デザイン性を重視したリフォームの費用相場

デザイン性を重視したリフォームの費用相場

リフォームするならデザインにこだわりたい、という人は多いでしょう。ではデザイン性を重視したリフォームとは、どういうリフォームでいくらくらいかかるのでしょうか?デザイン性が高いリフォームでよく使用される素材や住宅設備やデザインリフォームと費用相場について考察してみました。

自然素材を使ったデザイン重視リフォームの費用相場

見栄えがしてデザイン性を高めてくれるのが、むく材など自然素材。
その費用相場を探ってみましょう。

むく材のフローリングを使ったデザインリフォームの費用相場

フローリングには、合板を基材とした複合フローリングとむく材のフローリングがあります。
より見栄えがするのがむく材のフローリング。
むく材のフローリングは、樹種によって柄や色、質感が異なり、費用相場も異なります。

主な樹種のむく材のフローリング1m2当たりの価格相場は、以下のようになっています。

■むく材のフローリング価格相場/1m2
パイン材 約6000円
スギ材 約6000円
オーク材 約7000円
チーク材 約1万円
ヒノキ材(上小節) 約1万円
ウォールナット材 約1万3000円

上記の単価を使う面積で掛ければ、床材の費用相場が出ます。
例えば、パイン材を20m2のリビングに使った場合は約12万円
ウォールナット材は約26万円と、樹種によって大きな違いが出てきます。

これに床張りの工事費を加えたものがリフォーム費用となります。
工事費は既存のフローリングなどの解体撤去費と、新規のフローリングの張り手間代からなります。
解体撤去費は既存の床がフローリングの場合、1m2当たり約1000円、張り手間代は約3000円が相場。
12畳(約20m2)だと解体撤去費と張り手間代を合わせた約8万円が工事費
となります。

樹種別に12畳(約20m2)の張り替えリフォーム費用は、フローリング代を含めて以下のようになります。

■フローリング張り替えリフォーム費用(12畳/約20m2の場合)
パイン材 約20万円
スギ材 約20万円
オーク材 約22万円
チーク材 約28万円
ヒノキ材(上小節) 約28万円
ウォールナット材 約34万円

単価の違いが施工面積によって大きく影響することがあるので、樹種選びは予算に合わせて慎重に行いましょう。

スタイル工房 深い色味のウォールナット材で床を張り替えた例
深い色味のウォールナット材で床を張り替えた例(写真提供/スタイル工房)

塗り壁材を使ったデザインリフォームの費用相場

ビニールクロスにはさまざまな色柄があり、安価なことが特徴ですが、表面がビニールだけに味わいに欠けることと、経年変化で汚れるのも早いという難点があります。
一方、塗り壁はコテなどで職人さんが塗りますが、手塗り特有の味わいがあり、呼吸する素材を使ったものは美しさが長持ちします。

塗り壁の工事には、ペンキなど塗料による塗装工事と、漆喰(しっくい)や珪藻土など石や土由来の調湿性のある素材を使ってコテなどで塗っていく左官工事があります。
材料費や手間代が多くかかり、リフォーム費用が高くなるのは後者です。

ビニールクロスの張り替えなら材料+工事費で1m2当たり1500 円程度みておけばいいのですが、塗り壁は約8000円みる必要があります。
漆喰も珪藻土も同程度です。

12畳(約20m2)で比較すると、ビニールクロスの張り替え費用は約9万円に対し、漆喰や珪藻土は約48万円となります。
(壁+天井面積を床面積の約3倍の60m2として計算)

■壁リフォーム費用の違い(12畳/約20m2の場合)
ビニールクロス 約9万円
漆喰・珪藻土 約48 万円
※壁面積は60m2として計算
One's Lifeホーム むく材のフローリングに合わせて壁・天井を珪藻土塗りにしたリビング
むく材のフローリングに合わせて壁・天井を珪藻土塗りにしたリビング(写真提供/One’s Lifeホーム)

デザイン性の高いキッチンを使ったリフォームの費用相場

キッチンなどの設備機器はデザイン性に大きく影響します。
既製品ではある程度価格の高いものがデザイン的には好まれるようです。
また、造作でデザイン性の高いオリジナルの設備をつくるケースもあります。

それぞれの費用相場を見ていきましょう。

フラット対面式のキッチンの費用相場

システムキッチンの高級タイプといえば、天板(てんばん)がフラットで奥行きが深いフラット対面タイプ。
デザイン性が高く、インテリアとして空間になじみます。

LIXIL システムキッチン リシェルSI
アイランドタイプのフラット対面式キッチン「リシェルSI」(写真提供/LIXIL)
LIXIL システムキッチン リシェルSI
ペニンシュラタイプ(側面が壁付け)の造作壁対面式キッチン「リシェルSI」(写真提供/LIXIL)

