【室内編】子どもがのびのび育つ マンション暮らし5つのポイント

【室内編】子どもがのびのび育つ マンション暮らし5つのポイント

マンションのプランには、子育てを楽しく、子どもを成長させる仕掛けがいろいろ。
子どもの力を伸ばす間取り選びのポイントや暮らしのコツを紹介しよう。

間取り

Point1:片付け習慣が身につく適材適所な収納

外から帰ってきたら、遊び道具を自分でしまえる玄関収納や、なんでも放り込める大型収納があると、子どもに片付けを促しやすい。子ども部屋のクローゼットは、自分のモノは自分で片付け、管理する習慣につながる。

Point1:片付け習慣が身につく適材適所な収納
収納するモノに合わせて棚を動かせたり、オプションで間仕切りなどをオーダーできる例もある

Point2:オープンなキッチンでお手伝い促進

新築マンションに多い対面式キッチン。子どもの様子がよく分かり、「これ持って行って」、「冷蔵庫から○○出して」と、リビングにいる子どもに声をかけやすい。子どもからも親の姿が見え、お手伝いしたい意欲がわくはず。

Point2:オープンなキッチンでお手伝い促進
ダイニングテーブルで遊んだり、宿題したりする間も、親に見守られている安心感がある

Point3:散らかし放題にできるリビング横のプレイスペース

リビング横の引き戸でつながる場合は、格好の子どもの遊び場に。引き戸を閉めればリビングから見えないので、散らかし放題。レールのおもちゃを思う存分つなげたり、ままごとセットを広げたり。遊びの時間が中断されない。

Point3:散らかし放題にできるリビング横のプレイスペース
引き戸でつながり、リビングにいる親は見守ることができる。いずれは子どもの個室にしてもいい

Point4:ダイニングの勉強スペースは家族共有の学びの場

リビングが広ければ、一画を勉強スペースにしては? 親が見守るなか、宿題をしたり本を読んだり。地球儀や辞書を置けば、気になることがあったらすぐ自分で調べる習慣に。家族共有のワークスペースにして、一緒に調べたり、話し合ったりする時間をもつのもいい。

Point4:ダイニングの勉強スペースは家族共有の学びの場
キッチンから見える位置に、造り付けの本棚やワークデスクをオーダーした例。壁の一面を黒板にすれば、思いついたことをなんでも書いて楽しめる

Point5:好奇心を刺激するアウトドアリビング

マンションのバルコニーは奥行き2m程度が多く、すでにひとつの外リビング。テントを張ってアウトドア気分を味わったり、植物を育てたり、天体望遠鏡で星の観察をしたり。子どもの興味関心を高めるきっかけになる。

Point5:好奇心を刺激するアウトドアリビング
バルコニーとリビングがフラットにつながるつくりなら、リビングの続きのように感じられる

マンション流 子ども部屋の与え方

マンション流 子ども部屋の与え方

乳幼児期:昼間はLDで過ごし、寝るのは親と一緒の寝室の場合が多い。個室はまだ必要ない
学童期:日中はLDで遊んだり、勉強したり。リビングから様子がよく分かる部屋を個室にしてもいい
思春期:自立心を促すなら、独立性の高い共用廊下側の部屋を個室にしても。ただし施錠しないのがルール

子どもの成長に合わせて部屋の使い方を変える

フロアが分かれ子ども部屋が独立しがちな一戸建てに比べ、マンションの場合は、リビングからの位置や引き戸かドアかで居室の独立性が変わるのが特長。成長に合わせて、子ども部屋の与え方をゆるやかに、フレキシブルに変えることができる。

写真提供:A ブランズ宮崎台プレイス  B イニシア葛西  C パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー

SUUMO新築マンション首都圏版 2016年10月4日号から抜粋

※SUUMO新築マンションのラック設置エリアはコチラ

構成・取材・文/長谷井涼子 撮影/高見知香 イラスト/アカネ デサイン/taraco design
公開日 2017年04月06日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る