マンションで車庫証明を申請するには?申請方法・手続き・費用などを解説!

マンションで車庫証明を申請するには?申請方法・手続き・費用などを解説!

マイカーを購入したり、譲り受けて自分の名義にする際に必要な車庫証明。分譲マンションの購入や賃貸への引越しの際も、マイカーを持つ人は車庫証明の手続きが必要になります。どう進めればよいのか、行政書士の高村浩子さんに教えていただきました。

そもそも車庫証明ってどういうもの?どんなときに必要になるの?

法律上、自動車は道路以外の場所に保管しなければならないと規定されています。その自動車を保管する場所を確保していることを証明する書類が「車庫証明書」で、正式には「自動車保管場所証明書」といい、警察署が発行します。車庫証明書が必要な理由は、車庫を確保できていない状態でマイカーを取得し、路上に違法駐車するなどして周囲に迷惑をかけたり、安全を阻害することがないようにするためです。そのため、新たに自動車を購入したり、譲り受けたりする場合は、先に車庫を確保してあることを証明する書類「車庫証明書」を取得することが法律で義務付けられています(住宅が密集していない地方等、申請の必要がない地域もあります)。

車庫証明書は、運輸支局において、車両登録時等に必要となるものです。新たに自動車を取得するときのほか、マイカーを持つ人が引越しをする際にも必要となります。車庫は、家から直線距離で2km以内の場所であることが義務付けられているので、住民票の住所と車庫の距離を確認する必要があります。引越しの際は、必ず車庫証明の取得が必要です。仮に、近所への引越しで同じ車庫を使う場合でも、住所が変わるので手続きは必要ということです。

・「車庫証明」は、自動車を保管する場所を確保していることを証明するもの
・新たに自動車を買うときのほか、住所を変更したときには「車庫証明」を取得することが必要

車庫証明の申請方法、手続き、費用などは?

車庫証明の申請を進める前に、まずはマイカーがどんなタイプか確認しておきましょう。自動車は、大きく分けると660cc以下の軽自動車と、国交省に登録する登録車の2種類です。もし、マイカーまたは取得予定の車が軽自動車(ナンバープレートが黄色)の場合は、登録後に保管場所の届け出をすればよいので、車庫証明の申請は必要ありません。また、自動車には事業用(黒色または緑色)と自家用(黄色または白色)がありますが、事業用の場合も車庫証明は必要ありません。車庫証明の申請が必要なのは、白いナンバープレートのいわゆる普通自動車の場合です。

車庫証明申請の流れ
(作成/SUUMO編集部)

申請するには、まずは住まいのある都道府県警察本部の公式サイトで必要書類や手順を確認しましょう。都道府県で申請書の枚数やフォーマットが異なりますので、引越しする場合は、新居がある都道府県のものを確認します。書類の書き方や申請の流れを確認したら、申請書類をダウンロードします。なお、申請書は、新居で使う駐車場を管轄する警察署の窓口で受け取ることも可能です。記入し、必要書類をそろえたら、その警察署の交通課に提出します。普通自動車の場合は発行までにおおむね3日~7日程度です。申請時に必要な費用は、自治体によりますが、東京都の場合は申請手数料が2100円、受け取り時に標章交付手数料が500円かかります。
受け付けは平日の日中となり、土日祝日や年末年始は申請できないので注意してください。

車庫証明を受け取るまでの流れ
(作成/SUUMO編集部)

マンションの車庫証明申請に必要な書類の書き方

車庫証明を申請する際に必要な書類は、以下の5点です。新たに自動車を購入する際は、(4)以外はディーラーで手配してくれます。なお、保管場所が自己所有かどうかで(4)の書類が変わりますので、分譲マンションの場合は駐車場が「分譲」なのか「賃貸」なのか確認しておきましょう。

■車庫証明の際に必要な書類
必要な書類 車庫が分譲の場合 車庫が賃貸の場合
(1)自動車保管場所証明申請書
(2)保管場所標章交付申請書
(3)保管場所の所在図・配置図
(4)保管場所の使用権原を疎明する書類 保管場所使用権原疎明書面(自認書) ×
保管場所使用承諾証明書 ×
(5)使用の本拠の位置が確認できるもの

