納戸の定義とは? サービスルーム、クローゼットとの違いや収納活用術を解説

納戸の定義とは? サービスルーム、クローゼットとの違いや収納活用術を解説

マンションの間取図にある「納戸」や「サービスルーム」。これらは収納やクローゼットと何が違うのでしょう? 一見個室や大きな収納スペースですが、その定義は? マンションのリノベーションを手がけているリビタの「リノサポ」コンサルタント・山田さんに活用術も含めて教えてもらいました。

納戸とサービスルームの違いとは?

居室ではない部屋が「納戸」や「サービスルーム」に

マンションの間取図でたまに見かける「納戸」や「サービスルーム」という文字。一見他の部屋と同じように見えますが、実は建築基準法に定められた「居室(※)」には認められない部屋であり、トイレや洗面室、廊下などと同じ分類に分けられます。

※食事、就寝、作業、娯楽など、生活を営むために継続的に使用する部屋のこと。リビングやダイニング、キッチン、個室(洋室や和室と表記される)が居室になる

とはいえ、例えば下記の間取図では洋室が5.4畳なのに対し、サービスルームはそれより広い6畳です。洋室とどこが違うのでしょうか。

納戸やサービスルームのある間取り例
納戸やサービスルームのある間取り例
Sとはサービスルームの略。上記例では「(納戸)」も併記されている

「居室として認められるには、採光や通風など一定の条件を満たすことが必要になります。そのため窓のない部屋は必然的に居室ではなくなります。また上記間取図のように窓があっても『S』などと表記されている場合は、定められた窓面積(部屋の面積に応じた面積が必要)がないため、居室と表記していないのだと考えられます」

「納戸」「サービスルーム」の他の呼び方や表記

先述のように、建築基準法上「居室」と認められない部屋が「納戸」や「サービスルーム」と表記されます。そのほか「DEN」「F(フリースペース)」「ワークスペース(書斎)」などと表記される場合もありますが、基本的には同じで、「洋室」や「和室」と表記していないため、さまざまな呼び方をしてその空間の付加価値をアピールしています。

また、納戸やサービスルームは居室としてカウントされませんから、上記間取図は3LDKではなく2LDK+S(サービスルームの略)、または2SLDKなどと表記されます。

「納戸」「サービスルーム」のメリットと注意点

建築基準法上「居室」と認められない「納戸」や「サービスルーム」は、たいてい窓がないか、あっても採光するには不十分です。それは見方を変えれば、日が当たらないのでモノをしまっておいても日焼けしない、というメリットでもあります。

一方で、窓がない(あっても小さい)「納戸」や「サービスルーム」は換気がしにくく、エアコンも備わっていない場合がほとんどですから、長時間過ごす場合は湿気や温度管理に注意が必要です。「最近は一台の室外機で複数台のエアコンを使えるマルチエアコンがありますから、リフォームで備えることは可能です」

またコンセントがないこともあります。新築マンションで「納戸」や「サービスルーム」を書斎や趣味部屋などに使用したい場合、コンセントがあったほうが便利ですから、物件選びの際に確認しましょう。もちろんリフォームすれば、好きな位置にコンセントや照明を取り付けることができます。

納戸
居室に求められる採光基準などを満たさないが小さな窓が備わる納戸もある。コンセントが備わっていることも多い(写真/PIXTA)

「納戸」「サービスルーム」の収納活用術

収納としての活用術

そもそも「納戸」とは衣類や家具等、普段使わないものをしまっておく部屋を指す言葉です。つまり「納戸」は大きな収納スペースなのです。暮らしているといつの間にか家中にモノであふれてしまう、ということは多くの人が経験しているのではないでしょうか。そんな人に便利なのが大きな収納スペース=納戸なのです。

「実際、住まいを探している方のほとんどの人が、収納をどうしようかと悩まれます。そういった方には「納戸」や「サービスルーム」は収納として活用しやすいスペースです。特に子どもが生まれると、想定以上にモノがあふれ、普段から整理整頓好きな人でも整理しきれなくなりがちです。「納戸」や「サービスルーム」があればきっと重宝するでしょう」

とはいえ、単に次から次へとモノを入れていくだけでは、後から取り出す際に見つけられなかったり、取り出しにくくなってしまいます。「棚を備えたとしても、よくあるのが棚の奥行きが深すぎてモノが取り出しにくくなることです。そうなると奥のモノを何年も使わず、あることすら忘れてしまった、なんてことにもなりかねません」

