北向きのマンション住戸は意外にオススメ? メリットとデメリットまとめ

北向きのマンション住戸は意外にオススメ? メリットとデメリットまとめ

マンションの住戸選びで気になるポイントのひとつが向き。北向きは「暗い」「寒い」というイメージがありますが、実際の住み心地はどうなのでしょう。メリットとデメリット、どんな人に向いているかなどを、マンションブランド「イニシア」シリーズを展開するコスモスイニシアに取材しました。

北向きのマンション住戸は不人気? 最近は向きにこだわらない人も多い

マンションを探すときに、日当たりを重視する人は多いと思います。そこで気になるのが住戸の向き。開口部(バルコニー)がどの方角に向いているかによって、日当たりに差が出るからです。

一番人気は、南向き。日照時間が長いので日中はずっと明るく、洗濯物がよく乾く、冬でも暖かく過ごしやすいなどが人気の理由です。二番人気は、朝日が入る東向き。三番手は、西日のマイナスイメージがある西向き。そして、最も人気がないのが北向きです。

「北向きは、暗い、冬は寒いというイメージから、南向きの日当たりのいい家を好む日本人には不人気なのです」とコスモスイニシア レジデンシャル本部 統括部 分譲事業推進課の辻井正人さん。

北東向きと北西向きも、人気はいまひとつ。北東向きは朝日が入り、北西向きは夕日に日差しがありますが、どちらも日中はあまり日が当たらないからです。

そもそも日本人が南向きの家を好むのには、気候が関係しています。四季のある日本は季節ごとの気温差が激しく、特に夏は高温多湿な環境に。そのため木造の在来工法では南向きに大きな開口部を設けた、日当たりと風通しのいい家が多くつくられてきました。一戸建てに比べて開口部の少ないマンションでは、より南向きが好まれる傾向がありました。

「しかし、昔に比べると“家は南向き”という考え方が薄れてきています。近年は、マンションの住戸を選ぶ際に向きよりプランや眺望を重視するお客様が多く、北向きだからという理由で売れ行きに影響することはほとんどありません」(辻井さん)

向きにこだわらなければ、住まいの選択肢は広がります。しかし、気に入った住戸が北向きだった場合、「住み心地はどうだろう?」と不安な人もいるかもしれません。ここで北向きのメリットとデメリットを整理しておきましょう。

北向きのマンションのメリットとは?

日当たりがよくないと敬遠されがちな北向きですが、それが逆にメリットになります。

●夏は過ごしやすい

一日を通して直射日光が入らないため部屋の温度が上がりにくく、夏は過ごしやすくなります。仕事から帰ったときに家が涼しく、冷房費も節約できます。近年の猛暑で、夏涼しいことを大きなメリットと感じる人も多いのでは。

●家具が日焼けしない

フローリングや壁紙、家具などが日焼けしにくいという利点も。カーテンも日焼けしにくいので長持ちします。

●景色がきれいに見える

北向きは順光になるため、窓から景色がきれいに見えます。眺めのいいマンションなら、お気に入りの眺望を存分に楽しむことができます。

北向きのリビングイメージ
北向きの窓から見える景色は順光なのできれいに見える

●よいプランが見つけやすい

プランにバリエーションがあるのも北向きのメリットです。

「マンションのつくり手側としては、北向きの住戸には日当たりに代わるものとして、間口を広く取ったり、間取りを工夫するなど、何か良さをプラスするようにしています。実際、間取りの良さから、北向き住戸のほうが同じ広さの東向き住戸より早く成約したケースもあります」(コスモスイニシア 執行役員 分譲事業部 分譲事業部長の生田武司さん)

●価格が安い

北向きの最大のメリットは価格。人気順を反映して、南向きはもちろん、他の向きと比べても価格は低めのことが多いです。

北向きのマンション住戸のデメリットとは? 快適に過ごすための工夫は?

