通話やAIで問い合わせに対応してくれる 新しいコンシェルジュサービスが登場

通話やAIで問い合わせに対応してくれる 新しいコンシェルジュサービスが登場

マンション向けの新しいコンシェルジュサービスが登場しつつある。一つは住戸のインターホンで離れた場所のコンシェルジュと通話できるタイプ。年明けに販売予定の「プレミスト代々木公園パークフロント」で導入予定だ。もう一つはAIを活用した管理員・コンシェルジュが画面上で対応するタイプ。実証実験を経て2018年にもサービス開始を目指すという。



新しく登場したコンシェルジュサービス


新しく登場したコンシェルジュサービス

ジュータコ先生とスマイカ君の住まいのQ&A
  • ジュータコ先生
    ジュータコ先生
    タコなのに、人間の住宅にやたらと詳しい未確認軟体動物
  • スマイカ君
    スマイカ君
    マンションに憧れ、いつかはマイホームをと妄想する。住メルイカ科

Q.コンシェルジュっていると便利だよね
A.各種サービスの手配や紹介をしてくれるぞ

スマイカ:「でも大規模物件とか一部のマンションに限られるよね」
ジュータコ:「コストがかかるからの。だが新しいサービスならもっと手軽に導入できそうじゃ」
スマイカ:「どんなサービスなの?」
ジュータコ:「一つは離れた場所にいるコンシェルジュとインターホンで通話できるサービスじゃ」
スマイカ:「気軽に問い合わせできるのはうれしいね。いつから始まるの?」
ジュータコ:「年明けから販売予定のマンションが第1号の予定だそうじゃ」


Q.AIを活用したマンションも?
A.音声対話型サービスが2018年に始まるかも

スマイカ:「AIを使ったサービスもあるんだね」
ジュータコ:「管理員やコンシェルジュが不在のときや導入されていない物件でも、スマホなどの画面で『AI管理員』や『AIコンシェルジュ』が対応してくれるのじゃ」
スマイカ:「話題の音声対話型サービスっていうものだね。もう始まっているの?」
ジュータコ:「今はモニターによる実証実験中だが、2018年中に開始を目指すそうじゃ」
スマイカ:「マンション生活もどんどん便利になるね」

取材・文/大森広司
公開日 2017年12月25日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る