駐車場幅って最低限どれくらい必要? 車種や土地に合わせて設計しよう

駐車場幅って最低限どれくらい必要? 車種や土地に合わせて設計しよう

今どきマイホームには駐車場は不可欠です。2台目用、来客用だって欲しいくらい。でも、限られた土地の中で駐車場を大きくすると、それだけ家は小さくなってしまいます。「駐車場にはどれだけの土地を確保すべき?」「2台、3台と複数台保有している場合はどうする?」、駐車場に関する不安を解消するために、三協アルミの押田英一郎さんと三協アルミアドバイザー施工業者・一級土木施工管理技士の藤田喜廉さん(エムズワークス)にお話をお聞きしました。

一戸建ての駐車場
「U.スタイル アゼスト」(画像提供/三協アルミ)

まずは車の大きさを知っておこう

建売住宅や中古住宅の図面にはよく「駐車場」と簡単に明記されていますが、その大きさにかなりの差があることをご存じですか?最小スペースでつくられた駐車場だと大型車は駐車できなかったり、出入りしにくくなったりする可能性もあるのです。例えば、軽自動車と大型車では、横幅が30cm以上、長さが160cmも違います。駐車場をつくる前に、まずはマイカーの大きさを確認してみましょう。ワンボックス車の場合は高さも要チェックです。

各クラスの平均的な車両サイズと面積の目安
車のクラスとその平均的な車両サイズ・面積
(画像作成/こんくり)

ベストな駐車場幅の決め方とは

車を停めるには、車本体以外にもドアの開閉スペースや人が通るためのスペースが必要です。実際にどれくらいのゆとりがあれば使いやすいかを調べてみました。

車の周りにどれだけの広さが必要?

普通乗用車1台分の駐車場の広さは、国土交通省の指針では
幅2.5m×長さ 6.0mとなっています。
普通乗用車の大きさはおおむね幅1.7m×長さ4.7mなので、
幅0.8m×長さ1.3m程度のゆとりが設けられていることになります。

設計対象車両 幅員 長さ
軽自動車 2.0m 3.6m
小型乗用車 2.3m 5.0m
普通乗用車 2.5m 6.0m
参考 国土交通省|駐車場設計・施工指針

普通乗用車の場合、「車の大きさ」にこのゆとり「幅0.8m×長さ1.3m」を足すと、それが、「駐車場に最低限必要な広さ」と考えることができます。

その中には、「車を置くスペース」のほかに、「出入りのための通行スペース」や「車庫入れのためのゆとり」も含まれます。
ただし、人がひとり歩くために必要な幅は60cmとされていて、運転席側に通行スペースを確保すると、助手席側に残る幅は20cm。ドアからの出入りは不可能です。また、前面道路幅が6m以下の場合は、この幅では直角駐車での車庫入れはかなり難しくなります。

「幅0.8m×長さ1.3m」のゆとりはあくまでも最低限の目安。それぞれのケースに応じた空間を用意しておくことが、使いやすい駐車場づくりのために必要です。

基本の広さよりもゆとりを持たせておきたいケースの例

・前面道路幅が狭い(4m以下)
・運転が苦手で、車庫入れが不得意
・車のドアが大きいので、開閉スペースが広めに必要
・座席から荷物を出し入れすることが多い
・両方のドアから出入りしたい
・車椅子から移乗する、または介助することがある※

※国土交通省が定める「身体障害者用駐車施設」では、「高齢者・身体障害者、特に乗降幅の必要な車いす使用者の乗降が可能となるよう、幅2.1m程度の車体用スペースに、車いす使用者が転換できるとともに介護者が付き添える1.4m 以上の乗降用スペース幅を加えた3.5m 以上を確保する」とされています。バリアフリー住宅を考える際には、駐車場の幅も通常より1m広くしておくと安心です。

車種によってどれくらい違う?主な車種で比較検証!