北向きのデメリットは、日当たりと冬の寒さ。快適に過ごすための対策を教えてもらいました。

●日光が直接入らない

部屋に日が差し込まないため、他の向きに比べると暗くなりがちです。しかし、高層階であれば間接光で安定した明るさが確保できます。

メリットで紹介したように、北向きの住戸では間口を広くして採光に配慮したプランも。高層階や間口の広いプランを選ぶと、日当たりのデメリットは緩和できそうです。

●冬は寒い

日差しによって部屋の温度が上がることはなく、冬は他の向きに比べて寒くなります。

対策は、窓への工夫で熱を逃さないようにすること。カーテンやブラインドは遮熱機能のあるものにしたり、窓ガラスに断熱フィルムを貼るのもオススメです。窓ガラス自体の性能も要チェック。断熱性能の高い複層ガラスが採用されていると、外気の影響を受けにくく、暖房効率も上がります。

「そもそもマンションは断熱性が高いので、窓からの自然の影響に適切に対処すれば、どの向きでも快適に過ごせると思います」(生田さん)

北向きのリビングイメージ
カーテンを選ぶ際は、デザインだけでなく遮熱性もチェックしよう(写真/PIXTA)

方角による価格差はある? 北向きマンション住戸と他の向きとを比較

メリットに挙げたように、北向きは他の向きに比べて価格が低い傾向があります。どのぐらいの価格差があるのでしょう?

「マンションの価格は、その立地条件で最もメリットを享受できる住戸を基準に考えます。日当たりも価格を左右する要素のひとつで、南向きの日当たりのいい住戸は価格が高めに設定されることが多いです。

仮に間取りも眺望もまったく同じ住戸があったとすると、南向きがいちばん高く、西向きと東向きはそれより3~5%程度、北向きは8%程度安くなります。ただし、眺望やプランが南向きより優れていると、この価格差は小さくなります」(辻井さん)

また、同じ北方面の北西向きと北東向きは、北向きの次に安い傾向。購入価格を抑えたい人や、予算内でより良い間取りを手に入れたい人は、北向きを検討する価値ありです。

マンション購入予算と向き
マンションの購入予算は住戸選びでも変わる(写真/PIXTA)

北向きのマンション住戸はどんな人に向いている?

夏涼しい北向きは、暑さに弱い人に向いています。家具が傷みにくいので、インテリア好きの人にもオススメ。ライフスタイル別では、家で過ごす時間が長いファミリーより、日中はあまり家にいないシングルやDINKSのほうが向いていそうです。

「北向きは割安に買えるので、将来は売るか貸そうと考えている、半分は投資目的の人にも向いていると思います。賃貸に出したときに、南向きと賃料にあまり差がなく高い利回りが期待できます」(辻井さん)

敬遠していた北向きが、意外と自分に向いているかもと思った人もいるのではないでしょうか。実際の条件は立地や階数、周囲の建物などによって変わるので、必ず現地に足を運んで確認を。最後に現地で見るべきポイントをアドバイスしてもらいました。

「日当たりだけでなく、風通しや眺望など、自然の恩恵をどれだけ受けられるか。せっかく良い向きを選んでも、前に建物が建ってしまったら意味がないので、そこを見極めたうえで購入することが大事です。もし前に建物が建つ懸念があるなら、どういうものが建つか調べたうえで階数を選ぶといいでしょう」(生田さん)

まとめ

北向きでも高層階なら明るい

冬の寒さは窓への工夫で解消できる

北向きの最大のメリットは価格が安いこと

人気の向き、不人気の向きがありますが、どちらにもメリットとデメリットがあります。ライフスタイルによってはデメリットがメリットになることも。向きにこだわりすぎず視野を広くして、自分たちのライフスタイルに合う住まいを見つけましょう。

新築マンションを探す
中古マンションを探す
賃貸物件を探す
カウンターで相談する
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
売却査定する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/小宮山悦子 イラスト/阿部静江
公開日 2020年10月16日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る