屋根裏部屋をつくりたい!費用はどのくらい?注意すべき点はある?

屋根裏部屋をつくりたい!費用はどのくらい?注意すべき点はある?

大容量の収納スペースとして、子どもの遊び場として、大人の秘密基地として、家を建てるなら、リフォームするなら、屋根裏部屋を設置したい!という人も多いのではないでしょうか。屋根裏部屋を設置する場合に知っておきたい、注意点やポイント、メリットやデメリットを一級建築士の中川さんに聞きました。

屋根裏部屋とは?

屋根裏部屋は高さや広さに制限がある

屋根裏部屋というと、屋根と天井の隙間にある勾配天井のコンパクトな部屋というイメージですが、建築基準法では物置きとして定義されている空間です。

「法律上、屋根裏部屋やロフトと呼ばれる空間の用途は物置きに限定されています。物置きを『部屋』として使用するのは個人の自由ですが、天井高は1.4mまでという規制があり、人が立つことのできる高さではありません。また、広さについても下の階の面積の2分の1未満という制限があります。さらに、地域の条例などによっても異なりますが、固定の昇降機や階段をつけることができないため、昇り降りには取り外し可能なはしごなどを設置することになります」(中川さん、以下同)

屋根裏部屋の条件

・天井高は1.4mまで
・広さは下の階の床面積の2分の1未満
・昇降は取り外し可能なはしごなど。固定の階段などはNG

屋根裏部屋は天井高1.4mを超えると、床面積と階数が増える

「規定のサイズ以上の居室を屋根裏につくることも可能ですが、その場合は屋根裏部屋ではなく、『階』に該当するものになります。つまり、2階建ての家の屋根裏に居室をつくると、その屋根裏の居室は法律上3階になるということです。建物の階数が変わると、構造上の基準が変わったり、固定資産税や保険料にも影響がでてきたりします。

さらに、屋根裏部屋の場合は床面積に該当しませんが、階になった場合は床面積に含まれることになります。その土地に建てられる建物の床面積には上限があるので、屋根裏空間を有効活用する目的で屋根裏部屋の設置を検討する場合は、階に該当しないようなものをつくることが多いです。

ただし、階ではなく、物置きに該当する屋根裏部屋は、あくまでも収納スペース。地域の条例にもよりますが、窓や水まわりは設置できない場合が多いので、収納以外の明確な用途があり、窓などもつけたいという場合は、階に該当する居室を検討するのがいいでしょう」

三角屋根の屋根裏部屋
ベッドを置けるような天井高の屋根裏部屋は「階」に該当する(画像/PIXTA)

屋根裏部屋のメリット・デメリットを知っておこう

家の中の非日常空間やプラスアルファの収納スペースとして、屋根裏部屋への憧れを持つ人も多いと思いますが、屋根裏部屋をつくる場合は、メリット、デメリットをきちんと理解しておくべきと中川さんは指摘します。

屋根裏部屋のメリット

「収納スペースを余分に設けられるのは安心感がありますし、屋根裏部屋を設けることで、部屋を広く見せるような効果を生み出すこともできます。また、子どもがいる場合は、昇り降りできる空間があるというのは楽しいものなので、新居に屋根裏部屋をつくりたいと考える人も多いでしょう。

屋根裏部屋のデメリット

特に大容量の収納スペースとして活用したいと考えている人は、屋根裏部屋の昇降について考えておく必要があります。前述したとおり、屋根裏部屋には固定の階段を設置できません。屋根裏部屋はある程度の天井高がある階の上に設けられる部屋なので、かなりの高さをはしごなどで昇り降りする必要があります。年に数回の上げ下ろしで済むようなものの収納場所としてはいいのですが、重いものや頻繁に使用するものの収納には不向きといえるでしょう。

また、日常の掃除についても注意が必要です。ハンディタイプのものであっても掃除機はある程度重さがあるもの。掃除機を持っての昇降は思いの外大変なので、どのように掃除や手入れをするのか、自分にできるか考えておいた方がいいですね」

屋根裏部屋の用途を明確にしておこう

屋根裏部屋は物置きに定義される空間ではあるものの、使用方法は住む人それぞれ。捨てられないものをしまい込むだけの開かずの間にならないよう、活用方法を事前にしっかりイメージしておくことが大事です。

