リフォームの常識【マンション編】

リフォームの常識【マンション編】

家のリフォームでは、建物の構造や法律上の制限などで「できること」と「できないこと」がある。特にマンションは管理規約での制約もあるので確認したうえで進めたい。この記事では、事前に知っておきたいマンションリフォームの常識と、経験者のクチコミを併せて紹介する。

共用部分はリフォーム不可 管理規約の制限も確認を

マンションには「専有部分」と「共用部分」があり、個人でリフォームできるのは専有部分だけ。構造体や窓、玄関の扉などは共用部分なのでリフォームすることはできない。住戸の内側であれば、解体して間取りを変えることもできるが、配管の移動や使用する素材が制限されるなどマンションごとに管理規約のルールがある。工事中の養生方法なども含め、管理組合に確認しておこう。

イラスト
○…できる ×…できない △場合による
内装

○…住戸の内側は専有部分なのでリフォーム可能。壁材や天井材などの内装の張り替えや塗替え、建具の交換ができる

天井

△…構造体のコンクリートの内側までが専有部分。天井板を外し、天井高を上げることは可能だが上階住戸の配管がないか注意が必要

△…既存の窓は共用部分なのでサッシの変更はできないが(管理規約に変更可能なサッシの規定がある場合も)、内窓を新設することは可能

パイプスペース

×…排水管専用と、給水、ガス管、電気配線用の2種類ある。住戸の中にあるが、どちらも共用部分なので既存の場所から移動できない

バルコニー

×…バルコニーは共用部分なのでリフォーム不可。ウッドデッキを設置する場合は、管理規約を確認し、避難ハッチを塞がないように注意

コンセント

△…増設や移動は可能だが、マンション全体で電気の総容量が決まっており、各住戸の容量に限度がある。電気製品を増やすなら要確認

△…床面を上げたり、床下に余裕があれば床下収納の新設は可能。遮音性の点から、管理規約で使用できる床材を規定している場合も

水まわり

△…床下の配管が動かせるかどうかがポイント。給水・給湯管は移動しやすいが、排水管は移動距離が長いと流れが悪くなることがある

間取り

△…ラーメン構造は住戸内の間仕切りを外せるので大胆な間取り変更も可能。壁式構造は撤去できない壁があるなど、構造により異なる

玄関

×…玄関ドアの外側は共用部分なので、交換することはできないが、内側は専有部分になるので色を塗り替えるなどの変更は可能

経験者Voice

知らなくて後悔 その1:マンションの規約には使用が可能な素材の制限が

床をむく材にしたいと思い、中古で買ったマンションのリフォームを決意。しかし、使用できる床材が限られていたのでできなかった。知っていれば別のマンションを購入したのに(30代 男性)

知らなくて後悔 その2:ローンの金利を調べず全額現金で支払った

リフォームそのものにかかる費用のほかにも、手数料など必要なお金があると思ったので、それをリフォーム会社に最初に聞き、予算をたてた(45歳 男性)

知らなくて後悔 その3:知人の紹介だからと依頼した会社の対応が不満

知人の紹介でお願いした会社の対応がよくなく、工事の期間も延びてしまい嫌な思いをした。事前にいろいろな会社の話しを聞いて選んだほうがよかったかもと後悔している(42歳 男性)

2016年11月16日 SUUMOリフォームより転載

取材・文/木村寿賀子 イラスト/平田利之 写真/川田雅宏 デザイン/ベター・デイズ
公開日 2017年05月24日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る