フラット対面式キッチンの一般的な費用相場は、一般的なI型キッチンの価格相場が50万円~100万円(造作壁の施工費除く)ほどなのに対して、キッチン本体の価格のみで約100万円~200万円(間口2700mmの場合で)と高めになります。

●キッチンの一般的な費用相場
I型キッチンの価格相場 50万円~100万円(造作壁の施工費除く)
フラット対面式キッチン 約100万円~200万円(間口2700mmの場合、キッチン本体価格)

キッチンを造作する場合の費用相場

キッチンは既製品のシステムキッチンを採用する以外にも、オリジナルで造作することもできます。

この場合は、デザインも自由にできますが、使う素材やパーツなどによって費用が変わってきます。
費用相場を挙げることは難しいですが、造作事例を費用とともにいくつか紹介しましょう。

【キッチンの造作費用】80万円(概算)
ハコリノベ キッチン
ステンレスの天板と木材、アイアンを組み合わせたキッチン(写真提供/ハコリノベ(サンリフォーム))
【キッチンの造作費用】170万円(概算)
ハコリノベ キッチン
ステンレスフレームと木を組み合わせて厚さ3mmのステンレス天板を載せたキッチン(写真提供/ハコリノベ(サンリフォーム))

デザイン性の高い洗面台やトイレを使ったリフォームの費用相場

造作洗面台のリフォーム費用相場

洗面化粧台は、リフォームの際、造作で設けるケースが多いです。
シンプルなデザインでつくれば比較的費用も安く済みます。
いくつかのケースを紹介しましょう。

【洗面化粧台の造作費用】28万円(概算)
ナサホーム 洗面化粧台
集成材でカウンターを造作しタイル、ブラケットライト、ウッドミラーを合わせてアンティークな雰囲気に(写真提供/ナサホーム)
【洗面化粧台の造作費用】42万円(概算)
SCHOOL BUS 洗面化粧台
2人並んでもゆったりしたスペースに、カウンターをモルタル塗りで仕上げた洗面化粧台(写真提供/SCHOOL BUS)

スタイリッシュなタンクレストイレのリフォーム費用相場

タンクがなく、スタイリッシュなタンクレストイレは、デザイン重視のトイレリフォームに欠かせないアイテム。
工事費を除くトイレ機器の一般的な費用相場はタンク付きが約10万円~20万円なのに対して、
タンクレスは約20万円~30万円と高くなり、かつ手洗い器が約5万円~20万円別途かかります。

●トイレの価格相場(工事費を除く)
タンク付きトイレ 約10万円~20万円
タンクレストイレ 約20万円~30万円
手洗い器 約5万円~20万円

タンクレストイレにリフォームした事例を紹介しましょう。

【タンクレストイレのリフォーム費用】42万円(概算)
ナサホーム タンクレストイレ
凹凸が少なく掃除しやすいタンクレストイレに交換し、カウンター付きの手洗い器も設置(写真提供/ナサホーム)
【タンクレストイレのリフォーム費用】48万円(概算)
ナサホーム タンクレストイレ
タンクレストイレにリフォームし、遊び心のあるかわいい手洗いボウルを設置(写真提供/ナサホーム)

リフォーム費用別、デザイン重視リフォーム事例集

デザイン重視のリフォームをした事例を、費用の内訳とともに紹介しましょう。

【リフォーム費用:950万円】シンプルモダンテイストで大人のイメージに

むく材のフローリングと塗装した壁・天井をベースに、ステンレスやアイアン、モルタルといった素材がインダストリアルな雰囲気を演出。ラフ過ぎずすっきりモダンなデザインに仕上げました。

schoolbus LDK
ステンレスのキッチン、あらわしにした天井の配管、アイアンのパーテーションでインダストリアルな雰囲気を演出

<工事費内訳>

仮設解体工事: 140万円
電気・ガス・給排水工事: 100万円
大工・建具工事: 320万円
その他工事: 75万円
設備工事: 150万円
内装工事: 120万円
塗装・左官工事: 45万円
工期/約2.5カ月
種別/マンション
リフォーム面積/90.72m2
設計・施工/ SCHOOL BUS

【リフォーム費用:2550万円】ナチュラルテイストの二世帯住宅

実家で両親と同居を機に二世帯住宅へとリフォーム。構造の補強や断熱性向上とともに、室内は自然素材を多用して、爽やかな空間で子育てできる家になりました。

スタイル工房 リビング
ナラむく材のフローリングに漆喰の塗り壁と珪藻土クロスを併用。室内窓で光を取り入れる工夫も

<工事費内訳>

仮設・解体・撤去: 210万円
木工・内部造作: 840万円
内装仕上げ: 210万円
什器設備: 220万円
設備(給排水・電気): 190万円
外装・外構: 410万円円
その他(耐震・断熱含む): 470万円
工期/4カ月
リフォーム面積/100m2
種別/一戸建て
設計・施工/スタイル工房

