23区のマンション価格は今後も横ばい 賃料は2020年以降も上昇見込み

23区のマンション価格は今後も横ばい 賃料は2020年以降も上昇見込み

調査機関が行った東京23区のマンション価格・賃料の予測によると、価格の上昇は2015年まででほぼ止まり、今後は2020年まで横ばいが続く。2021年以降は徐々に下がり、2025年は2016年に対して1.5%下落と予測。一方、賃料は2017年以降も緩やかな上昇が続き、2025年には2016年比で同3.2%の上昇となる見込みだ。(日本不動産研究所調べ)



東京23区の標準タイプの新築マンション価格・賃料の予測


東京23区の標準タイプの新築マンション価格・賃料の予測


※「東京23区のマンション価格と賃料の中期予測(2017~2020年、2025年)/2017春」(一般財団法人 日本不動産研究所)より

ジュータコ先生とスマイカ君の住まいのQ&A
  • ジュータコ先生
    ジュータコ先生
    タコなのに、人間の住宅にやたらと詳しい未確認軟体動物
  • スマイカ君
    スマイカ君
    マンションに憧れ、いつかはマイホームをと妄想する。住メルイカ科

Q.消費税10%になっても価格は上がらないの?
A.2019年はほとんど影響がない予測じゃ

スマイカ:「2014年に消費税が8%に上がったときは、マンション価格も上がったんだよね」
ジュータコ:「前回はそれ以前から価格が上昇していたので増税でさらに上昇したが、次の増税時期の景気予測を踏まえ、価格は横ばいが続くと見込んだようじゃ」
スマイカ:「景気がよくなれば価格も上がる?」
ジュータコ:「その可能性はある。今回の予測はあくまで経済成長率や東京23区の人口などの予測データに基づいたものじゃからの」


Q.東京オリンピック後は価格が下がるのでは?
A.徐々に下がるが影響は小さいじゃろう

スマイカ:「オリンピックが終わると景気が悪化して、マンション価格が下がるという噂もあるみたいだけど」
ジュータコ:「直接の影響はさほど大きくはない。それよりも一部の区では人口の減少などで徐々に下がる見込みじゃ」
スマイカ:「賃料は上昇が続くんだね」
ジュータコ:「上がるといっても少しずつじゃがな」
スマイカ:「価格も賃料も大きく変動しないのは助かるよ」
ジュータコ:「買うのも借りるのも、マンションを選びやすい状況が続くじゃろう」

取材・文/大森広司
2017年6月28日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る