(1) 自動車保管場所証明申請書、(2)保管場所標章交付申請書の書き方

(1)と(2)は、警察署の窓口で受け取った場合は複写になっています。ダウンロードの場合はそれぞれ記入します。

自動車保管場所証明申請書記入例
※警視庁HPの自動車保管場所証明申請書別記様式第1号に編集部にて記入例を記載

記入する際は、それぞれ以下に注意してください。
A. 車検証に沿って記入します。車名は車種の名前ではなくメーカー名を書きます。
B. 引越す場合は新居の住所です。住民票の表記と一致した書き方をします。
C. 駐車場の所在地です。例は新居となるマンションの駐車場を使うケースとなっています。車庫の特定番号まで書きます。
D. 空欄でも大丈夫です。自動車の買い替えの場合で、住居と駐車場の位置に変更がなく、申請時に以前の自動車を保有している場合は、以前の自動車の保管場所標章番号を記載すると、書類(3)の所在図のみ記載を省略可能になります。
E. 駐車場の所在地を管轄する警察署を記載します。マンションの住所ではないので注意しましょう。
F. 記載日ではなく、提出する日を書きます。空欄にしておき、提出前に書き入れるのがオススメです。
G. 書類を提出する人ではなく、自動車の使用者となる人の住所・氏名を記入します。
H. 申請する車庫の所有者に丸をつけます。申請者が所有者の場合は「自己」を選び、「自認書」を添付します。「他人」の場合は使用承諾書又は契約書の写し、「共有」の場合は共有者全員の使用承諾書の添付が必要です。
I. 申請内容について確認がある場合に連絡してほしい人・連絡先を書きます。
J. 初めて使う車庫は「新規」、既に証明書の交付を受けている車庫の場合は「代替」を選びます。「車両番号」は「新規」の場合は空欄でOKです。

自動車保管場所証明申請書記入例
※警視庁HPの自動車保管場所証明申請書別記様式第3号に編集部にて記入例を記載

(2) 保管場所標章交付申請書の書き方

申請年月日の記入を除き、各項目の記入の仕方は(1)「自動車保管場所証明申請書」と同じです。前述のとおり、警察署の窓口でフォーマットを受け取った場合は(1)と複写になっているため、あらためて(2)を記入する必要はありません。

(3)保管場所の配置図および所在図の書き方

保管場所の所在図・配置図
保管場所の所在図・配置図
※警視庁HPの保管場所の所在図・配置図申請様式に編集部にて記入例を記載

A. 所在図は、自宅と駐車場の位置関係を説明する書類です。マンションの敷地内駐車場は自宅と駐車場の位置が同じなので、所在図は空欄のままでOKです。所在図は定規などを使って手書きするか、地図のコピーなどを添付することもできます。例のようにマンションの敷地外に保管場所がある場合は、自宅と駐車所の直線距離も書き入れます。
B. 配置図は、駐車場がマンションの敷地内の場合は位置関係と使用する車庫を示します。車庫は、奥行き、幅の平面の寸法を記入します。機械式駐車所など高さ制限のある駐車場については、高さも記入してください。

保管場所の使用権原を疎明する書類の書き方

分譲マンションの場合は、敷地内の駐車場が分譲形式の場合と賃貸形式の場合があり、形式により用意するものが異なります。
駐車場が分譲の場合は、保管場所使用権原疎明書面(自認書)を用意します。

保管場所使用権原疎明書面(自認書)
保管場所使用権原疎明書面(自認書)記入例
※警視庁HPの保管場所使用権原疎明書面(自認書)申請様式に編集部にて記入例を記載

A. 新規の場合は「証明申請」、すでに交付済みで駐車場のみ変更の場合や軽自動車を新たに取得した場合は「届出」に丸をつけます。
B. 車庫がある土地・建物の両方が自己所有の場合は「土地」と「建物」両方に丸をつけます。
C. マンションを管轄する警察署を記入します。
D. 提出日と自宅住所、氏名、電話番号を書き、押印します。

