
設備・建材費:61万2000円 工事費:22万8000円
設備・建材費/システムキッチン(間口2400mm)、背面食器棚 
工事費/解体撤去、電気・給排水工事、設置費など 
種別/マンション

シンクや調理台、ガス台がそれぞれ独立したものを組み合わせたブロックキッチンなどシステムキッチン以外のキッチンを、ほぼ同じサイズ、同じ位置でシステムキッチンに入れ替える場合、ケース1と同様に床や壁など内装をほとんどいじる必要がない。ただし「従来のキッチンの給排水管の位置などによって、ケース1よりも水道工事費やガス・電気工事費がかかる場合があります」(稲葉さん)

ケース3:キッチンレイアウトを変更

壁付のキッチンから対面式キッチンへリフォーム

【施工費用例1】工事費込み 95万8000円
設備・建材費:45万8000円 工事費:50万円
設備・建材費/システムキッチン(間口2250mm)
工事費/解体撤去、内装(床・壁・天井)・電気・給排水工事、造作工事、設置費など
種別/マンション

【施工費用例2】工事費込み 175万円
設備・建材費:125万円 工事費:50万円
設備・建材費/システムキッチン(間口2400mm)
工事費/解体撤去、内装(床・壁・天井)・電気・給排水工事、造作工事、設置費など
種別/マンション 

「先ほどのケース1や2と比べて大きく違うのが、キッチン周辺の内装工事を行う面積が大きくなることです。レイアウトを変える場合、床は全面的に張り替えることになりますが、その材料費や工事費は新しくする床の面積が広いほど高くなります」(稲葉さん)

また給排水管やガス管、電気の線を新たに配置したり、レンジフードの位置によっては排気ダクトを延長する工事費用も必要になる。

キッチン機器のリフォームや新設にかかる費用の目安

従来のシステムキッチンはそのままで、最新式と比べて機能が見劣りしてきた機器、故障してしまった機器を交換したいという人もいるだろう。その場合、どれくらいの費用で交換できるのか、見てみよう。

食器洗い乾燥機の入れ替えや新設

【施工費用例1】古い機器との入れ替え
工事費込み 17万円
設備費:12万5000円 工事費:4万5000円
設備費/食器洗い乾燥機
工事費/解体撤去、電気・給排水工事、設置費など

【施工費用例2】新設した場合
工事費込み 23万円
設備費:15万円 工事費:8万円
設備費/食器洗い乾燥機(省エネ機能付)
工事費/解体撤去、電気・給排水工事、設置費など

例1は古い機器との入れ替え、例2は新設した施工例。食器洗い乾燥機の商品グレードによって費用に差が出る。また一方、例2のようにもともと食器洗い乾燥機がなかった場合は給排水管や専用コンセントを新設する工事が必要になる。

ガスコンロを最新式にリフォームする

【施工費用例】工事費込み 8万6000円~17万6000円
設備費:6万円~15万円 ※グレードにより金額が異なる
工事費:2万6000円
設備費/ガスコンロ 工事費/撤去、設置費

同じサイズのガスコンロからガスコンロ、IHクッキングヒーターからIHクッキングヒーターに入れ替える場合、ガスや電気工事等の費用はほとんどかからない。ただし「IHクッキングヒーターを100Vタイプから200Vタイプにする場合や、ガスコンロをIHクッキングヒーターに替える場合には電気工事が必要になります」(稲葉さん)

レンジフードを最新式に交換
イラスト
イラスト

【施工費用例】工事費込み 8万円~17万円
設備費:5万2000円~14万2000円 ※グレードにより金額が異なる 
工事費:2万8000円
設備費/レンジフード
工事費/解体撤去、仮設・電気・給排水工事、設置費など

例えば一般的に普及しているブーツ型からデザイン性の高いスリム型に変更すると、どうしても背面のキッチンパネルに残った跡が気になってしまいがち。そのため「一緒にキッチンパネルを交換することが多いですね」(木村さん)

キッチンパネルを交換するための内装工事の費用も見ておいたほうがいいだろう。

上記以外に発生する可能性のあるオプション工事とは?