【リフォーム費用:1420万円】ゴージャスなテイストのLDK

ホテルのようなスタイリッシュな空間を目指して、生活感のあるものは全て収納できるようにしました。家具やキッチンに合わせて壁紙やタイル、照明器具を選定、ゴージャスな空間を実現しています。

ナサホーム LDK
ホテルのようなスタイリッシュな空間を目指して家具が栄える空間に

<工事費内訳>

解体工事: 117万5000円
電気工事: 108万円
大工工事: 282万5000円
雑工事: 187万2000円
建具・サッシ工事: 171万7000円
内装工事: 112万1000円
設備工事: 441万円
工期/約2カ月
種別/一戸建て
リフォーム面積/64m2
設計・施工/ナサホーム

デザイン性重視のリフォームを成功させるコツ

デザイン性を重視したリフォームを成功させるには、自分のセンスに合うリフォーム会社を見つけることと、プランニング担当者とのコミュニケーションがカギを握ります。

好みのデザインをリフォーム会社の施工例から探す

リフォーム会社のデザインテイストはさまざまです。
その中から自分のセンスや好みに合う会社を見つけるためには、たくさんの施工例をチェックしましょう。
ネットや雑誌には、多くのリフォーム会社の施工事例が掲載されています。
その中から気に入った会社を数社選び、実際に相談してみるとよいでしょう。

ファイルを利用して写真でイメージを伝える

自分の好みをリフォーム会社に伝えるためには、ビジュアル素材を駆使することが大切。
気に入った施工例を見つけたときは、「お気に入り」に登録しておきましょう。
「お気に入り」一覧を見ることで、自分にとってもより好みが明らかになるというメリットもあります。

また、担当者には他社のものも含めて、写真を見てもらうことで、こうしたいという希望がクリアに伝わります。

リフォーム打ち合わせイメージ
(写真/PIXTA)

機能性や動線に注意してリフォームする

デザイン性を重視したいとはいえ、見た目ばかりにこだわって、機能性や動線をおろそかにしないよう気をつけることも大事です。

家事をスムーズにこなすためには、キッチンから水まわりへの動線が短く、スムーズに動けるよう、設計されていることが大切。

例えば、下の事例のように、キッチンから洗面室、浴室へと短い動線でつながる間取り。洗面室から廊下に抜けられ、リビング、キッチンへと一巡できる動線が参考になるでしょう。

間取り
東京ガスリノベーション
キッチンのすぐ横が洗面室で浴室に続く

リフォーム面積/63.93m2
設計・施工/東京ガスリノベーション

デザイン性重視のリフォームをするときの会社選びのポイント

デザイン性重視のリフォームをするとき、会社を絞り込んでいくときは、どのような提案をしてくれるか、わかりやすく説明してくれるかが、選択のポイントになります。

好みのテイストを理解した提案をしてくれるか

リフォーム会社はこちらの要望に対して、プランを描いてくれます。
そのときに使う素材や間取りなどが要望に沿ったものになっているかをチェックしましょう。
複数社を比べてみて、一番要望に沿っていると思われる会社を選ぶのがよいでしょう。

さらに、こちらの要望に沿っているだけでなく、プロならではの提案も加味されているかどうかもチェックポイントです。

わかりやすくビジュアルで提案してくれるか

プランは設計図だけだと難しくて理解しづらいのがふつうです。
そこで、スケッチやコンピュータグラフィックなどを使って、ビジュアルでイメージを伝えてもらうようにしましょう。
なおかつ、言葉でそれをていねいに説明してくれるかどうかも、会社を決めるポイントになります。

予算に合った提案をしてくれるか

いくらデザイン性が豊かでも、予算を超えてしまったら何にもなりません。
最初にリフォーム会社に予算を伝えておきましょう。

提案が予算を超えた場合は、設備や建材のグレードを一部下げるなどして、調整をしなければなりません。
かなえたい希望に優先順位をつけておくと、コスト調整がスムーズに行えます。
リフォーム会社に同じテイストの設備で、より安いメーカーはないかなど、聞いてみるのも手です。

リフォームの提案イメージ
(写真/PIXTA)
まとめ

デザイン性を重視したリフォームは、材料やプランに凝るほど費用相場が上がります。

ポイントを絞って、お金のかけどころにメリハリをつけましょう。

予算内で好みのテイストに合った提案をしてくれるリフォーム会社を見つけましょう。

リフォーム会社を探す
中古一戸建てを探す
中古マンションを探す
賃貸物件を探す
注文住宅の会社を探す
新築マンションを探す
土地を探す
売却査定する
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
構成・取材・文/林直樹 監修/甚五郎設計企画(柏崎文昭) 
※文中の費用相場は筆者および監修者による試算に基づきます
公開日 2021年01月28日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る