大阪圏と名古屋圏の人口は転出者が超過 大阪市や名古屋市に人口が集まる傾向に

大阪圏と名古屋圏の人口は転出者が超過 大阪市や名古屋市に人口が集まる傾向に

総務省が住民基本台帳をもとに2017年の人口の移動を調査したところ、大阪圏(※1)と名古屋圏(※2)はともに転出者数が転入者数を上回った。両圏の転出超過はいずれも5年連続となっている。府県では大阪府と愛知県が、市町村では大阪市や名古屋市が転入超過となり、大都市に人口が集中する傾向が浮き彫りになった形だ。
(※1)大阪府、兵庫県、京都府、奈良県 (※2)愛知県、岐阜県、三重県



転入超過数ランキング(市区町村別)


転入超過数ランキング(市区町村別)


※総務省「住民基本台帳に基づく2017年の人口移動報告(外国人を除く)」より

ジュータコ先生とスマイカ君の住まいのQ&A
  • ジュータコ先生
    ジュータコ先生
    タコなのに、人間の住宅にやたらと詳しい未確認軟体動物
  • スマイカ君
    スマイカ君
    マンションに憧れ、いつかはマイホームをと妄想する。住メルイカ科

Q.大阪や名古屋は転入者が多いね
A.中心部で住宅供給が活発じゃからの

スマイカ:「大阪市は17年連続、名古屋市は7年連続で転入超過だそうだよ」
ジュータコ:「どちらも市の中心部で大規模なタワーマンションなどの供給が活発なので、ファミリー層が増えているようじゃ」
スマイカ:「たしかに、中心部は転入超過数で上位に入っているね。でも豊中市や箕面市も転入が多いよ」
ジュータコ:「北摂エリアは大阪中心部にアクセスが良く、住宅地として人気が高い」
スマイカ:「名古屋に近い清須市も人気だよね」


Q.明石市や向日市が増えたのはなんで?
A.子育て支援策や再開発がポイントじゃ

スマイカ:「明石市は2000人以上も転入者が多いよ」
ジュータコ:「大阪圏の市区町村では大阪市北区に次いで転入超過数が多い。中学生までの医療費や第2子以降の保育料を無料にするなど、子育て支援策が手厚いので若い世代に人気のようじゃ」
スマイカ:「向日市の転入者も1000人を超えているね」
ジュータコ:「桂川駅の周辺に大型商業施設や企業が進出するなど、にぎわいが増しておる」
スマイカ:「人が集まれば資産価値も高まるね」

取材・文/大森広司
公開日 2018年03月07日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る