徹底比較!床暖房の特徴や費用、温水式と電気式でどう違うの?

冬が来るたびに「床暖房にしたい」と考える人もいるだろう。でも、価格やランニングコストといった費用や、いくつかある床暖房の種類からの選び方など、気になること、分からないことが多く、迷っているうちに春になりがち。そこで、床暖房導入前に知っておきたい基礎知識をパナソニックに取材した。

床暖房の基礎知識。どんな種類があるの?

床暖房は大きく分けて「温水式」と「電気式」の2種類

「温水式」と「電気式」はコストや適した使い方が違ってくる。それぞれの特徴を知っておこう。

【温水式】
温水式は床暖房パネルに熱源機でつくったお湯を循環させて部屋をあたためる仕組み。お湯をつくる燃料になるのは電気やガス、灯油のほか、ガス+電気のハイブリッドタイプなどがある。電気式に比べてランニングコストが安く、広い部屋や複数の部屋の暖房に適している。

これからオール電化住宅を建てる場合やエコキュートを導入する場合の床暖房設置なら、エコキュートを組み合わせることで、割安な夜間電力で電気代を抑える効果が期待できる。ただし、すでにエコキュートを設置している家で後から床暖房にする場合は、床暖房機能付きエコキュートのものに買い替える必要がある。コストを考えると、家庭用ヒートポンプ式温水暖房機など他の熱源を検討するのが一般的。

【電気式】
電気式は発熱体に電気を通すことであたためる仕組み。窓からの日差しが当たるなど、部分的に温度が上がる場所があると、ヒーターが自分で判断してその部分の発熱を抑制するPTCヒーターというものがある。これを採用している床暖房システムなら、電気の無駄づかいを防ぐことができる。早くあたたまりやすい電気式の床暖房は部分暖房や、オンオフが頻繁な場所に向いている。

仕上げ材の自由度が違う「分離型」と「一体型」

床暖房の仕上げ材を何にするかによって、選ぶ床暖房商品が違ってくる。
「仕上げ材分離型の商品なら、床暖房用のフローリングだけでなく、畳やカーペットも可能です。インテリアにあった仕上げ材を選ぶといいでしょう。一方、仕上げ材一体型の商品は、仕上げ材のバリエーションは少なめですが、あたたまるまでの時間が短いメリットがあります」(パナソニック広報担当者、以下同)

仕上げ材分離型
さまざまなインテリアに合わせて床材を選べる仕上げ材分離型。画像左「(温水式)フリーほっと温すいW」、画像右「(電気式)フリーほっと」(画像提供/パナソニック)
仕上げ材には木質床材(フローリング)、磁器タイル、床暖房専用畳、カーペット、クッションフロア、コルクタイルがある。※仕上げ材はすべて床暖房対応のものに限る(画像提供/パナソニック)
仕上げ材一体型
暖房効率の高い仕上げ材一体型。画像左「(温水式)You温すい」、画像右「(電気式)Youほっと」
仕上げ材には天然材のもつ美しさを表現した木質床材や、アレル物質を抑制するアレルバスター配合塗装仕上の木質床材がある(画像提供/パナソニック)

気になる光熱費。床暖房の設置費用やランニングコストは?

温水式と電気式、ランニングコストは温水式が安い

「床暖房は日中に使用するか夜間に使用するか、周囲の温度環境、オン/オフの回数などによってランニングコストは違ってきます。一般的な傾向としては、温水式は、設置費用は電気式と比べると割高でランニングコストは安く、電気式は、設置費用は安く抑えられますがランニングコストは温水式と比べるとやや割高です」

床暖房のランニングコストと部材費

温水式(You温すい)※1 電気式(Youほっと)
部材費 56万7400円(税別) 64万2600円(税別)
ランニングコスト 約3900円/月 約6800円/月

※仕上げ材一体型。10畳間で1日8時間連続使用。室温約20度一定状態で30日運転。床温約30度。新電力料金目安単価27円/kWh(税込)で計算。
※1パナソニックヒートポンプ式温水暖房機の場合。熱源機本体、熱源機リモコン、リモコンコード、熱源機の設置に必要な部材と全ての工事費は含まず。(データ提供/パナソニック)

