坪庭とは?洋風や和風のデザインなど、+αの空間で自然を身近に感じる暮らしをしよう

坪庭とは?洋風や和風のデザインなど、+αの空間で自然を身近に感じる暮らしをしよう

土地が狭くて庭がつくれなくても、身近に自然を感じながら暮らしたい。そんなときにオススメなのが「坪庭」だ。小さなスペースでも明るく開放的な空間を演出することができ、暮らしを豊かなものにしてくれる。そこで、坪庭の特徴やメリット・デメリット、プランニングの注意点について、一級建築士の横山浩介さんに解説してもらった。

坪庭とは?

坪庭とは、周囲を壁や塀、垣根で囲われた2~3坪程度の小規模な庭のこと。
元々神社や仏閣、武家屋敷などにあった日本庭園を、安土桃山時代に庶民の民家に取り入れたのが始まりと言われている。

当時、京都の町屋は同じ形状の建物が隣家と近接し、間口が狭く奥行きが広いことから鰻の寝床とも呼ばれていた。採光と通風の悪さを解消するために、住居の間に草木や竹、灯篭(とうろう)や飛び石、鹿威し(ししおどし)などを配して小さな日本庭園をつくるようになった。
最初は和風住宅に取り入れられたものだが、現在は洋風のモダンな坪庭を取り入れるケースが多くなっている。玄関や廊下、バスコートなどに取り入れられることが多く、坪庭を中心に居室をぐるりと配置するケースも。

「家のなかで光や風、緑などの自然を感じられる場所があるだけで、暮らしはとても豊かなものに。坪庭を設けて敷地全体の余白を有効に使い、家の内部と外部を繋げることで、開放感が生まれて気持ちの良い空間になります。例えば、植栽の緑を囲むように部屋の配置をすれば、どの部屋からも緑を眺めて楽しむことができます」(横山浩介建築設計事務所 横山浩介さん。以下同)

北側の坪庭からの陽光が階段を照らし、明るい吹抜け空間になっている
1階は廊下の両側に坪庭を配置し、室内が明るくなるように。2階からもシンボルツリーを眺めることができる(画像提供/横山浩介建築設計事務所)

坪庭のメリット・デメリット

坪庭のメリット

坪庭は建蔽率(建ぺい率)に含まれないことから、敷地の余白部分を有効利用することで明るく開放的な空間をつくることができる。家の北側など日差しが入りづらく暗くなりがちな場所や、玄関や廊下など日常生活のなかで過ごす時間が短く閉塞感のあるスペースに取り入れると、空間に奥行きが生まれて視界的な広がりを感じられる。窓も増えるため、採光や通気性もアップする。

「坪庭はプライバシーを確保しながら、自然を感じられるのが魅力。家の雰囲気に合わせた植栽で空間をデザインすると、内と外の空間に繋がりをもたせることができます。都市部などの住宅密集地においても、隣家からの視線を気にすることなく開放的なライフスタイルを実現できます。また、日中は坪庭に光が降り注ぎ、緑を楽しめる爽やかで心地いい空間に、夜はライトアップにより幻想的で魅力的な雰囲気にと、季節や時間によってさまざまな景色を楽しむことができるのも醍醐味ですね」

また、中庭のように各居室をぐるりと回遊するようにレイアウトすれば、家族の気配を感じたり、コミュニケーションが円滑になることも。

<坪庭のメリット>

・光や風を取り込み、開放的な空間を演出できる
・植栽によって自然を身近に感じられる
・プライバシーを守りながら気兼ねなく外部空間を楽しめる
・季節や時間帯によって異なる景色を楽しめる
・坪庭を囲んで居室をレイアウトすると、家族の気配を感じられる

坪庭のデメリット

一方、坪庭を設けることによって居住スペースを圧迫してしまい、建物面積が狭くなってしまうのがデメリットとして挙げられる。特に、中庭のように家の中央部にレイアウトし、上階まで抜けるような坪庭をつくる場合は注意が必要だ。

「坪庭をつくることで外壁面が多くなります。プランによって費用の幅が広いので単純に坪単価で換算するのが難しいのですが、坪庭の広さや形、室内の使用などによって、建築費用が上がる場合もあります」

また、坪庭をつくることで壁面が増えて建物内部の構成が複雑になりやすく、窓が増えることで熱損失が大きくなって断熱性能が下がることも。冷暖房効率が下がる分ランニングコストも上がる。植栽の剪定など、定期的なメンテナンスを業者に依頼する場合はその分の費用もかかる。

<坪庭のデメリット>

・建物面積が狭くなる
・外壁面積が増えて、建築コストがかかる場合も
・窓が増えると熱効率が下がり、冷暖房のランニングコストが上がる
・植栽のメンテナンスの手間とコストがかかる

坪庭をつくるときのポイント

敷地の長さを活かしたプランニングを

建蔽率(建ぺい率)に含まれない外部空間である坪庭だが、より効果的に取り入れるためには、なるべく敷地の長辺を活かすようにプランニングすると、開放感たっぷりの空間にすることができる。
「敷地の長さを活かして坪庭を配すると抜けが演出でき、空間に奥行きが生まれます」

玄関の奥に設けた坪庭
玄関の奥に坪庭を設けることで、視線の抜けが生まれ開放的に感じられる(画像提供/横山浩介建築設計事務所)

