近畿圏の路線価が4年連続で上昇 インバウンドや再開発で需要高まる

近畿圏の路線価が4年連続で上昇 インバウンドや再開発で需要高まる

国税庁が発表した2019年分の路線価(1月1日時点)によると、近畿6府県では平均で前年比1.0%アップと4年連続で上昇した。大阪府は6年連続、京都府は5年連続で上昇したほか、兵庫県では11年ぶりに下落から横ばいに転じるなど、各地で地価の上昇傾向や下げ止まりの動きが強まっている。

大阪国税局各税務署管内の2019年最高路線価(m2あたり)上昇率ランキング

大阪国税局各税務署管内の2019年最高路線価(平米あたり)上昇率ランキング
ジュータコ先生とスマイカ君の住まいのQ&A
  • ジュータコ先生
    ジュータコ先生
    タコなのに、人間の住宅にやたらと詳しい未確認軟体動物
  • スマイカ君
    スマイカ君
    マンションに憧れ、いつかはマイホームをと妄想する。住メルイカ科
Q.上昇率トップは京都の中心部だ
A.観光客の増加などで需要が高まっておる

スマイカ :「いわゆるインバウンド効果だね」
ジュータコ:「うむ。訪日外国人など観光客が増えてホテルや商業施設の不動産需要が高まっておる。従業員などが増えれば住宅地のニーズも高まるのじゃ」
スマイカ :「上昇率の2位は新大阪の駅前だね」
ジュータコ:「今年3月にJRのおおさか東線が全線開業して奈良方面へのアクセスが便利になり、ホテルやオフィスの需要が高まっておるぞ」
スマイカ :「新線開業の影響は大きいんだね」

Q.大阪の中心部も高い上昇率だね
A.トップ10のうち5地点は大阪市じゃ

ジュータコ:「うめきた2期など再開発事業が盛んな梅田駅周辺を中心に、土地の需要が強いぞ。マンションを含む計画も少なくない」
スマイカ :「大阪・関西万博の開催が決まって、湾岸エリアも注目されているようだね」
ジュータコ:「2031年にはなにわ筋線が開業する予定じゃから、中心部から関西国際空港へのアクセスも改善する見込みじゃ。リニア中央新幹線の延伸にも期待がかかる」
スマイカ :「地価の上昇傾向は続きそうだね」

新築マンションを探す
中古マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
賃貸物件を探す
取材・文/大森広司
公開日 2019年09月04日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る