住宅リフォームするにはいくら必要? 補助金はあるの?

住宅リフォームするにはいくら必要? 補助金はあるの?

長年住んでいるうちに、少しずつ不具合が出てきた家。そろそろリフォームを検討しなきゃいけないけれど、費用の目安がわからないまま進めるのはちょっぴり不安……。
それに、どうせ直すなら不具合はまとめて工事を済ませたいもの。リフォームが必要になるタイミングと、その費用の目安について知っておきましょう。

リフォームでの修繕、どこまでできる?

住宅の「リフォーム」を表しそうな言葉は、実はいろいろと耳にします。直すレベルに違いがあるので、まずは軽いものから順に説明しましょう。

(1)「補修」

日ごろの手入れレベルでちょっとした不具合を直すイメージとなります。床や壁のキズや凹みを補修する、といった内容です。

(2)「修繕」「リフォーム」

2つの言葉は、ほぼ同義で使われます。住んでいる家の不具合や劣化を感じた部分を、新築時または新品に近い状態に直す工事を指します。具体的には、水まわり設備の交換や床や壁紙等建材の交換、間取り変更など。基本的にマンションは共用部や躯体に関わるリフォームはできないので、躯体を除く室内の工事のみとなり、一戸建ての場合は、基礎や外壁、屋根の修繕なども行います。

(3)「改修」「リノベーション」

修繕に加え、住宅性能を向上させたり、今の暮らし方に合わせて改良し、新築時以上の住み心地にする工事を指します。リフォームやリノベーションでは、マンションの規約による制約や構造で不可能な工事も存在します。代表的なものは、構造上どうしても抜けない壁が存在したり、窓自体を変えたり増やしたりできないことなどです。また、要望によっては大がかりな工事になることもあり、一戸建ての場合は建て替えたほうが良いのかも含め、専門家に相談すると良いでしょう。その際、「今後その家にどれくらい住み続けたいのか」と「予算」が判断のカギとなりますので、今の家を見てもらうときに伝えられるよう考えておきましょう。

一般的にリフォームといった場合、(2)と(3)が混在しがちですが、どういったレベルの工事を望むのか、施工会社に伝える一助になりますので参考にしてみてください。
ここからは、(2)(3)が混在しますが、一般的な用語として「リフォーム」を使って話を進めます。

住宅リフォームは、どう進めたらいいの?

リフォームを検討する上で最初に行うべきことは、次の3つです。
・不具合・希望工事の洗い出し
・予算を検討して依頼する会社を探す
・施工会社による現場調査で要望等を伝えつつ状態を確認してもらい、具体的な話をスタート

実は、現場調査でのコミュニケーションがリフォーム成功のカギといっても過言ではありません。要望や不具合を感じる部分について、しっかり伝えましょう。
また、自分たちが不具合を感じている部分だけでなく、可能な限りプロの目で隅々まで家の状態をチェックしてもらい、必要な修繕の提案をしてもらうのが良いでしょう。今は不具合に気づいていない部分でも、傷みがひどくなる前に対応した方が小規模な工事や負担で済むものや、まとめて工事した方が安く済むものがあるからです。さらに、現場調査の結果を受けてプランや見積もりの提案を受け、ある程度納得したら依頼先を絞っていきます。細かくプランを練るのは、契約後になることが多いようです。

住宅リフォーム、費用を抑えるコツとは

リフォーム費用は「建材・設備費」「工事費」で成り立っている

暮らし方や環境などにより1軒ごとに状態が違うリフォームは、費用がわかりにくいと思われがち。費用の成り立ちを知れば、費用がかさむ、または安く済む理由がわかり、検討を進めやすくなるでしょう。
リフォーム費用は大きく「建材・設備費用」と「工事費用」の要素で成り立ちます。建材・設備費は設備や建具、建築資材のグレードで増減しやすく、ショールームなどでよく比較検討してみると良いでしょう。工事費は、職人の人件費。同じ面積で同じような工事内容では差が出にくいものですが、施工面積のほか、解体の分量や施工の手間、職人の人数などで増減する要素です。

リフォーム費用を抑えるコツ

■建材・設備費を抑える

・設備のサイズや数、グレードを見直す  
・パック料金の設定がある場合は、設備の入れ替えなどまとめてリフォームする  
・既存の建具や設備機器の活かせるものは残しつつ、色を塗り替えたり、一部の設備だけ新品を入れることで、全て新品に入れ替えるよりコストが抑えられることも

■工事費を抑える

・解体工事やレイアウト変更を極力減らす。壁を移設すると、床や天井を張りなおしたり、電気工事が発生したりとコストが上がる要因に。子ども部屋を書斎や収納にするなど、部屋の使用目的を変えるだけで大きな工事が不要になるケースもある 
・左官工事やタイル工事、家具の造作など、特別な職人が必要な工事は人件費がアップするので範囲を絞る。壁は下地だけつくってもらい、塗装は自分たちでDIYするなどの工夫で少し下がるケースも。手間がかかって工期が伸びれば人件費もかさむので注意 
・特別な型枠が必要な曲線を使った壁を減らし、四角形を組み合わせたプランにする

