床の間とは?床柱とは?収納にリフォームして、スペースを活用しよう

床の間とは?床柱とは?収納にリフォームして、スペースを活用しよう

和室にある床の間、きちんと活用できていますか?
掛け軸や花、置物を飾るなどして楽しむことができる空間であるはずなのに、最近はほったらかしにされていることも少なくないようです。そもそも床の間は必要なのか、床柱とはどんな柱なのか、デッドスペース化した床の間を上手く活用できないかなど、一級建築士のYuuさんに聞いてみました。

床の間ってなんのためにあるの?

床の間は和室などに設けられる、床を一段高くしたスペース

マンションなどではあまり見かけない床の間ですが、床の間付の和室がある一戸建ては今でも少なくありません。床の間に近い席が上座とされるなど、床の間というと少し格式高い、神聖な場所というイメージがありますが、そのイメージは成り立ちにも由来します。

「床の間の『床』というのは、もともと『少し高い場所』を指す言葉です。床の間の起源には諸説あり、仏壇の形式が変化したものという説や、殿様が座る一段高い場所であった『上段』が起源という説もあります。また、床の間は茶の湯に欠かせない、季節の花や掛け軸を飾ることのできる場所であり、茶の湯文化の成熟とともに日本建築に根付いていきました。神聖なイメージは、こういった床の間の起源や成り立ちに関係しているかもしれません(Yuuさん、以下同)」

床の間にはいろいろな種類がある

一口に床の間と言っても、その様式はさまざま。各部分の名称や床の間の種類についてご紹介しましょう。

床柱、床板、床框など床の間 各部分の名称

床の間 各部分の名称
床の間における各部分(床柱、床板、床畳、床框、前板、小壁、落し掛け、廻縁)の説明イラスト
  • 床柱(とこばしら)……床の間の片方の脇に立つ化粧柱
  • 床板/床畳(とこいた/とこだたみ)……床の間に張る板/畳
  • 床框(とこがまち)……床の間の前に置く化粧横木
  • 前板(まえいた)……床の間の前の板畳
  • 小壁(こかべ)……面積の小さな壁
  • 落し掛け(おとしがけ)……小壁の下に取り付けられた細い横木
  • 廻縁(まわりぶち)……天井と壁の境目を押さえる角材

床の間の種類

  • 本床(ほんどこ)

和室の伝統的な形式に則ってつくられた、本格的な床の間の代表的な様式です。床板に床框を取り付けて、一段高くしたもので、床柱を立て、小壁の下に落し掛けを設けます。

  • 蹴込床(けこみどこ)

床框をつけず、床板の下に蹴込板と呼ばれる、階段の踏板と踏板の間に垂直に立てる板を取り付けて、一段高くしたもの。格式高い本床に比べ、簡易なつくりです。

  • 織部床(おりべどこ)

床板がなく、廻縁に20cmほどの化粧板を付け、掛け軸などを飾れるようにしたもの。簡略な床の間の様式の一つです。

  • 踏込み床(ふみこみどこ)

畳の一部分だけ素材を変えて床の間にする様式。床と高さが変わらない床の間です。

  • 置き床(おきどこ)

移動可能な床板を置くというフレキシブルな形式の床の間。 「床の間を気軽に楽しみたいという人に人気の様式です」

ここに挙げた代表的なもの以外にも、いろいろなパターンの床の間があります「格式高いイメージとは裏腹に、床の間は自分の求めるものに合わせて意外と自由な発想でつくることが可能な空間です」

デッドスペースになっているのなら、思い切って収納スペースに!?

床の間は自分にとって必要なもの?

当たり前のように和室にある床の間ですが、有効活用できずにデッドスペースになっていると感じる人も少なくないようです。今の住まいに床の間がある人も、今後住宅購入を考えている人も、床の間が自分の生活に本当に必要か、一考の余地があるかもしれません。すでに今の住まいに上手く活用できていない床の間があるのであれば、床の間の使い方を模索してみるのもいいのではないでしょうか。

「自宅で仏事をしたい人、茶の湯の世界観を楽しみたい人、自宅にお客様をお招きしておもてなしをしたい人、骨董、古美術を楽しみたい人、和風インテリアや禅の世界に興味がある人などには、床の間付の和室があると重宝すると思います。

飾り棚や掛け軸が飾られた床の間の写真
美しい床の間があると、心が豊かになるような気もします(画像/PIXTA)

ただ、そもそも床の間というのは自由に楽しんでいいもので、住まいにうるおいや癒やしを与えてくれる空間です。床の間の役割は装飾に限るわけではなく、床の間があることで、部屋が広く見える、飾り物をすると映える、部屋全体の格式が上がるなど、床の間は空間を豊かにしてくれるもの。床の間が必要かどうか、有効活用できるかなどを考える前提として、まずは自分のライフスタイルに合った和室の活用法を検討することが必要です。和室の使い方がイメージできれば、床の間をどのように使うのがいいのか、床の間が必要か、おのずと見えてくるはずです」