収納部屋にする場合

「物置きとして考えると、クローズな空間にした方が目隠しにもなっていいと思う人が多いかもしれませんが、たくさん物を置いても上げ下げが大変な場所なので、物を置くことを重視し過ぎないつくりにするというのも一つの方法です。オープンな空間にして下の階と一体になるようなつくりにすると、ただの物置きではなく、空間を広く見せるような効果を発揮します。また、物を置き過ぎないことで、ちょっと上がって本を読んだり、休憩をしたり、自分の時間をつくれる隠れ家のような場所としても活用できる可能性が広がります」

寝室の上に屋根裏部屋を設ける
寝室のクローゼットの上に屋根裏部屋を設置。勾配天井で寝室に開放感が生まれ、屋根裏部屋は季節外の布団などをしまえる空間に(画像提供/みゆう設計室)

子どもの遊び場として利用する場合

「はしごを昇ったり、高い場所から部屋を見下ろしたりと、子どもにとって屋根裏部屋は楽しい場所。子どもが遊び場のように使用することも考える場合は、安全面への配慮が必要不可欠です。通常の階段などに設置する手すりの高さは1.1mですが、天井高が最大1.4mの屋根裏部屋の場合、手すりの高さは30~50cmが一般的。手すりの高さやデザインに注意するのはもちろんですが、小学生以上になってから使用することを想定しておいた方がいいでしょう」

子ども部屋の上に屋根裏部屋を設ける
屋根裏部屋を設けたことで、天井が高くなり子ども部屋がワクワクする空間に。下の階にはデスクを、屋根裏部屋には布団を置き、勉強するスペースと休むスペースを分けて使える(画像提供/みゆう設計室)

寝室として利用する場合

「天井高が1.4m以下の屋根裏部屋にベッドを置くのは難しいので、寝る場所として活用したい場合は布団や薄いベッドマットを敷くことになります。当初から寝室にしたいということであれば、思い切って床に畳を敷き、和室風の屋根裏部屋にするという手もありますね。手すりがあるので、昼間は手すりに布団を干しておくということもできます。ただし、年齢が若いうちは気にならないかもしれませんが、固定の階段が設置できないため、昇降に不便が生じることもあるので注意しておきましょう」

和室風の屋根裏部屋のイラスト

また、どの用途で活用するにせよ、屋根に近い屋根裏部屋は部屋の暑さが気になるもの。新築の場合は屋根断熱の性能を上げることで、屋根裏部屋の暑さについて気になるケースはほとんどないそうですが、リフォームの場合は注意が必要なこともあるそうです。

「古い家は屋根断熱ではなく、天井の上に断熱材を入れる天井断熱を採用している場合がほとんど。天井断熱の家にリフォームで屋根裏部屋を設ける場合は、屋根断熱への改修も必要です」

屋根裏部屋の設置にかかる費用は?

仕上げによって費用は異なる

屋根裏部屋をつくる場合、壁紙や床材などの造作によって費用は左右されます。

「床や壁紙などをほかの部屋と同じように仕上げるのであれば、工事費用もほかの部屋と変わりません。ただし、出入口を完全に閉じるようなタイプの屋根裏部屋で、床は合板などのまま、壁もクロスを張らずに済ませるという場合は、その分コストを抑えることはできます」

工事費用を左右するポイントは壁紙や床材などの仕上げ部分になるため、階として屋根裏に居室を設ける場合と比べても、工事費用自体はそれほど変わらないそうです。

昇降の問題など、使い勝手で悩ましいポイントはあるものの、屋根裏部屋はあったら便利で楽しい場所。使い方をしっかりイメージできるなら、屋根裏スペースを有効活用してみるのもいいかもしれません。

まとめ

屋根裏部屋とは屋根と天井の間を活用した収納空間。天井高や広さなどに規定がある

住む人によって活用方法はさまざま。事前に使い方をイメージして、断熱性や安全性などに注意して計画しよう

工事費用は仕上げなどによって異なる

注文住宅の会社を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
リフォーム会社を探す
取材・文/島田美那子 イラスト/青山京子
公開日 2019年08月23日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る