マンションを買うときの減税の延長など 国土交通省が来年度の税制改正を要望

マンションを買うときの減税の延長など国土交通省が来年度の税制改正を要望

国土交通省が来年度の税制改正要望をまとめた。マンションを買うときの契約書の印紙税や不動産取得税、買ったあとに毎年かかる固定資産税の特例などの延長が中心だ。税制改正は今後の議論を経て年末の税制改正大綱にまとめられ、国会審議により正式に決められるスケジュールだ。



国土交通省が要望した2018年度税制改正の内容(新築マンション関連)


国土交通省が要望した2018年度税制改正の内容(新築マンション関連)

ジュータコ先生とスマイカ君の住まいのQ&A
  • ジュータコ先生
    ジュータコ先生
    タコなのに、人間の住宅にやたらと詳しい未確認軟体動物
  • スマイカ君
    スマイカ君
    マンションに憧れ、いつかはマイホームをと妄想する。住メルイカ科

Q.税金の軽減には期限があるんだね
A.年末や年度末が期限の場合が多い

スマイカ:「家を買うときの減税に期限があるなんて知らなかったよ」
ジュータコ:「多くの特例が年末や年度替わりの3月末を期限としておる。ただし期限が延長されるものも多く、今回の要望に盛り込まれたのは今年の年末や来年の3月末に期限を迎えるものなのじゃ」
スマイカ:「それじゃあ、これらの特例は延長されるから安心なんだね」
ジュータコ:「まだあくまで要望の段階だが、延長が実現する可能性は高いじゃろう」


Q.特例の延長しか要望されてないの?
A.住宅ローン控除申告の電子化も検討中じゃ

スマイカ:「特例が延長されればうれしいけど、目新しい制度はないのかな?」
ジュータコ:「住宅関連の税制では期限延長が中心じゃ。だが、住宅ローン控除の年末調整をインターネットだけで可能にする改正も検討されておる」
スマイカ:「住宅ローン控除は2年目から年末調整で適用されるけど、勤務先に書類提出が必要なんだよね」
ジュータコ:「2020年度をめどに、マイナンバーの個人サイトで手続きできるようにする計画じゃ」

取材・文/大森広司
公開日 2017年10月04日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る