折れ戸(折戸)とは?知っておきたいメリット・デメリットやプランニングのポイントを押さえよう

折れ戸(折戸)とは?知っておきたいメリット・デメリットやプランニングのポイントを押さえよう

室内で使われる扉のタイプには引戸や開き戸などさまざまな種類があり、それぞれ目的や設置場所に合わせて使い分けされている。今回は室内ドアやクローゼットなどに用いられる折れ戸(折戸)のメリット・デメリット、プランに取り入れる際のポイントについて、建材メーカーである大建工業に伺った。折戸の魅力を知って、家づくりに役立てよう。

折れ戸(折戸)とは、室内ドアのひとつ

室内ドアの種類

室内ドアは大きく2つに分けられ、「前後に開閉するタイプ」と「左右に開閉するタイプ」がある。

<前後に余裕があるタイプ>
・片開き
・親子
・折れ戸

室内ドアの扉の種類の説明図
(イラスト提供/大建工業)

<左右に余裕があるタイプ>
・片引
・引分
・引違の引戸・吊戸

室内ドアの扉の種類の説明図
(イラスト提供/大建工業)

取り付ける場所のスペースや使い方に合わせて、適した室内ドアを選ぶことができる。

折れ戸は「室内ドア」や「間仕切り」、「クローゼット」の扉に用いられる

折れ戸(折戸・おれど)とは、複数の連なる扉を折り畳むかたちで開けるタイプの扉のため、前後にスペースが必要だ。また、室内ドアだけでなく、間仕切戸、クローゼットなどの扉にも用いられている。

じゃばら式に開閉する折戸は、上吊式で開閉動作もスムーズで、開口部の左右いっぱいまで開くことができるため、間仕切戸で使用するとLDKなどの大空間を仕切ったり、繋げたりと限られた空間をフレキシブルかつ開放感あふれた空間を演出できる。

折戸タイプのクローゼットなどの扉は、扉が左右にフルオープンするため大きなモノの出し入れに便利だ。

賃貸(アパート)
名称 特徴 使われる場所
折戸ドア ・上吊式
・開閉時のスペースがコンパクト
・室内ドア全般
間仕切戸(折戸タイプ) ・開口部の左右に大きく扉を開くことができ、開放感が生まれる ・リビング等大空間の仕切り
クローク折戸 ・扉を開ければ収納全体を見渡すことができる
・床面のレールの有無を選択できる
・クローゼット扉

折れ戸(折戸)のメリットは?

折れ戸の最大のメリットは、扉を開けた際の飛び出しやデッドスペースが少ないため、狭いスペースでも開口を大きく活用することができるという点だ。室内ドア、間仕切戸、クロークそれぞれのタイプのメリットがあるので覚えておこう。

折戸ドアのメリット

折戸ドアは、開閉時のスペースは従来の片開きドアに比べて1/3以下と省スペースになる。通路のスペースが狭い場合など、扉が邪魔にならない。また、上吊式のため、床面にレールがなく、レールの溝にゴミや埃が溜まらないので掃除もラクに。少ない動きで扉を開けることができるため、車いすでの移動もスムーズに行える。

・開閉時のスペースは従来の片開きドアの1/3以下
・上吊式のため、床面にレールがなく日々のお掃除も簡単。車いすの移動もスムーズに行える

折戸ドアのイメージと開閉時スペースの説明図
開閉時のスペースがコンパクトになるため、通路幅が狭くても空間を広々と利用できる(画像提供/大建工業)

間仕切戸のメリット

間仕切戸は、開口部の左右を大きく開くことができるので、開放的な空間を演出することができる。壁パネルとして使用する場合には、扉を閉めた状態で仮固定も可能だ。

・開口部の左右に大きく扉を開くことができ、開放的なリビングに
・壁パネルとして使用する場合には、扉を閉めた状態で仮固定することができる

間仕切り戸を開いた状態と閉じた状態
開口部を左右いっぱいまで開くことができるため、開放感たっぷりの空間を演出可能に。扉を開けた際の飛び出しが少ないのでスッキリ(画像提供/大建工業)

クローク折戸のメリット

クローク折戸は、扉を開けた際に、引戸タイプのクロークに比べて約1.3倍の有効開口を確保できる。また、床面のレール無しの場合は、開口部の床面にレールや枠などの突起部分がないため、掃除しやすくなり、突起部分へのつまずき防止にも。

・扉を折る機構のため、扉を開けた際に、引戸タイプのクローク製品に対して約1.3倍の有効開口を確保できる
・床面のレール無しの場合は、開口部の床面に突起部分がなく掃除しやすく。突起部分へのつまずき防止にも

クローク折戸を開けた状態
扉を開ければ、収納全体を見渡すことができるので使いやすい(画像提供/大建工業)
折れ戸(折戸)のデメリットは?