■工事の内容をまとめて、費用を抑える

リフォームする時期には、ある程度目安があります。水まわり設備や壁紙の張替えなら10年~15年、床のフローリング材の張替えなら15年~20年くらいでしょうか。まとめられるものをまとめることで、無駄なコストが省けます。例えば一戸建ては外壁や屋根をリフォームする際に足場を組みますが、まとめてリフォームすれば足場代が1回分浮きます。素材によりますが、外壁の塗り直しは15年程度、屋根は35年程度で修繕することが多いので、2回目の壁の修繕と屋根を同時にリフォームするのがオススメです

外壁や屋根のリフォームをまとめてリフォームすれば足場代が1回分浮きます

優先すべきリフォームとは

リフォームする優先順位は、「不具合の解消」→「デザインの改善」です。生活の質や安全面を左右する耐震補強や断熱工事は、大がかりで費用がかさみますが、特に優先にするべき項目です。また、もし窓が単層ガラスなら、複層ガラスにしたり内窓を設置するだけでも結露や室内温度がグッと改善しますし、住んでからのエアコンの電気代などが減らせるでしょう。リフォームでどんな改善をしたいかやリフォーム後に求める暮らしをしっかり施工会社に伝えることで、予算内に収めるための取捨選択の相談に乗ってもらえます。

今回は、キッチン、水まわり、LDKのリフォームについて、いくつか実例を見て費用を参考にしましょう。なお、実例中の費用は施工当時のものになります。実際の価格は、施工会社にご確認ください。

キッチンのリフォーム費用実例

約100万円
配置は変えず設備を一新したI型キッチン

配置を変えずにシステムキッチンを入れ替える場合、給排水管や換気ダクトを既存への接続のみで済むなら工事費用は割安に。設備のグレードにより費用は大きく変わるが、実例は標準グレードにオプションで食洗機を付けたもの。

キッチンの写真
(設計・施工:JSリフォーム(日本総合住生活))

【DATA】
設備・建材費(約86万円)/システムキッチン(間口2550mm)、床材
工事費(約14万円)/解体、内装、給排水、電気、諸経費
リフォーム面積 7.56m2

約148万円
壁を撤去し独立型キッチンを対面式に

もともと独立型で壁に向かってシステムキッチン配置されていたが、壁を撤去し、配置を変えている実例。給排水管や排気ダクトの延長、床の張替えも必要に。対面式にする場合、リビング側の腰壁を造作するケースが多く、その分の費用も必要となる。

キッチンの写真
(設計・施工:サンリフォーム)

【DATA】
設備・建材費(約87万円)/システムキッチン(間口2100mm)、床材、タイル
工事費(約61万円)/解体、内装、給排水、電気、木工事など
リフォーム面積 5.06m2

約238万円
カウンターテーブルと一体の造作キッチン

キッチンを造作する場合は、予算に合わせてカスタマイズできる。コンパクトにしたり扉をなくせば安く、こだわりを詰め込めばそれだけ価格も上がる。事例は調理台とダイニングテーブルを兼ねたカウンターがおしゃれなキッチン。コンセントも使いやすい位置に多めに設置。

キッチンの写真
(設計・施工:SHUKEN Re)

【DATA】
設備・建材費(約182万円)/造作キッチン、設備機器、床材、タイル、クロス、照明器具
工事費(約56万円)/解体、内装、給排水、設備、電気、塗装、木工事など
リフォーム面積 11.50m2

水まわりのリフォーム費用実例

トイレ・約68万円
タンクレスにして手洗いカウンターを設置

トイレをタンクレスにする場合は、トイレ内かすぐ近くに手洗いを設ける必要がある。実例は元の広さを活かして手洗いを設け、床と壁をモノトーンのタイルで仕上げたシックなトイレ。トイレは来客の目に触れやすく、比較的狭いスペースなので、思い切った意匠を取り入れやすい空間だ。

トイレの写真
(設計・施工:サンリフォーム)

【DATA】
設備・建材費(約38万円)/設備機器、タイル 
工事費(約30万円)/解体、設備機器設置、内装、タイル、木工事、給排水、電気など
リフォーム面積 1.65m2

洗面・約56万円
洗面化粧台を造作でW洗面ボウルを実現

洗面化粧台は位置を変えずに新品の設備に入れ替えると工事費が安く済む。空間の広さに合わせてピタリとはまる造作の場合は、ホテルライクな美しさや趣味に合ったデザインを追求しやすい。写真の事例のように、コンパクトながらW洗面ボウルをかなえたり、収納の扉を省いてコストダウンを図ることも可能だ。

洗面所の写真
(設計・施工:SHUKEN Re)

