パントリー(食品庫)を活用して、キッチン収納名人になろう!

パントリー(食品庫)を活用して、キッチン収納名人になろう!

キッチン収納であると便利なパントリー。パントリーがあれば食材のストックや普段使わない調理器具や食器などをまとめて収納ができる。そこで、パントリーのサイズの目安や、プランニングのコツ、上手に収納するためのアイデアなどについて、建築家の星名さんに話を伺った。

パントリー(食品庫)とは?

パントリーの役割について

食材や食器、調理家電など、キッチンまわりで使用するアイテムは多数あり、収納場所に困るというケースも多い。そんなとき強い味方となってくれるのがパントリーだ。パントリーとは、「食品庫」のこと。キッチン横のスペースなどにまとまった収納スペースを設けることで、キッチンまわりをスッキリ片付いた状態を保つことが可能になる。
「パントリーがあれば絶対安心ということはないですが、週末まとめて食材を買ったり、家族の人数が多くてストックが多かったり、ウォーターサーバーや調理家電を隠したいという場合にはパントリーは有効です。また、水や非常食などの防災アイテムの収納場所としてパントリーを設けているケースも」(星名さん、以下同)。

<パントリーを設置した方がいいケース>
・買い物は週末にまとめてするのでストックが多い
・水や非常食など防災アイテムの置き場が欲しい
・梅酒やぬか床などの置き場が欲しい
・キッチン家電が多い
・冷蔵庫や電子レンジ、ウォーターサーバーなどを隠したい

パントリーのメリット・デメリット

パントリーをつくる際のメリットとデメリットはそれぞれどのようなものがあるのだろうか。
「まず、メリットとしては、キッチンにたっぷりと収納量が確保できるということと、それに伴いキッチンがスッキリ片付くということが挙げられます」
また、キッチンまわりで使うアイテムは非常に多いため、例えば、急な来客時にキッチンまわりに物が溢れていた場合でも、パントリーにとりあえず物を一時的に隠せるのも便利だ。

一方、デメリットとしては、パントリーに収納するものは普段あまり使わないストック品などが多いが、キッチンの動線上にパントリーのためのスペースを確保しなければならないことや、間取りプランによっては、パントリーのサイズとの兼ね合いで動線が便利なところには配置できないことも。

イラスト
(写真/PIXTA)

パントリーに必要なスペースはどのくらい?プランニングで気をつけることは?

では、パントリーをつくる際に必要なサイズや、プランニング時にはどんなことに気をつければ良いのだろうか?
「ご家庭によって持ち物の量が異なるので、必要なサイズはそれぞれ。まずは持ち物の量とサイズをしっかりと把握することが大事です」
パントリーは広ければ広いほど良いと思いがちだが、広さから入ってしまうと、スペースの確保のために動線がスムーズなレイアウトにできないこともあるので、収納する物の量からパントリーに必要なスペースを確保するようにしよう。

「持ち物の量とサイズは一つひとつ確認し、必要な収納量を決めましょう。また、電気オーブンや冷蔵庫などのキッチン家電を置く場合は、食材を持って行くときの距離感や、扉を開閉するときのスペースが確保できるか、熱いものを取り出すときに安全かどうかなども確認しながら、使用しているときの動作をイメージして配置を。家電を置く場合は、置く場所に合わせてコンセントの位置も決めておきましょう」
使いやすい家事動線とは回遊できること。ダイニングへの配膳や他の家事との動線の妨げにならないようにパントリーを設けると良い。そして、出し入れなどを考慮した棚の幅や奥行きにし、扉をつけるかどうかも検討を。

<パントリーをつくる際に気をつけるポイント>
・あらかじめ持ち物の量・サイズを確認する
・キッチン家電を置く場合は、使用時の動作を考慮する
・キッチン家電を置く場所に合わせてコンセントの位置を決める
・棚は可動式にして可変性をもたせる
・使いやすい幅と奥行きにする
・家事動線がスムーズになるところに設ける

パントリー(食品庫)活用事例

用途に合わせたプランニングを

パントリーは用途によって、サイズやレイアウトも変わってくる。プランニングの参考までに、いくつかパントリーの実例を見ていこう。

家事動線上にオープンなパントリーをつくる
キッチン横の家事動線上に設けたオープンなコンパクトタイプのパントリー
キッチン横の家事動線上に設けたオープンなコンパクトタイプのパントリー。可動式の棚が設置されているので、置く物に合わせて適宜高さを調整することが可能。ゴミ箱を置くスペースを確保することで、キッチンの動線がスムーズに(画像提供/ハンズデザイン一級建築士事務所)
家電を隠して、インテリア性の高いキッチン空間に
キッチン横の家事動線上に設けたオープンなコンパクトタイプのパントリー
間取り図
パントリーの一部に冷蔵庫を収納し、キッチンから死角になるように配置し、スッキリとしてインテリア性の高いキッチン空間を実現(画像提供/ハンズデザイン一級建築士事務所)