植える場所に合わせて樹種を選ぼう

坪庭は身近に自然を感じることができるが、植える場所に合わせて樹種をセレクトすることが重要。例えば、北側は陽が入りにくいため、冬青(ソヨゴ)など日影にも強い木がオススメだ。
「シンボルツリーには繊細な枝ぶりのシマトリネコなどが人気で、日当たりのいい場所に適しています。また、樹木の選定の際は枝ぶりがとても大事。同じ樹種でも枝ぶりはそれぞれ異なるので、坪庭に合った枝ぶりや樹形のものを選ぶようにしましょう」

防草シートなどでメンテナンス面への配慮を

植栽を植える際、防草シートを敷いて雑草などが生えるのを防ぐとメンテナンスしやすい。水は防草シートを透過するため、水が溜まる心配はない。土地の条件によって水捌けがあまり良くない場合は、基礎に水抜き穴を開けておくと安心だ。
「枝が伸びてきたら、樹木の大きさや高さによっては業者さんに依頼して剪定してもらいましょう。坪庭への行き来しやすさを考慮した窓やドアなどを設置すれば、メンテナンス時もラクです」

防草シートを敷いた上に土や砂利を敷いた坪庭
防草シートを敷いてから土や砂利を敷いておくと雑草が生えづらくなり、メンテナンスがしやすい(画像/PIXTA)

照明でドラマチックな空間を演出

夜間は防水加工されているアウトドアスポットライトなどでライトアップすると、落ち着いた雰囲気を楽しむことができる。
「葉の下から光を当てると、幻想的な雰囲気を演出することができます。植物が綺麗にライティングされるように照明と電源を配置しましょう」

入浴中にライトアップした庭を眺められるように設けた坪庭
バスルームからの眺め。紅葉をライトアップしてラグジュアリーな雰囲気を演出し、リラックスした時間を楽しめる(画像提供/横山浩介建築設計事務所)

【実例】坪庭のプランアイデア5選

コンパクトな玄関を明るく開放的な場所に

玄関のようなコンパクトな空間に坪庭を設けると、明るく開放的に感じられる。扉を開いた正面に坪庭の抜け感をつくるだけで、奥行きのある空間を演出できる。緑も見えるので爽やかな気分に。

坪庭で奥行き感を演出し、サイドには窓を設けて明るい印象にしつらえた玄関
コンパクトな玄関でも、清々しい気持ちで出かけることができるだけでなく、玄関は家の印象を決める大事な場所であることから、来客を気持ちよく出迎えることができる(画像提供/横山浩介建築設計事務所)

洗面室を明るく清潔感のある空間に

洗面室やバスルームなどに坪庭を設けると、プライバシーを守りながら、通風と採光を確保できる洗面室に。3階にまで届く高さの植栽を設け、各階のどこででも緑を感じられる。朝日が差し込み自然を感じられる空間で気持ちよく身支度することができる。

3階にまで届く高さの植栽を設け、各階のどこででも緑を感じられるように設けた坪庭
白を基調にした明るい空間に坪庭から見える緑が映え、清潔感あふれる空間に(画像提供/横山浩介建築設計事務所)

プライバシーを守りながら清々しく目覚められる寝室

「隣家に囲まれた敷地条件の場合、大開口の空間をつくってしまうと人の視線などが気になってしまい、結局カーテンを閉め切ってしまうということも。プライバシーの保たれた坪庭に面した居室があれば安心です。坪庭に面した寝室にすると、毎朝爽やかな緑と自然光で清々しい気持ちで目覚めることができます」

プライベート空間と外部空間との繋がりをもたせて身近に自然を感じることを可能にした坪庭
敷地は隣家に囲まれた環境にあるため、坪庭に面した寝室を設けた。自然光と緑を感じながら目覚められる(画像提供/横山浩介建築設計事務所)

廊下や階段など狭い空間を明るく開放的に

廊下や階段は暗く閉鎖的になりがちだが、坪庭を設けることで明るく抜け感のある空間にすることができる。敷地形状に合わせて建物の輪郭を造り、内側の余白を利用して坪庭を配置すると、閉じられつつも、
内部と外部が連続する、明るく広がりのある構成に。
「スケルトン階段と組み合わせることで視線が坪庭に向かって抜けるので、面積以上の開放感が生まれます」

光や風を取り込みながら空間の広がりを感じることができるよう、居室に挟まれるように設けられた坪庭
台形の敷地形状に合わせてライトコートを中心に玄関や廊下、居室を配して明るい空間に(画像提供/横山浩介建築設計事務所)

白壁に刻まれる影を楽しむ和風坪庭

「最近は、シンプルな洋風住宅が主流になっているので、坪庭も洋風が多くなっています。樹種や庭石など日本庭園の要素を組み合わせて、和モダンテイストの坪庭にすると、すっきりと落ち着いた雰囲気を楽しむこともできます」
シンプルモダンな住宅に和テイストの坪庭をしつらえると、庭石と植栽の緑が白い外壁によく映え、リビングと庭が一体となった心地のいい空間に。

シンプルな洋風テイストの家に日本庭園の要素を取り入れて、和モダンの空間にしつらえた坪庭
リビングから眺める坪庭は、白い内外壁に、刻々と移り変わる光と影による演出が繰り広げられる。時間帯によって異なる表情を見せる絵画のようだ(画像提供/横山浩介建築設計事務所)
まとめ

坪庭とは、周囲を壁や塀、垣根で囲われた2~3坪程度の小規模な庭のこと。プライバシーを確保しながら、自然を感じられる

坪庭は建蔽率(建ぺい率)に含まれない。敷地の余白部分を有効利用し、明るく開放的な空間づくりができる

坪庭を設けることによって居住スペースを圧迫してしまい、建物面積が狭くなってしまうことも

建築費用やランニングコストも上がる場合がある

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/金井さとこ
公開日 2021年06月10日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る