床の間を収納として活用する人も

床の間がデッドスペースだと感じている人の中で、最近では収納スペースとして床の間を活用する人も増えてきているようです。

「床の間がデッドスペース化しているというケースでは、やはり和室自体が有効活用されていないことが多いように思います。和室が納戸化すると、床の間が季節家電や衣装ケースの物置き場となり、なんだか無駄なスペースに感じられるものです。

床の間を収納スペースとして活用するなら、一般的に衣類の収納不足に悩んでいる人が多いので、使いやすいクローゼットにつくり替えてしまうのも良いですね。床の間をクローゼットにするのであれば、和室で着替えもそのままできるので、和室をドレッシングルームのように使うこともできます」

和室を子どものおむつ替えや着替え、お昼寝の場所として利用する人は、おむつや子ども用の衣類、昼寝布団をしまう多目的な収納に、親戚や友人を泊めるゲストルームとして利用する人は普段使わないお客様用の布団などをしまう押入れに、書斎として使う場合は本棚にするなど、和室の用途を具体的に考えておくと、床の間を収納スペースとしてどのように活用できるかイメージしやすくなります。

和室を収納スペースとして活用する場合は畳に注意
カビが発生してしまった畳の写真
床の間を収納スペースにする、ひいては和室自体を収納部屋にするという場合、注意したいのは畳。畳の上にものを置いてしまうと、畳が傷み、カビやダニの原因になるので、床の間だけでなく、和室を物置のように使いたい場合は、フローリングにするなどの対策が必要になります

床の間を収納スペースに変身させるポイント

飾りスペースを残しつつ、収納スペースにするという方法も

いざ、床の間を収納スペースとしてよみがえらせようとする場合、どのような点に気をつければ上手くいくのでしょうか。元々の床の間としての空間をどの程度活かすか。活かす程度の差によるメリットとデメリットをおさえておくことが、後悔しない改造のポイントだとYuuさんが教えてくれました。

「床の間の形にもよりますが、奥行きが85cm程度なら押入れと同サイズですので、そのまま使えるケースも多いと思います。手軽に収納スペースに改造したいという人は、ロールスクリーンやカーテンなどで目隠しをし、市販の押入れ用の収納パーツを組み合わせて、DIYで簡単に大型収納にすることは可能です。

ただし、床の間全体を覆ってしまうこの方法ですと、元々あったゆとりの空間がまったくなくなってしまうため、部屋自体が狭くなると感じることもままあります。部屋を狭く感じるという点が気になる人には、床の間のような装飾にも使えるスペースを残しつつ、収納スペースを設置するリフォームがオススメです。

■お手軽×しっかり収納したい派は、目隠しと押入れ用収納パーツでDIY。リフォーム派は下か手前にゆとり空間を設けるのも◎
床の間を収納に活用するにあたり、DIYするか業者に依頼をしてリフォームするか悩む女性のイラスト

例えば、床の間の上部に『吊り押入れ』を設置するという方法があります。空間の大部分は収納スペースとして活用できるようになる上、押入れの下にはものを飾ることもできる装飾スペースを確保でき、床の間の雰囲気を残せます。和室では目線が低くなるので、低い位置に空間の広がりがあると、部屋を狭く感じないもの。床の間の部屋を広く見せる効果は残しつつ、収納スペースも増やせる便利な方法です。

また、奥行きを活かして、床の間の奥半分程度を収納スペースにし、手前のスペースを踏込み床として残しておくという方法もあります。洋服や小物を収納するクローゼットの一般的な奥行きは大体45~60cm。床の間の奥行きが押入れ程度であれば、奥にクローゼットサイズの収納を設置しても、手前部分に奥行き30cm程度の床をつくることが可能です。それだけでも室内への圧迫感は軽減し、使い勝手の良さとゆとり空間の確保の両方がかないます」。

床の間を収納スペースにするということは、いままであったゆとりの空間をなくすということでもあります。何に使うのかをしっかりと考えて、せっかくの空間をどのように活かすかも念頭にプランを練ってみましょう。

まとめ

床の間は空間を豊かにしてくれるもの。さまざまな様式があり、自由な発想で楽しめる

活用されずにデッドスペースとして持て余している人は思い切って収納スペースにしてしまうのも手

収納スペースにする場合、用途をよく考えて、空間を上手く活かすプランを練ろう

注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
新築マンションを探す
中古一戸建てを探す
取材・文/島田美那子 イラスト/松元まり子
公開日 2019年07月03日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る