上の表は、温水式と電気式の部材費とランニングコストを比較したもの。温水式は設置時に熱源機の値段や設置工事費がプラスされるため、電気式よりも導入にかかるコストは大きくなる。しかし、ランニングコストは電気式より抑えられるのが一般的だ。

つけっぱなしにしたほうがコストが下がるケースもある

床暖房の消費電力が大きいのは、冷たい状態からあたためるとき。
「そのため、1日に何度も電源をオン/オフするような使い方をした場合、つけっぱなしのほうがランニングコストを抑えられるケースも考えられます。とはいえ、使用時間や周囲の温度などによってコストは違ってきますから、1日中つけっぱなしが必ず電気代が安くなるというわけではありません」

わが家にぴったりの床暖房、どう選べばいい?

使う場所や使用時間で違う、床暖房選びのポイント

床暖房を家全体に使うのか、部分的に使うのか、使用時間は長いか短いかなどが、温水式か電気式かを選ぶ際のポイント。在宅時間が長く、LDK全体や複数の部屋で使用する場合はランニングコストの安い温水式が、日中は外出が多く朝晩しか使わない場合や、キッチンのシンク前やベッドやソファの足元など部分的な暖房のみなら電気式が適している。

リフォームの場合の注意点

リフォームの場合、今の床を撤去せずに上から設置できればリフォーム費用を抑えることができる。ただし、既存床が十分な厚さの木質床材であること、傷みがひどくないこと、断熱材が入っていること、温水式の場合床下に人が入れる高さがあることなど、いくつかの条件がある。

マンションの場合、温水式の床暖房は床下の配管が難しいことや断熱材が入れられないことなどから、設置は困難。電気式の場合は、床のタイプ(二重床か、コンクリートスラブ直張りか)によって、施工できる商品が違う。

リフォームで床暖房を設置する場合は、今の床に重ねて設置できるか、どの商品が適しているかをリフォーム会社に確認してもらうことが必要だ。

床暖房のメリット・デメリット、知っておきたい注意点は?

足もとからあたたかく、ホコリが舞いにくい

あたたかい空気は上へ昇ってしまい、冬の部屋では足が冷えることがよくある。しかし、床暖房は足もとから心地よく暖めてくれる。また、温風が吹き出すFF式ストーブやエアコンに比べてホコリが舞いにくい。高温になる箇所がないため、高齢者や小さな子ども、ペットがいる世帯にも安心だ。

なお、エアコンやストーブに比べると設置費用がかかる点、ソファやベッドなどの家具は脚があるデザインのものを選ぶことになるため、インテリア選びに制約が出ることなどがデメリットとして挙げられる。

低温やけどに注意

床暖房のある部屋はぽかぽか快適で、床の上でゴロゴロと昼寝をしたくなりそう。しかし、これは危険。40度~55度の比較的低い温度でも、長時間皮膚の同じ場所に触れていると低温やけどを起こす場合があるからだ。

家具やカーペット、ラグなどの置き方や扱い方にも注意が必要。
「座布団やクッションなど、放熱を妨げるものが置かれているときや、取り除いた直後は熱がこもっていてやけどをするおそれがありますから、床暖房パネルには触らないようにしてください。また、カーペットやラグ、脚のないソファなど放熱を妨げるものを長期間(1カ月以上)、床暖房パネルの上に置かないようにしましょう。熱がこもることで、床材のヒビ割れや変色の原因になります」

そのほか、ピアノなど重たいものを置く場合は根太や下地の補強をしたうえで、脚に敷板などを敷いて重量を分散させることが必要。施工の前に、家具などのレイアウトを建築会社やリフォーム会社と相談しておこう。

暮らし方によって、ぴったりの選び方が違ってくる床暖房。温水式、電気式それぞれの特徴やコストの違いを知り、ハウスメーカーや工務店、リフォーム会社とよく相談して決めよう。

注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
取材・文/田方みき
公開日 2018年09月22日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る