自宅にワークスペースを求める人が増加 換気性能や省エネ性能の良い家が人気に

自宅にワークスペースを求める人が増加 換気性能や省エネ性能の良い家が人気に

住宅の購入・建築を検討している人を対象に調査を実施したところ、首都圏では住み替えの検討のきっかけとして「在宅勤務になった/増えた」を挙げる人が17%と最も多く、前回5月の調査時から9ポイント増加した。住宅に求める条件では「仕事専用スペース」が28%でトップ。「通信環境」や「換気性能」、「省エネ性能」なども上位となっている。

コロナ拡大による住宅に求める条件の変化
ジュータコ先生とスマイカ君の住まいのQ&A
  • ジュータコ先生
    ジュータコ先生
    タコなのに、人間の住宅にやたらと詳しい未確認軟体動物
  • スマイカ君
    スマイカ君
    マンションに憧れ、いつかはマイホームをと妄想する。住メルイカ科
Q.テレワークは定着したの?
A.全国的には減ったが首都圏は6割実施だ

スマイカ :「在宅勤務が住み替えのきっかけになった人が、首都圏では多いようだね」
ジュータコ:「結婚(12%)や第一子出生(10%)よりも多いぞ」
スマイカ :「前回調査では駅距離よりも広さを重視する人が増えたね」
ジュータコ:「今回も『広さ派』が全国的に伸びた。首都圏では『広さ派』が53%で、『駅距離派』は29%じゃ」
スマイカ :「『一戸建て派』も増えた?」
ジュータコ:「首都圏ではわずかに減って、『マンション派』が少し増えたぞ」

Q.仕事スペースのニーズが高いね
A.省エネや緑の環境も求められておるぞ

スマイカ :「『仕事専用スペース』の割合は3ポイント増えたね」
ジュータコ:「『省エネ性』は7ポイント、『緑が感じられる住宅』も3ポイント増えたぞ。逆に『宅配ボックス』が4ポイント、『収納量を増やしたくなった』が3ポイント減った」
スマイカ :「通勤時間の意向は?」
ジュータコ:「首都圏ではコロナ前より『徒歩・自転車で15分以内』が減り、『公共交通機関利用で60分以内/60分超え』が増えたぞ」
スマイカ :「職住近接志向が弱まったようだね」

新築マンションを探す
中古マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
売却査定する
賃貸物件を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/大森広司
公開日 2021年01月06日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る