駐車場が賃貸の場合は、保管場所使用承諾証明書を用意します。この書類は、駐車場の保有者または管理者が記入する必要があります。分譲マンションの駐車場を賃貸する場合は、まずマンションの管理組合や管理会社に依頼します。各マンションの管理組合で運用手順が定められているので、まずは日程に余裕をもって管理人に相談し、発行申請の手順を確認するところから始めましょう。賃貸マンションの駐車場や外部の月極駐車場などの場合は、管理会社またはオーナーに依頼します。事務手数料が発生するケースもあるので確認しておきましょう。

保管場所使用承諾証明書
保管場所使用承諾証明書記入例
※警視庁HPの保管場所使用承諾証明書申請様式に編集部にて記入例を記載

A、Bは、(1)自動車保管場所証明申請書と同じように記入します。
C. 使用者と契約者が同じ場合は「上記に同じ」と記入します。
D. 車庫の契約期間を記入します。
E. 「駐車場の所有者又は管理委託者」には、車庫の所有者か管理者の署名・押印が必要です。(書類に訂正がある場合は、同じ印鑑による訂正が必要となりますので注意しましょう)

(5)使用の本拠の位置が確認できる書類とは

運転免許証、公共料金の領収書、郵便物等を指し、申請時に係員が確認するので持参しましょう。申請者が司法書士など代理人の場合は、書類のコピーを添付しておきます。もし、この後車検証の申請をする場合は住民票を使うので、兼用しても良いでしょう。ただし、発行後3カ月以内の制限がありますので、取得時期は考慮しましょう。

書類が用意できたら警察署で車庫証明の申請をしよう

すべての書類が整ったら、手数料を添えて管轄の警察署に申請します。もし書類に修正がある場合は印鑑が必要となるので、書類作成で使用したものと同じ印鑑を持参すると安心です。手続きが終わると、「納入通知書兼領収書」がもらえます。証明書を受け取る際の引換証になるので大切に保管しておきましょう。
後日、警察署で証明書を受け取る際に、交付手数料が500円必要です。
交付されるのは、「自動車保管場所証明書(車庫証明書)」、「保管場所標章番号通知書」、「保管場所標章」です。自動車登録で「自動車保管場所証明書(車庫証明書)」を陸運支局に提出する際、証明日(交付予定日)から1カ月以内に運輸支局に提出する必要があるので、注意してください。
「保管場所標章番号通知書」は大切に保管し、「保管場所標章」は、後日自動車の後部ガラスなどに貼ってください。
なお、引越しによる車庫証明申請の場合、せっかく警察署に足を運んでいるので、免許証の住所変更も同時にすすめるのがオススメです。

忙しくて自分で車庫証明申請をするのが難しい場合は?

車庫証明は、申請と受け取りで平日の日中に2回、警察署に足を運ぶ必要があります。交付後に自動車登録まで必要な場合は、1カ月以内に住民票や印鑑証明を用意して陸運支局に出向くなど、さらに手間がかかり、忙しいビジネスパーソンには時間が取りにくいことも。そんなときには、プロに依頼する手もあります。新居のある都道府県の行政書士会に相談すれば、自動車関連の申請業務になれた行政書士を紹介してもらえるでしょう。費用は申請書類の用意や自動車登録申請など、依頼する業務範囲や行政書士事務所の設定により異なりますので、依頼したいことを伝えて事前に費用を確認すると良いでしょう。

まとめ

車庫証明の申請は、自動車購入や引越しの際に必要

新居で使う駐車場を管轄する警察署のサイトで流れや申請書類をチェックする

申請書類を用意して、使用する駐車場を管轄する警察署にて申請する

駐車場が自己所有か賃貸かで一部申請書類が異なる

新築マンションを探す
中古マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
賃貸物件を探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/竹入はるな 
公開日 2020年10月27日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る