新婚で家を買う!購入したNさんと専門家にお金事情ときっかけを聞いた

新婚で家を買う!購入したNさんと専門家にお金事情ときっかけを聞いた

結婚したら、いずれは家が欲しい!と思うカップルは多い。でも、結婚1年目に…となると、ためらう人も少なくない。しかし今回、結婚1年目にマンションを購入したカップルに編集部が取材をしたところ、意外なメリットが見えてきた。貯金がないからとてもムリ…とは限らないかも!?

実際に結婚1年目で家を買った方のお話を聞いてみました!

●Nさんカップル
マンションを購入したのは…、夫31歳、妻30歳のとき

●物件データ
物件価格…4000万円、頭金…なし、
ローン借入額(借入期間)…夫:2000万円(35年)/妻:2000万円(35年)、
金利…夫妻共に:0.8%(変動)、毎月返済額…夫:5万4000円/妻:5万4000円、
ボーナス時加算…なし

Nさんカップル「家賃払い続けはもったいない!頭金ゼロでも若いうちに購入」

●2016年8月 
「4年以内には家を買おう!」と賃貸で同棲をスタート

結婚を前提に8月から同棲をスタート。それまで妻は実家暮らし、夫は一人暮らし。
ただ、賃貸で家賃を払い続けるのはもったいないので、頭金を用意できなくても、とにかく早く家を買おうとふたりで話し合った。まずは4年間の定期借家の賃貸に住みながら、新居探しをすることに。

●2017年3月 
入籍してすぐにマンションのモデルルームへ

入籍(2017年2月)の翌月に、近所で新築マンションの建設が始まった。見学するとギフトカードがもらえるという案内を見て、買い物ついでにふたりで見学に行く。
でも、資金計画の試算もしなかったため、具体的な購入イメージはわかないまま、モヤモヤしながら帰宅。

●2017年4月 
2件目のモデルルームで資金計画の試算をしてもらう

それでも家を買いたい気持ちはあったので、翌月に2件目のモデルルームへ。一番心配だった資金計画や貯蓄状況を営業担当者に相談。
「試算すると毎月返済額が家賃より安くなると分かり、購入決断の後押しになりました」(夫)。ふたりとも一気に「買おう!」という気持ちに。

●2017年8月 
頭金ゼロでもOKついに新居の契約!

契約に至るまでには返済プランをいくつもシミュレーションし、不安を取り除いていった。「結
婚式、新婚旅行の計画も同時に進めていたので、頭金を用意できるほどふたりの貯蓄に余裕はありませんでした。でも、頭金ゼロでも購入できるのが助けになりました」(妻)

●2018年3月 
新居への引越しまでカウントダウン!

2017年9月に結婚式、12月に新婚旅行も無事に終え、今は4月の入居に向けて、家具・家電の新調や引越しプランを計画中。銀行でローン借り入れの手続きなどもあるので忙しい毎日だが、ふたりで買った新居での生活を楽しみに、お互い協力しながら準備を進めている。

Nさんカップルに新居を購入した感想を聞いてみた!

●Nさん(夫)の感想
妻はとにかく決断が早いので、自分は資金計画の検討を慎重に進めました。これからローン返済が始まったら家計簿も見直して、将来子どもが増えたときや老後の貯蓄も考えるつもりです。若いうちに家を買うと、人生設計も早く立てられますね。

●Nさん(妻)の感想
家を買うという経験を通して、お互いの仕事の展望や将来の家族像、貯蓄や支出についてとことん話し合えました。頭金は用意しないことに決めましたが、ふたりで考え抜いたからこそ納得のいく決断ができたし、夫婦の絆も強くなったと思います。

プロに聞く!資金計画、貯蓄も安心?結婚1年目で家を買う3つのメリット

結婚1年目なんて、まだ資金がない!と思うかも。でも実は、若いうちに買うからこそ享受できるメリットがあるのだ。お金のプロの解説を参考にしよう!

メリット1:頭金を貯めるより、頭金ゼロで買ったほうがトクなこともある!

家賃の負担が住居費に大きく影響

結婚式や新婚旅行など、なにかとお金がかかる新婚カップル。最初は賃貸に住み、いずれ頭金を貯めてから購入しようと考えがちだが、家賃を払いながら頭金を十分に貯めるのはハードルが高いもの。
下の表のとおり、頭金ゼロでも今買ったほうが10年間の住居費比較ではトクになることも。購入は無理かもと諦める前に、モデルルームやSUUMOのローンシミュレーションサイトで試算してみよう。

今買う?3年後に買う? 10年間の住居費比較

イラスト
※1 家賃15万円の賃貸に3年間(36カ月)住んだ場合。更新1回で更新料は家賃の1カ月分。共益費なしで試算 
※2 毎月5万円ずつ3年間(36カ月)貯蓄した合計180万円 
※3 設定条件/物件価格5000万円、頭金ゼロ、住宅ローン借入額5000万円、金利1.4%(固定)、35年返済、元利均等払い(毎月返済額15万652円+毎月管理費など2万2000円)×10年間(120カ月)で試算 
※4 設定条件/物件価格5000万円、頭金180万円、住宅ローン借入額4820万円、金利1.4%(固定)、35年返済、元利均等払い(毎月返済額14万5229円+毎月管理費など2万2000円)×7年間(84カ月)で試算

でもやっぱり、頭金ゼロで買うのって不安…どうしたらいい??