パントリー(食品庫)の上手な収納方法

使用頻度に合わせて収納場所を決める

パントリーを上手に活用するためには、まずは収納計画をきちんと立てることから始めよう。
「よく使う食器や食材などは出し入れしやすい腰から胸の高さに収納するようにし、それが決まったらお米や飲料類など重たい物は下に、軽い物や使用頻度が低い物は上にといったように、収納する物のアドレスを決めていきましょう」
適切な場所に物をしまうことができれば、家事効率もアップし、定期的に収納されている物の見直しもしやすくなる。

収納アイテムでスッキリしまう

せっかくパントリーを設けても、上手に収納できなければ使いたいときにサッと取り出せなかったり、収納しきれなかったりも。そこで、パントリーのスペースを有効に活用するための収納のコツを押さえよう。
「どこに何があるかがすぐわかるようにすることと、それをサッと取り出せるということが肝心。ざっくりと収納できるようにフタなしのカゴやケースに入れて、それぞれにラベリングをすると物のアドレスがわかりやすくなるのでオススメです」

適度に隠せる半透明のケースやカゴ、布製の引き出しケースなど収納アイテムの素材やカラーなどを統一すると、パントリー内がスッキリとした印象になる。内装などとテイストを合わせて収納アイテムをセレクトすると、パントリーがおしゃれな空間になる。

収納上手になれる!オススメ収納アイテム

それでは、パントリーで大活躍するオススメの収納アイテムをご紹介。収納アイテムを選ぶ際は、なるべく定番商品のものを選ぶと、買い足すときにも便利だ。使用頻度の高いものを入れる場合は、持ち手のあるものにすると出し入れがしやすい。インテリアのテイストに合わせてセレクトしよう。

重なるブリ材角型バスケット/無印良品
重なるブリ材角型バスケット/無印良品
持ち手部分が引き出しやすいブリ材のバスケット。重ねても使えるので便利(画像提供/無印良品)
●無印良品/重なるブリ材角型バスケット・大 (V)約幅35×奥37×高さ24cm 1,990円(税込)
ステンレスワイヤーバスケット/無印良品
ステンレスワイヤーバスケット/無印良品
食器や野菜など、通気性が必要なものは、錆びにくいステンレスのカゴがオススメ。持ち手を内側に入れると重ねることも可能(画像提供/無印良品)
●無印良品/18-8ステンレスワイヤーバスケット3 約幅37×奥行26×高さ12cm 2,290円(税込)
スクエア収納BOX/ダイソー
スクエア収納ケース/ダイソー
プラスチックのフタ付きのケースは、細々としたアイテムをまとめて収納しておくのに重宝する
●ダイソー/スクエア収納BOX(26×19×11.5cm ダークグレー)110円(税込)
紙製収納BOX/ダイソー
紙製収納BOX/ダイソー
A4サイズのペーパーボックス。星柄のかわいらしいデザインで、どんなインテリアにも馴染む
●ダイソー/紙製収納BOX(A4、34X24X26cm、スター)110円(税込)
カラーを揃えて、倉庫のようなパントリーに
倉庫のようなパントリー
レンガ調の壁紙で倉庫のような雰囲気にしつらえたパントリーに合わせて、ブラウンの収納ボックスとクラフトの箱を組み合わせている
白に統一してシンプルにまとめる
シンプルで清潔感のあるパントリー
白のプラスチックケースやブックスタンドを活用して、シンプルで清潔感のあるパントリーに(写真提供/______________.ma)

パントリー(食品庫)で収納名人に!

このように、適切なサイズのパントリーを上手に使いこなせば、いつでもキッチンがスッキリと片付き、気持ちよく過ごせるようになる。
「パントリーを設けたことをきっかけに片付け方のコツを掴んで、整理整頓が上手になったお施主さんもいらっしゃいます。パントリーを上手に使いこなせば、収納名人になれますよ」
キッチンの収納に悩みを抱えている人は、ぜひパントリーを検討してみよう。

注文住宅の会社を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
新築マンションを探す
中古マンションを探す
リフォーム会社を探す
売却査定する
賃貸物件を探す
取材・文/金井さとこ
公開日 2020年02月04日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る