そこで、部屋と入れるモノの寸法を確認することがまず大切です。できればあらかじめ入れるモノのサイズを測ったり調べておいて、それを入れておくための収納計画を立てると上手に活用できます。

まずは何を入れたいか確認して、そのサイズを測り、それに合わせて収納棚などの奥行きを決めます。同時に、取り出すために人が通れるスペースも確保しましょう。「ボリュームのある収納スペースだから何でも詰め込めますが、通路など取り出すことも考えて計画する必要があります」

イラスト
収納したいモノによって棚のサイズを決める。造作でなくても既製品の収納棚でも構わない
イラスト
収納棚を備える際に、取り出すための通路やスペースを確保すると使いやすい収納スペースになる

趣味の部屋としての活用術

「納戸」のほか「サービルルーム」や「DEN(書斎)」「F(フリースペース)」「ワークスペース」とさまざまな呼び方があるように、使い方は自由です。居室と違い長時間過ごすには向かないかもしれませんが、それこそ呼び方の通り書斎や仕事部屋、家事部屋として活用するのもいいでしょう。

また防音設備を整えてオーディオルームにしたり、子どもたちのプレイルームとして活用するなど、アイデア次第で使い方はたくさんあります。まさに「F(フリースペース)」なのです。

リフォームでカスタマイズする

さらにこだわるのであれば、ライフスタイルに合わせてリフォームするのも一つの方法です。単に納戸を使いやすくするために造作棚を備えるだけでも、十分活用しやすくなります。さらに間取りを変更すれば、納戸部分の床面積(上記間取図でいえば6畳分の面積)を有効に活用することができます。

「上記間取図のように廊下側に納戸がある間取りの方で、納戸と玄関を一体化して広いフリースペースにされた方もいらっしゃいます。その際に、玄関部分とその他のスペースを家具で仕切ることで使い勝手と見た目にこだわられました。将来的に子ども部屋が必要になったら、改めて玄関と子ども用のスペースとして壁で仕切ってリフォームすることも想定されています」

他にも例えばこんなリフォーム例があります。

子どもスペースとして活用した例
子どもスペースとして活用した例
子どもスペースとして活用した例
玄関脇の「納戸」の壁を取り払い、玄関側に簡易な仕切り壁を備えた。またLDKと繋げて引き戸を備えることで、キッチンからも子どもが遊んでいるのを安心して見守れるように間取りを変更した例(画像提供/リビタ)
趣味スペースに特化した例
趣味スペースに特化した例
趣味スペースに特化した例
メゾネットの2階にあった窓のないサービスルームを「図書スペース」に間取り変更した例。写真右側はもともと壁とドアだったが、どちらも取り払ってこちら側にも本棚を備え、廊下との仕切りに活用。反対側はDJ機材とレコードの収納棚を備えている(画像提供/リビタ)

部屋数ではなくm2数に注目する

特にマンションで左右に隣戸のある中住戸は、窓を設けにくいため「納戸」や「サービスルーム」が生じやすくなります。そのため先述のとおり、3LDKの間取りを十分つくれる広さがありながら、2LDK+Sと表記されてしまいます。しかし、上記のようにリフォームすることで本来の広さを十分に活かした間取りに変えることができるのです。

「マンションをネットで探す場合、「3LDK以上」などの条件で探されている方が多いのですが、これだと上記の間取図のマンションは「2LDK+S」と表記されますから、検索に引っかかりません。広さは3LDKと同等ですからもったいないですよね。ですから最初からリフォーム前提で考えている人は間取り表記ではなく、希望するm2数で探してみるようにしましょう」

そもそも「納戸」や「サービスルーム」は、洋服でいえば既製品の状態。それぞれの家族にピッタリ合ったオーダーメイドではありません。自分たちが活用しやすいように棚を備えたり、場合によってはリフォームすることで、初めてその住戸は自分たちにピッタリな住まいになるのです。

上記のとおり、多くの人は「2LDK+S以上」より「3LDK以上」で検索しがちですが、その分「納戸」などがある住戸は購入希望者が減る分探しやすいといえます。収納スペースがたくさん欲しいという人や、趣味を満喫したいという人にはピッタリですし、ライフスタイルに合わせて間取り変更する際も、m2数に応じた広さを確保できます。部屋数よりもm2数にこだわって探してみてはいかがでしょうか。

新築マンションを探す
中古マンションを探す
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
取材・文/籠島康弘 イラスト/梶谷聡美
公開日 2019年09月27日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る