車種によっても、必要なゆとりは異なります。
「それは『ドアの大きさ』と『トランクの扉の大きさ』が違うから。大型車やスポーツタイプの車はドアが大きいので、開閉用のスペースもそれだけ大きな駐車場が必要です。また最近は、大型の跳ね上げ式のトランクが増えており、その場合は車の後ろに1m程度のゆとりが必要になります。車の仕様・デザインの流行が変わっていくことや、乗り換えの可能性なども考えると、駐車場は広いに越したことがありませんが、3mの幅を確保しておけばほとんどのケースに対応できるはずです」(藤田さん)

■車種別・駐車場の広さの目安(一例)
車種別駐車場の広さの目安の一例
(画像提供/三協アルミ)

複数台、来客車用の駐車場はどうつくる?

駐車台数が1台だけの場合と複数台の場合、前面道路との関係などによっても、最適な駐車場サイズは変わってきます。それぞれの事情に合わせて考えてみましょう。

「例えば、複数の車を並列で駐車する場合は、車と車の間に通行用のスペースをそれぞれ60cm用意します。例えば、下図のような2台分の駐車場をつくるには、両サイドと車の間に60cmと、車体の幅をそれぞれプラス。一台目を軽自動車の148cm、二台目をワンボックス車の170cmとすると、必要な幅は60+148+60+170+60=498cmになります」(藤田さん)

車を2台駐車する場合の駐車場
(画像提供/三協アルミ)

ただし、幅60cmは、ドアを開けて出入りするには最低限の空間。ドアを全開にして出入りしたい場合は、ドアの全開幅を調べてそれをプラスしておきましょう。車と車の間に90cmの幅を取っておけば、かなり余裕を持ってドアを開けることができるはずです。

車と車の幅の違いに見る乗降しやすさの違い
車と車の間隔の違いによる乗降しやすさのイメージ
車と車の間隔の違いによる乗降時のスムーズさの違いのイメージ(画像作成/SUUMO編集部)

来客が多い場合は、どんな駐車場をつくればいい?

車での来客が多い場合は、来客用の駐車スペースも確保しておきたいものです。
「例えば、下図のように、駐車場の奥に境界をつくらずそのまま庭にしておくと、来客時に少しだけ車を後ろに寄せることで、前面に1台分の駐車スペースをつくれます。その場合、轍の部分だけでも敷石を並べておけば庭が傷まず、泥はねの心配もありません。日ごろは広い庭として、来客時には駐車場として活用できるのでおすすめです」(藤田さん)

いつもは広めのアプローチや庭に
車を3台駐車する場合の駐車場
(画像提供/三協アルミ)
いざというときは自家用車を後ろに寄せて、来客用駐車場に
来客時用駐車スペースの作り方
(画像提供/三協アルミ)

敷地形状など制約がある場合の注意点は?

前面道路幅や道路との接し方、駐車の仕方、敷地の形などによっても、最適な駐車場は違ってきます。前面道路幅が狭い、間口が広く取れないなどといった制限があるときほど、事前にしっかり考えておく必要がありそうです。

直角駐車か並列駐車でどう変わる?

・直角駐車の場合
道路と直角方向に駐車する、最も一般的な「車庫入れ式」。前面道路の幅が4m以上、駐車場の左右に合計90cm以上のゆとりが必要です。

直角駐車の場合に必要なゆとり
(画像提供/三協アルミ)

・並列駐車の場合
道路と平行に駐車する「幅寄せ式」の場合は、前面道路が狭くても設置できますが、車の長さの倍以上の間口と、車の幅+90cm以上の奥行きが必要です。

並列駐車の場合に必要なゆとり
(画像提供/三協アルミ)

前面道路の幅が狭い場合の注意点は?

車が駐車場に出入りするときは、一般的にはカーブを描きながら動きます。駐車場の間口を決めるときには、車の回転半径を考える必要があります。
「前面道路幅がどれだけあるかによって、駐車のしやすさが大きく違ってきます。新しい住宅地の場合は道路幅が6m以上あることが多く、特に心配はありませんが、昔からある住宅地は幅4m以下のことも多く、その場合は間口を大きくするなどの工夫が必要になります」(藤田さん)

■前面道路幅が4mと6mの場合の駐車場の間口の広さ
前面道路幅に対して必要な間口の広さ
前面道路幅が狭いほど、間口の広さが必要になる(画像作成/SUUMO編集部)

旗竿地に駐車場をつくる場合のアドバイスは?

