南向きのマンション住戸は明るくて住みやすい! メリットとデメリットまとめ

南向きのマンション住戸は明るくて住みやすい! メリットとデメリットまとめ

マンションの住戸選びで気になるポイントのひとつが、住戸の向き。南向きは「日当たりがよく明るい」というイメージがありますが、意外なデメリットも。南向き住戸のメリットとデメリット、どんな人に向いているかを、マンションブランド「イニシア」シリーズを展開するコスモスイニシアに取材しました。

南向きのマンション住戸が人気なのはなぜ?

マンションを探すときに、日当たりを重視する人は多いと思います。そこで気になるのが住戸の向き。開口部(バルコニー)がどの方角に向いているかによって、日当たりに差が出るからです。

一番人気は、日中によく日が当たる南向き。二番人気は、朝日が入る東向き。西日が入る西向きと、ほとんど日が当たらない北向きは、あまり人気がありません。

そもそも日本人が南向きの家を好むのには、気候が関係しています。四季のある日本は季節ごとの気温差が激しく、特に夏は高温多湿な環境に。そのため木造の在来工法では南向きに大きな開口部を設けた、日当たりと風通しのいい家が多くつくられてきました。一戸建てに比べて開口部の少ないマンションでは、より南向きが好まれる傾向がありました。

南東向きと南西向きも、南向きと条件が近い人気の向き。南東向きは日の出からよく日が当たり、南西向きは日没まで日当たりがいいのが特徴です。

「しかし、昔に比べると“家は南向き”という考え方は薄れてきています」とコスモスイニシア レジデンシャル本部 統括部 分譲事業推進課の辻井正人さん。「近年は、住戸を選ぶ際に向きよりプランや眺望を重視するお客様が多く、向きが悪いからという理由で売れ行きに影響することはほとんどありません」

向きにこだわらなければ、住まいの選択肢は広がります。「家を買うなら絶対に南向き」と決めつけず、自分に合う向きを知ることが大切です。ここで南向きのメリットとデメリットを整理しておきましょう。

南向きのマンション住戸のメリットとは?

南向きの住戸のメリットは、明るく、暖かく過ごせることです。

●日照時間が長い

朝夕は日光が直接入りませんが、午前中から午後まで長時間日が当たります。一般的な人の活動時間と日照時間がほぼ一致するため、一日を家で過ごす人にとっては明るく快適。南側にバルコニーや大きな窓があれば洗濯物も乾きやすいです。

南向きのリビング・ダイニングのイメージ
南向きのリビングは明るく暖かいので快適に過ごせる

●冬は暖かい

冬は太陽の高度が低くなるため、部屋の奥まで日差しが入り、暖かさが続きます。暖房費も軽減できるでしょう。

ただし、周囲の状況や階数によっては、期待したほど日が当たらなかったり、視線が気になってカーテンを開けられないことも。せっかく南向きを選んでもメリットが半減してしまいます。

南向きのマンション住戸のデメリットとは? 快適に過ごすための工夫は?

“南向き信仰”といわれるほど人気の向きですが、デメリットもあります。

●夏は暑い

日当たりがいいことが裏目に出て、夏は室内の温度が高くなりがちです。

「上階のバルコニーなど庇があれば直射日光を遮ることができますが、庇がないと強い日差しが部屋を直撃することに。タワーマンションで南向きがあまり好まれないのはこのためです」(コスモスイニシア 執行役員 分譲事業部 分譲事業部長の生田武司さん)

対策は、窓に日差しを遮る工夫をすることです。カーテンやブラインドは遮光・遮熱の機能のあるものにする。窓ガラスに断熱フィルムを貼るのもオススメです。

●北向きの部屋ができる

南向き住戸の場合、リビングと反対側の北向きに居室を配置するプランが比較的多いです。北向きの部屋は日当たりが悪く、冬は寒いことから、あまり使われない物置部屋になってしまうことも。

北向きの部屋は一日を通して光の影響を受けず、集中したいときに向いています。仕事部屋や勉強部屋として活用するのもいいでしょう。

北向きの部屋のイメージ
日光の影響を受けにくい北向きの部屋は、勉強部屋に向いている(写真/PIXTA)

●価格が高い

人気の高さから、他の向きより価格は高めになります。

方角による価格差はある? 南向き住戸と他の向きとを比較

デメリットに挙げたように、南向きの住戸は他の向きに比べて価格が高い傾向があります。

「マンションの価格は、その立地条件で最もメリットを享受できる住戸を基準に考えます。日当たりも価格を左右する要素のひとつで、南向きの日当たりのいい住戸は価格が高めに設定されます。

仮に間取りも眺望もまったく同じ住戸があったとすると、南向きがいちばん高く、西向きと東向きはそれより3~5%程度、北向きは8%程度安くなります。しかし、眺望やプランが南向きより優れていると、この価格差は小さくなります」(辻井さん)

なお、同じ南向き方面の南西向きや南東向きは、南向きとの価格差がより小さくなる傾向です。

南向きにこだわらなければ、同じ予算内でより広い間取りや、より眺望のいい住戸が選べるかもしれません。

南向きのマンション住戸はどんな人に向いている?

南向きのメリットを享受できるのは、日中に家で過ごす時間が長い人です。例えば、小さい子どもがいる専業主婦のファミリーなら、明るく暖かい住まいで快適に子育てができそうです。自宅で仕事をしている人にも向いているでしょう。

南向きのリビング・ダイニングのイメージ2
家族構成やライフスタイルに合わせて部屋の向きを選ぼう(写真/PIXTA)

共働きのファミリーで、日中はみんな出かけてしまって家で過ごす時間が短いなら、南向きのメリットを感じるのは休日ぐらい。朝日が入る東向きのほうが向いているかもしれません。

「そもそもマンションは断熱性が高いので、窓からの自然の影響に適切に対処すれば、どの向きでも快適に過ごせると思います」(生田さん)

南向きにこだわるのはやめて、他の向きも検討してみようと思った人もいるのでは。実際の条件は立地や階数、周囲の建物などによって変わるので、必ず現地に足を運んで確認を。最後に現地で見るべきポイントをアドバイスしてもらいました。

「日当たりだけでなく、風通しや眺望など、自然の恩恵をどれだけ受けられるか。せっかく良い向きを選んでも、前に建物が建ってしまったら意味がないので、そこを見極めたうえで購入することが大事です。もし前に建物が建つ懸念があるなら、どういうものが建つか調べたうえで階数を選ぶといいでしょう」(生田さん)

まとめ

マンションの南向き信仰は薄れつつある

南向きは日中家にいる人に向いている

南向きは他の向きより価格が高い

人気の向き、不人気の向きがありますが、どちらにもメリットとデメリットがあります。ライフスタイルによってはデメリットがメリットになることも。向きにこだわりすぎず視野を広くして、自分たちのライフスタイルに合う住まいを見つけましょう。

新築マンションを探す
中古マンションを探す
賃貸物件を探す
カウンターで相談する
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
売却査定する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/小宮山悦子 イラスト/阿部静江
公開日 2020年10月16日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る