●FPからのアドバイス:頭金の有無よりも「貯蓄できる資金計画か」をチェック
「頭金は多いに越したことはないですが、絶対にいくら必要、というものではありません。大事なのは頭金の有無よりも、ローンを返済しながら貯蓄もできる無理のない資金計画を組むことです」(藤川さん)。年収(手取り額)に占める住宅ローンの年間返済額の割合(年収負担率)は20%、多くても25%までが安心。まずはふたりの家計簿を把握し、毎月返済していけるローン返済額や将来のための貯蓄額の目安を話し合おう。

メリット2:“貯め時”に貯蓄できるので、繰り上げ返済がしやすい!

子どもの幼少期に貯蓄した分を繰り上げ返済。

人生には、比較的お金に余裕があって貯蓄がしやすい“貯め時”が3回ある。1回目が独身か夫婦のみの時代、2回目は子どもの幼少期(特に教育費が本格的にかかる中学校入学の前)、3回目は子どもが独立した後から退職までだ。
教育費は家計を圧迫しがちだが、子どもが産まれる前の若いうちにマンションを購入すれば、その分「貯め時」をうまく活用し、計画的に繰り上げ返済がしやすくなる。

繰り上げ返済って、やっぱりしたほうがいいの?

●FPからのアドバイス:教育費がかかる前の繰り上げ返済がおススメ
「子どもの習い事や塾、学費などの教育費が本格的にかかる中学校入学以降に貯蓄し繰り上げ返済するのは難しいので、前述の1、2回目の“貯め時”に繰り上げ返済するのも手です」(藤川さん)。
繰り上げ返済は早く実行するほど利息軽減効果が高く、総返済額を減らすことができる。ただし、教育費が不足するほど繰り上げ返済しすぎないように注意しよう。

●いくらお得?100万円繰り上げ返済した場合に減らせる利息の額
イラスト
※借入金額4000万円、元利均等返済、ボーナス返済なし、借入当初35年返済、期間短縮型で繰り上げ返済した場合

メリット3:若いうちに資産を持つことで住み替えのステップに!

家族構成に合わせた住み替えもしやすい。

家を購入すれば資産が手に入る。将来転勤やライフスタイルの変化で引越しが必要になっても、中古で売却することが可能になり、生活の選択肢が広がる。下の表のとおり、築20年を超える古い物件でも一定のニーズがあることが分かる。
「夫婦ふたりのうちは通勤利便性を重視して2LDKなどのコンパクトなマンションを購入。家族が増えたら広めの3LDKに住み替えるケースも多いです」(藤川さん)

●築20年以上でも一定のニーズがある中古マンション
イラスト
※2016年8月~2017年7月に首都圏エリアで中古流通したマンションが対象/価格は70m2換算価格/専有面積30m2未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外/築1年未満の中古事例は集計から除外/データ提供:東京カンテイ

将来売れる家の買い方って…?

●FPからのアドバイス:周辺の中古・賃料相場を事前にチェックしよう
将来住み替えの可能性があるなら、マンション購入時にチェックしておきたいのは“出口戦略”だ。「特に若いうちは、出産や転勤・転職などにより、ライフスタイルが変化する可能性が大きい。立地や駅徒歩分数、住環境はもちろんですが、中古マンションの相場や賃料水準をチェックしておくのも大事です。売却や賃貸に出しやすい物件・エリアかどうかもモデルルームで相談できるので、営業担当に聞いてみましょう」(藤川さん)

家を購入するのは、誰にとっても勇気がいるもの。また、結婚1年目となると、資金計画だけでなく、ライフスタイルの変化による住み替え…など気になることがもっと多いはず。そんなときは、専門家に相談してみよう。住宅購入への第一歩が踏み出せるかもしれない。

関連記事リンク

“同棲費用と家事分担”、”間取り”のあるあるを経験者に聞いてみた
同棲・結婚予定のカップル必見! 恋が長続きする間取りって?
新婚で家を買うときの注意点
新婚で家を買う!購入したJさんと専門家にお金事情ときっかけを聞いた

新築マンションを探す
中古マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
賃貸物件を探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/二木暁子 データ提供元/東京カンテイ
公開日 2018年07月27日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る