【DATA】
設備・建材費(約26万円)/洗面化粧台、洗面機器一式、床材、タイル、照明器具 
工事費(約30万円)/解体、内装、給排水、設備、電気、タイル、木工事、造作など
リフォーム面積 4.80m2

浴室・約72万円
間取り変更で広いシステムバスに入れ替え

システムバスを最新設備に入れ替えると、お手入れのラクさや保温性などの性能がぐんと向上するので、浴室のリフォームは満足度が高い。写真の実例は、浴室の位置はほぼ同じながら、浴槽の向きを変えて広さを実現し、断熱浴槽にしたことでグッと快適になった。

浴室の写真
(設計・施工:アクアラボ)

【DATA】
設備・建材費(約50万円)/システムバス一式 
工事費(約22万円)解体、設備機器設置、給排水工事、電気、諸経費など
リフォーム面積 2.5m2

水まわりをまとめて・約427万円
位置は変えずに高いグレードの機器に一新

リフォームは、なるべくまとめて実施したほうが、バラバラに行うよりも総額は安く済む。主な理由は、工事費がまとまることでロスが少なくなるから。設備費はそれぞれ必要だが、水まわりの工事をまとめたお得な価格のパック商品を設けている会社もあるので確認を。写真は、位置は既存と変えずに、水まわり4点を入れ替えた実例。キッチンは食洗機や人造大理石の天板を採用、浴室は元から広い1.25坪サイズに浴室換気暖房乾燥機を設置、洗面はツインボウルの洗面化粧台に、トイレはタンクレスを採用するなど、グレードの高い設備機器を選んでいる。

キッチンの写真
(設計・施工:山商リフォームサービス)

【DATA】
設備・建材費(約301万円)/システムキッチン(間口2550mm)、システムバス、洗面化粧台、便器、手洗い器など 
工事費(約126万円)/解体、木工事、内装、給排水、電気、諸経費など
リフォーム面積 19.27m2

LDKのリフォーム費用実例

約145万円
汚れや古さのある床や壁の内装を一新

年月が経った壁や床は、日焼けや汚れで部屋の印象が暗くなりがち。面積が広い床や壁を一新すると、部屋が明るい印象になる。写真のように、タイルなどを使って好みのインテリアにつくりかえるのも楽しい。

ダイニングルームの写真
(設計・施工:JSリフォーム(日本総合住生活))

【DATA】
設備・建材費(約34万円)/床材、壁・天井クロス、タイル 
工事費(約111万円)/解体、木工事、内装、造作、電気、など
リフォーム面積 20.93m2

約345万円
小分けだった部屋をつなげ広いLDKを実現

分断された間取りで不便に感じるなら、今のライフスタイルに合わせて間取り変更を検討しよう。キッチンの位置が変わり、給排水管や排気ダクトの延長が必要な場合は費用アップになる。写真は、調理しながら家族の様子に目配りしたり、サッと配膳できるようにキッチンをLDKの中央に配し、動線を全方位に短く設けられた実例。

キッチンの写真
間取り
(設計・施工:山商リフォームサービス)

【DATA】
設備・建材費(約201万円)/システムキッチン、床材、室内建具、サッシ 
工事費(約144万円)/間取り変更、解体、木工事、キッチン取り付け、内装、造作、電気、など
リフォーム面積 45.00m2

約700万円
LDKの位置を変え、吹抜けのある明るい空間に

細かく分かれた部屋をつなげて壁を減らすと、光が行きわたり、室内が明るくなる。一戸建てで空間を広くする間取りを希望する場合は、壁を外しても必要な強度があるかが実現のカギとなる。写真は、日当たりのよい南側にLDKを移し、吹抜けのある大空間にすることでグッと明るい家族の団らんスペースをつくった一戸建ての実例。

キッチンの写真
間取り
(設計・施工:LOHAS studio)

【DATA】
設備・建材費(約350万円)/キッチン設備、床材、建具、造作材、サッシ、タイル、塗料、畳、照明器具、木材(構造・羽柄材) 
工事費(約350万円)/解体、木工事、断熱、設備、内装、電気、タイルなど ※費用はLDK+和室分を算出
リフォーム面積 39.70m2

リフォームは、現状の不具合や住み心地への要望をしっかりまとめ、現地調査で施工会社とコミュニケーションをとりながら疑問や不安を払拭するのが大切。信頼できる会社としっかりプランを詰められたら、あとは快適な暮らしを待つばかりです。
また、リフォームには、いくつかの減税措置や自治体ごとに設けたお得な制度などもありますから、上手に使ってすてきな暮らしを手に入れましょう。

まとめ

要望を整理し、現場調査で施工会社とコミュニケーションをとりながらプランと見積もりを精査する

素材や設備グレード、リフォームの範囲などでコスト調整は可能

減税制度などお得な制度を調べて賢く使おう

中古マンションを探す
中古一戸建てを探す
リフォーム会社を探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
注文住宅の会社を探す
カウンターで相談する
取材・文/竹入はるな 
公開日 2020年08月25日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る