旗竿地は路地の部分に駐車場をつくるのが一般的です。ただし、路地の幅が狭い場合は、人が通行しにくくなったり、駐車できる車種に制限ができたり、縦列駐車しかできないなどの問題も。その点をクリアできれば、「奥の四角い敷地をすべて建物に使える」「駐車場の奥をアプローチとして使える」といったメリットもあります。

「旗竿地に駐車場をつくる際は、駐車スペースと通路スペースの境界線に、仕上げ材でラインを入れておくことをおすすめします。細長いスペースに目安ができて駐車しやすくなり、またデザインのアクセントにもなります」(藤田さん)

旗竿地の駐車場づくりの際のポイント
(画像提供/三協アルミ)

カーポートのタイプ別・使いやすさを検証!

駐車場は大きく分けて、屋根のない「オープンタイプ」、屋根だけをつける「カーポートタイプ」、建物ですっぽり覆う「ガレージタイプ」の3種類に分けることができます。
屋根があると、乗降時に雨に濡れないだけでなく、愛車を雨や霜や紫外線から守ることができます。屋根をつくるためには柱や基礎が必要になり、また、外構デザインにも影響します。後回しにしがちですが、駐車場づくりも家づくりと一緒に計画するようにしましょう。
「カーポートには、みなさんが想像される以上に大きな基礎が使われています。柱の位置次第では、ドアを開け閉めしにくくなることもあります。また、駐車場をつくる場所には排水管や排水桝が設置されがちです。柱と基礎をどこにつくるかについては、早い段階から考えておくことをおすすめします」(藤田さん)

カーポートは屋根の支え方によっていくつかのタイプに分かれる

・片側支持タイプ
最も一般的なタイプ。柱が片側だけで済むため、柱のない方からの駐車や乗り降りがしやすくなります。

片側指示タイプのカーポート
「カムフィエース」(画像提供/三協アルミ)

・両側支持タイプ
両側の柱で屋根を支える、安定感があるタイプです。柱が両側にあるので、間口が狭いと駐車しにくくなります。最近では、敷地形状に合わせて柱の位置を調整できるタイプもあります。

両側指示タイプのカーポート
「スカイリードZ」(画像提供/三協アルミ)
両側指示タイプには敷地形状に合わせて柱の位置を調整できるものも
「U.スタイル アゼスト」(画像提供/三協アルミ)

・後方支持タイプ
後ろ側の柱だけで屋根を支えるタイプです。前方に柱がないので駐車しやすく、運転席や助手席のドアを開閉する際にも邪魔になりません。

後方支持タイプのカーポート
「フォーグ」(画像提供/三協アルミ)

・背面支持タイプ
背面側にのみ柱があるタイプ。片側支持や両側支持、また後方支持以上に駐車や乗り降りがしやすくなります。柱の位置を気にせず設置でき、正面からの見た目もすっきりします。

背面支持タイプのカーポート
「ダブルフェース」(画像提供/三協アルミ)

家を建てるときにはエクステリアは後回しになりがち。でも、駐車場のことを考えずに家を建ててしまうと、「車が大きくて入らない!」「ここにあと10cmあればもう1台分の駐車場がつくれたのに!」なんて後悔する可能性も……。台数、車種、停め方、前面道路幅、カーポートの種類によっても、必要な大きさは違ってきます。駐車場はぜひ家を建てる前にプランニングしておきましょう。

まとめ

停める車や停め方によって、サイズも必要なゆとりも違う
屋根の有無やカーポートの種類によっても必要な大きさは違う
駐車場のプランは、家を建てる前から考えておきたい

注文住宅の会社を探す
土地を探す
リフォーム会社を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
賃貸物件を探す
カウンターで相談する
取材・文/伊東美佳  イラスト/長岡伸行
公開日 2020年03月12日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る