Web理事会や顔認証システムなど、管理・セキュリティサービスが進化

 Web理事会や顔認証システムなど、管理・セキュリティサービスが進化

マンション居住者向けの管理やセキュリティサービスが進化している。管理組合がWeb上で理事会を開催できるサービスは、休日や夜間などに出席しなくても、都合のよい時間に会議に参加できる。また顔認証セキュリティサービスは鍵やカードを忘れても、入館や宅配ボックスの利用が可能となり、帰宅メールの通知も可能だ。



新しく登場した管理・セキュリティサービス


いいいいいいいいいいいいいい

ジュータコ先生とスマイカ君の住まいのQ&A
  • ジュータコ先生
    ジュータコ先生
    タコなのに、人間の住宅にやたらと詳しい未確認軟体動物
  • スマイカ君
    スマイカ君
    マンションに憧れ、いつかはマイホームをと妄想する。住メルイカ科

Q.スマホで理事会に参加できるんだね
A.時間的な負担が軽減されるじゃろ

スマイカ:「管理組合の理事は大切な役目だけど、毎月の理事会への出席など負担もあるよね」
ジュータコ:「Web理事会なら開催期間中の都合のよい時間に、スマホなどで資料の確認や質疑応答、議案への意思表示などができるのじゃ」
スマイカ:「理事同士のスケジュール調整の手間も省けそう」
ジュータコ:「自動で議事録が作成される機能があるので効率的だし、災害発生時などに緊急理事会をすぐに開催できるようになるぞ」


Q.顔認証セキュリティも便利なシステムだね
A.鍵紛失やなりすましの心配が少なくなるぞ

スマイカ:「エントランスのオートロックは鍵やカードが一般的だけど、顔認証なら手ぶらで出入りできるね」
ジュータコ:「宅配ボックスの内蔵カメラで顔を撮影して登録する仕組みじゃ。荷物の出し入れも可能なほか、子どもの帰宅時などにメールで自動的に通知する機能もある」
スマイカ:「最新の技術でマンションの暮らしがどんどん便利になるね」
ジュータコ:「まだ導入物件は限られるが、これからの普及に期待できそうじゃな」

取材・文/大森広司
公開日 2018年02月07日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る