壁や床を張り替える

「ケース3:キッチンレイアウトを変更 壁付のキッチンから対面式キッチンへリフォーム」はもちろんだが、同じサイズ・同じ位置でのキッチンの入れ替え時でも、ついでに壁や床を交換してキッチンまわりを一新したい人もいるだろう。その際は内装工事費が別途必要になる。

2階のキッチンで、食器洗い乾燥機やIHクッキングヒーターを新設

食器洗い乾燥機やIHクッキングヒーターは分電盤から直接専用電源を引かなければならないが、分電盤が1階にあり、キッチンが2階にある場合はそこまでの間の配線を隠す必要がある。「一般的な電気コードと違ってこれらの電線は太いので、むき出しのまま壁や床をはわせるとかなり目立ちます。そのため配線を隠すための工事も必要です」(稲葉さん)

キッチンをリフォームする際の注意点

キッチンのサイズ選び

「2550(幅が2550mmという意味)」など、キッチンの間口サイズはいくつか用意されているが、そのサイズがキッチンルームに収まるかだけでなく、搬入経路が確保できるかという点もリフォーム時には重要になる。「特に古いマンションでエレベーターも階段も狭かったりすると、どうやっても住居まで持ち込めないサイズもあります」(木村さん)

リフォームを依頼したら、まず搬入経路も同時に確認してもらうようにしよう。

つり戸棚のサイズ選び

キッチンと併せてつり戸棚も入れ替える場合、収納量を増やそうとサイズを大きくしたい人も多いだろうが、梁がある場合はその位置によってサイズを大きくできないケースもある。これもリフォーム会社にあらかじめ相談するようにしよう。

キッチンレイアウトの変更

例えば壁付キッチンから対面式キッチンへとレイアウトを変更する場合、まず給排水管も移設しなければならないが、その際きちんと排水できるように勾配を付ける必要がある。「特にマンションや一戸建ての2階にキッチンがある場合、建物を垂直方向に走る配水管からあまり離れると、床の厚みの中で勾配が付けられず、床を高くするなどの工事が必要になることも。それも限界があるので、垂直方向の排水管からあまり離してレイアウトすることはできないと考えてください」(稲葉さん)

また対面式にすると、レンジフードから壁まで排気ダクトを伸ばす必要がある。特にマンションは躯体に穴を開けられないので壁や梁にはわせてそれを隠す工事も必要になるほか、それが空間を圧迫してしまいがちになる。

マンションでガスレンジからIHクッキングヒーターへリフォーム

マンションではマンション全体で使用できる電力容量に制限があるため、各戸の使用電力を変えることができず、大容量のIHクッキングヒーターを入れられない場合もある。契約アンペア数の変更については管理規約などであらかじめ調べておいたほうがいい。

キッチン本体価格がリフォーム費用を左右する

キッチンのリフォームで、最も費用を左右するのはキッチン本体の価格だ。選ぶビルトイン機器や扉材のグレードで価格は大きく変わるだけに、どんな機能やデザインが欲しいのか、あらかじめ検討してから予算を考えたほうがいい。また、同じ位置でキッチンだけ変えるなら工事費用は抑えやすいが、壁付のキッチンから対面式キッチンへ、などのレイアウト変更はリフォームする面積に比例して大工工事が必要になる。

紹介しているリフォーム事例の費用はあくまでも目安で、選ぶ機種や設置場所によって金額も変わってくる。自分の家の場合はどんな工事が必要なのか、この記事を参考にして予算の目安を付けてから、リフォーム会社に相談しよう。

取材協力先/ (株)リビテックス 取材・文/籠島康弘 イラスト/杉崎アチャ
公開日 2017年11月07日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る