折戸ドアは通常の開き戸と比較してコストが高くなることや、間仕切戸の場合は埋込下レールが必須になるため、床面にレールの溝ができてしまう。クローク折戸は、引戸タイプに比べると、扉を開いた(折った)際の扉の飛び出しがあるため、スペースを確保しておく必要がある。また、床面のレールがない場合は、扉が折れ曲がる位置と重なる内部の収納物の出し入れがしづらい。

・折戸ドアはコストが高くなる
・間仕切り戸(折戸タイプ)の場合は埋込下レールが必須になるため、床面にレールの溝ができてしまう
・クローク(引戸タイプ)に比べて、扉を開いた(折った)際の扉の飛び出しのスペースを確保する必要がある
・床面のレール無しのクローク折戸は、扉が折れ曲がる位置と重なる内部の収納物の出し入れがしづらい

折れ戸(折戸)の価格について

タイプによってはコストメリットも

価格についても室内ドア、間仕切戸、クロークそれぞれのタイプで見ていこう。

・折戸ドア
折戸ドアは機能的なドアであるため、汎用品の片開きドアと比較すると約1.5~2倍の価格帯に。

・間仕切戸(折戸タイプ)
6尺間口の吊戸タイプと比較すると低コストで、折戸タイプに対して吊戸タイプは約1.3倍の価格になる。

・クローク折戸
一般的な収納用折戸であるため、扉デザインにもよるが、引戸タイプに比べて安い。例えば、4.5尺間口折戸に対して、引戸タイプは約1.3倍の価格になる。

プランに取り入れる際のポイント

扉の飛び出し寸法分のスペースの確保を

開閉時のスペースは従来の開閉タイプの扉の1/3以下になる折れ戸だが、どのタイプでも扉を開いた際に折れた部分が飛び出してしまうため、飛び出し寸法分のスペースを確保しておこう。

開いた状態でも人が通れるくらいの幅を確保しておくと安心だ。

玄関で折戸を使用したイメージ
玄関など狭い空間にも折れ戸は有効なアイデア。飛び出し寸法が邪魔にならないようにレイアウトしよう(画像提供/大建工業)

クローク折戸は内部に設置する収納の位置やレイアウトに注意

クローク折戸の内部に収納棚や収納ボックスを入れる場合は、扉が開いた状態でも出し入れできるよう、間口幅に合わせて内部に設置する収納の位置をレイアウトしよう。

クローク折戸を開いて中のものが見える状態
引き出し収納などが引っかからないよう、引き出す必要のあるものは有効開口部分に収めよう(画像提供/大建工業)

クローク折戸は用途に合わせて床面のレール有無を選択

クローク折戸の場合は、床面のレールの有無を用途に合わせて検討しよう。レール有りの場合は、必要に応じて扉をレール上で左右にスライドさせることができ、通常扉が折れ曲がる位置と重なっている内部の収納物を取り出す際に活用できるため、デッドスペースがなくなり、他の開閉方法同様に使用することができる。

レール無しの場合は、先述したように開口部の床面に突起部分がなく掃除しやすくなり、突起部分へのつまずき防止にも。どのように使いたいかを考えながらレールの有無を検討しよう。

レール有りの折戸をスライドした場合のイメージ
(画像提供/大建工業)

レール有りの場合は、扉の位置を左右にスライドすることができるため、どこからでも物を取り出すことが可能に。

折戸ドアは動線を考慮してスペースの確保を

車いすを使用するなどバリアフリー住宅にする場合、室内ドアを通常の開き戸より広い枠外幅になっている折れ戸にするのがオススメだ。
開閉する際、折れ部の隙間が小さく、指はさみしにくい安全設計になっているものを選ぶと◎。動線を考慮してスペースを確保しよう。

また、開閉形態が通常のドアと異なるため、使用する際には片開きのように引っ張ったりせずに、無理な力をかけないよう開閉しよう。

まとめ

折れ戸(折戸)とは、複数の連なる扉を折り畳むかたちで開けるタイプの扉のことで、室内ドアや間仕切り、クローゼットなどの収納扉に用いられている

折れ戸は扉を開けた際の飛び出しやデッドスペースが少なく、狭いスペースでも開口を大きく活用することができる点が最大のメリット

扉を開いた(折った)際の扉の飛び出しがあるため、スペースを確保しておく必要がある

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/金井さとこ
公開日 2021年04月05日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る